micro:bitではじめるプログラミング 第2版
――親子で学べるプログラミングとエレクトロニクス

[cover photo]
  • 2019年06月 発行
  • 192ページ
  • ISBN978-4-87311-876-5
  • フォーマット 本 PDF

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価2,160円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格1,728円

micro:bitは、イギリス生まれのSTEM教育用マイコンボードです。英国放送協会(BBC)が主体となって開発したこのボードには、ボタンスイッチ、LED、加速度センサー、光センサー、地磁気センサー、温度センサー、無線機能などが搭載されており、これ1つでさまざまな動きを表現できます。また、ブラウザ上でブロックを組み合わせるだけでプログラムを作れるため、子どもでもかんたんにプログラミングを習得することができます。本書では、はじめてマイコンボードに触れる小学校高学年以上を対象に、ハードウェアの基本からプログラミングのしかた、さまざまな作品の作り方までをていねいに解説。親子で学ぶプログラミングとエレクトロニクスの入門書にぴったりの一冊です。

関連書籍

Arduinoをはじめよう 第3版
MESHをはじめよう
Raspberry Piをはじめよう 第3版
エレクトロニクスをはじめよう

はじめに
本書について

1章 micro:bitの基本を知ろう
    1-1 micro:bitってなんだろう?
    1-2 micro:bitの各部の説明
    1-3 micro:bitを使う準備をしよう
    1-4 micro:bitでプログラミング

2章 micro:bitの機能を知ろう
    2-1 [使う機能]ボタンスイッチ スイッチオンで文字表示
    2-2 [使う機能]端子(タッチセンサー) ラブメーターを作る
    2-3 [使う機能]加速度センサー じゃんけんゲームを作る
    2-4 [使う機能]地磁気センサー コンパスを作る
    2-5 [使う機能]無線通信機能 micro:bitどうしで通信する
    2-6 [使う機能]温度センサー 温度計を作る
    2-7 [使う機能]光センサー 照度計を作る

3章 micro:bitで作品を作ろう
    3-1 電子サイコロを作る
    3-2 [使うモジュール]バングルモジュール バースデーカードを作る
    3-3 [使うモジュール]バングルモジュール エレキギターを作る

4章 作品を通信でつなごう
    4-1 micro:bitで街をつくろう
    4-2 [使うモジュール]信号機モジュール 交通信号機を作る
    4-3 [使うモジュール]ベーシックモジュール 踏切を作る
    4-4 [使うモジュール]ベーシックモジュール プログラムカーを作る
    4-5 信号機に合わせてプログラムカーを動かす

5章 micro:bitで学ぼう
    5-1 STEM教育に最適なmicro:bit
    5-2 STEM教育の実践例
        [課題1]家庭で電気をむだに使わないようにするには
        [課題2]自分にしか開けられない「魔法の箱」がほしい
        [課題3]トイレの使用状況を別の場所からわかるようにしたい
    5-3 [まとめ]STEM教育的志向とは?

付録 ブロックリファレンス
    基本ブロック/入力ブロック/音楽ブロック/LEDブロック/無線ブロック
    ループブロック/論理ブロック/変数ブロック/計算ブロック/高度なブロック

コラム 
    プログラミングソフト使いこなしテクニック
        一度作業を保存して、あとで再開するには
        プロジェクトを削除するには
        いらないブロックを消すには…ドラッグ&ドロップで削除
        プログラミングがまちがっていると…ブロックはつながらない
        ブロックが見つからないときは…「その他」の中にかくれていることも
        LEDは座標でも指定できる
        サーボモーターで遮断棒を上下させる
        ブロックの拡張機能を使う
    もっと知りたい!
        スマートフォンやタブレットでプログラムを作るには
        micro:bitを終了するときは
        micro:bitを単独で動かすには
        作品作りに大活躍! 便利なモジュールを活用しよう
        micro:bitとモジュールの接続のしかた
        回転サーボモーターの調整について
        信号機に合わせて踏切の動作を変えるには
        必要なものの入手先、便利なウェブサイト
    ちょっとサイエンス
        手をつなぐと何が起きるの?
        「乱数」とは?
        LEDは光っているのにどうして光センサーになるの?
        サーボモーターってなんだろう?
        サーボモーターと回転サーボモーターのちがい

ここで紹介する正誤表には、書籍発行後に気づいた誤植や更新された情報を掲載しています。以下のリストに記載の年月は、正誤表を作成し、増刷書籍を印刷した月です。お手持ちの書籍では、すでに修正が施されている場合がありますので、書籍最終ページの奥付でお手持ちの書籍の刷版、刷り年月日をご確認の上、ご利用ください。


※2019年6月更新

■P.142 8行目
【誤】結果→明るさを光センサーで測って、決めた基準を超えたら明かりがつき、基準以下なら消えるようにする
【正】結果→明るさを光センサーで測って、決めた基準を超えたら明かりが消え、基準以下ならつくようにする

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]