New Release

Javaによる関数型プログラミング

Java 8ラムダ式とStream

[cover photo]
  • Venkat Subramaniam 著
  • 株式会社プログラミングシステム社 訳
  • 2014年10月24日発売
  • 236ページ
  • 定価2,808円(税込)
  • ISBN978-4-87311-704-1
[書籍紹介]

Java 8で追加された新機能のうちラムダ式とStream APIに焦点を絞り、これらを使った関数型プログラミングについて解説します。 本書では、従来の手法と対比させつつ、APIの使用方法や設計手法を詳解し、基礎を固めます。遅延評価や再帰、そして並列化についてもサンプルコードを使って詳しく解説します。日本語版には櫻庭祐一氏による「日本語版まえがき」を収録。

アンダースタンディング コンピュテーション

単純な機械から不可能なプログラムまで

[cover photo]
  • Tom Stuart 著
  • 笹田 耕一 監訳
  • 笹井 崇司 訳
  • 2014年9月18日発売
  • 336ページ
  • 定価3,456円(税込)
  • ISBN978-4-87311-697-6
[書籍紹介]

計算理論をRubyでわかりやすく紹介する書籍。コンピュータサイエンスの主要なテーマである「計算とは何か」という問いに対し、難しい数学の知識を利用をせず、Rubyを使って実際にプログラムを作りながら解説。なぜこれらのアイデアが大切なのか、そしてそのアイデアは我々の日常的なプログラミングにどう関係していくのかを解き明かします。日本語版ではまつもとゆきひろさんによる「日本語版まえがき」を収録。

実践 Selenium WebDriver

[cover photo]
  • Satya Avasarala 著
  • Sky株式会社 玉川 竜司 訳
  • 2014年9月18日発売
  • 264ページ
  • 定価3,240円(税込)
  • ISBN978-4-87311-695-2
[書籍紹介]

Seleniumの導入と構成の仕方、テストの書き方について、包括的に解説する書籍。IE、Firefox、Chrome、Safariなどのブラウザに対応するWebDriverの機能から、iOSとAndroidアプリケーションのテスト、さらにUIテストツールのPageObjectパターンまで、サンプルコードを使って具体的に説明。日本語版では玉川紘子氏による「CI(継続的インテグレーション)ツールの活用」を付録として追加。

Python文法詳解

[cover photo]
  • 石本 敦夫 著
  • 2014年9月18日発売
  • 332ページ
  • 定価3,456円(税込)
  • ISBN978-4-87311-688-4
[書籍紹介]

プログラミング言語としてのPythonの文法や、組み込みのオブジェクトに焦点を絞って解説する書籍。Python Enhancement Proposals(PEP) 3138の執筆者でもある日本人著者が、入門書やチュートリアルではあまり触れられない、Pythonの内部や仕組みに関するトピックを盛り込んだ内容を解説。最新のPythonを深く理解し、使いこなすために必要な基礎を知る1冊。

モダンWeb

新しいWebプラットフォームの基盤技術

[cover photo]
  • Peter Gasston 著
  • 牧野 聡 訳
  • 2014年9月10日発売
  • 284ページ
  • 定価3,240円(税込)
  • ISBN978-4-87311-692-1
[書籍紹介]

誕生から四半世紀を経てその姿を大きく変えたWebの最新技術動向を鋭く切り取り、わかりやすく解説したのが本書です。近年脚光を浴びているレスポンシブWebのためのCSSをはじめ、位置情報やバッテリーの状態を取得するためのAPI、プラグインに頼らないマルチメディア再生などを紹介。さらに、近い将来に普及するであろう注目のWebコンポーネント技術についてもいち早く解説。

Think Bayes

プログラマのためのベイズ統計入門

[cover photo]
  • Allen B. Downey 著
  • 黒川 利明 訳
  • 2014年9月6日発売
  • 236ページ
  • 定価2,592円(税込)
  • ISBN978-4-87311-694-5
[書籍紹介]

『Think Stats』の著者によるベイズ統計・ベイズ推論の解説書。ベイズ統計は、不確実な問題を扱い、条件を付けた予測が必要なときに威力を発揮する統計手法の1つ。メールのフィルタやカーナビで使われていることは有名です。数学的な観点での記述は最小限にとどめ、実例を多く使って実用的観点からベイズ手法を解説します。Pythonで書かれたサンプルコードを使って実際に手を動かしながら、またプログラミングを知らない人でもベイズ統計を学ぶことができます。

Raspberry Piクックブック

[cover photo]
  • Simon Monk 著
  • 水原 文 訳
  • 2014年8月23日発売
  • 384ページ
  • 定価3,672円(税込)
  • ISBN978-4-87311-690-7
[書籍紹介]

多くのユーザーの支持を集めている教育用低価格コンピュータ「Raspberry Pi」を使いこなすためのレシピ集。ハードウェアの基本、オペレーティングシステムの使い方、ネットワーク接続、Pythonプログラミングの基本から、実際の作品製作に必要になる、高度なPythonプログラミング、GPIO(汎用入出力)、モーター、センサー、ディスプレイなどの使い方まで解説します。216本の「レシピ」に、すぐに使えるサンプルコードや回路図を豊富に掲載し、さらにArduinoとの連携に関しても解説。日本語版編集中に発売が開始されたModel B+に関しては「はじめに」に概要を追加。

おもしろいゲームシナリオの作り方

41の人気ゲームに学ぶ企画構成テクニック

[cover photo]
  • Josiah Lebowitz, Chris Klug 著
  • 塩川 洋介 監訳
  • 佐藤 理絵子 訳
  • 2014年8月26日発売
  • 424ページ
  • 定価3,888円(税込)
  • ISBN978-4-87311-682-2
[書籍紹介]

歴代の人気ゲーム41作品の事例を通して、ゲームシナリオの企画構成テクニックを学べる実用書。ゲームには、どのようなストーリーが最適か? ストーリーに分岐を入れるべきか? どのようなエンディングにするか? そもそもエンディングは必要か? といった、ストーリー作りの疑問に答えます。魅力的なキャラクターの作り方、感情移入のさせ方、制作コストの注意点など、「ゲームをおもしろくするシナリオ作り」の秘訣を徹底解説。巻末付録には、北米ゲーマーの本音がわかるアンケート調査データを収録。

Bookfair

O'Reilly Japanのセレクションフェア、全国書店さんで開催

[ブックフェアのページへ]

Ebook Store Sales Ranking

200タイトル以上のEbookをDRM Freeで販売中
(集計期間:09/08~09/14)

[Ebook Storeへ]

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]