UX戦略
――ユーザー体験から考えるプロダクト作り

[cover photo]
  • 2016年05月 発行
  • 388ページ
  • ISBN978-4-87311-754-6
  • フォーマット Print PDF ePub mobi
  • 原書: UX Strategy

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価3,240円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格2,592円

本書は企業戦略としてユーザー体験の価値向上を取り入れ、プロダクトを成功へと導く「UX戦略」についての解説書です。UX戦略の考え方にもとづき潜在的顧客、競合他社製品、バリュープロポジション(提供価値の創造)といった要素の分析や評価を行い、革新的ユーザー体験を持つプロダクトを作り出す手法について、著者の豊富な経験から実例を使って解説します。成功するプロダクトを作るための具体的な手法の解説や、4名のUX戦略家たちの至高のメッセージが盛り込まれた一冊です。

UXを企業戦略に生かす手法が詰まった重要な1冊である。

――株式会社グッドパッチ 代表取締役兼CEO 土屋尚史(「日本語版まえがき」より)

関連書籍

Lean Analytics
Lean UX 第2版
ゲームストーミング
続・インタフェースデザインの心理学
デザイニング・マルチデバイス・エクスペリエンス
デザインの伝え方
パフォーマンス向上のためのデザイン設計
マイクロインタラクション

目次
日本語版まえがき
序文
はじめに

1章 UX戦略とは何か
    1.1 UX戦略についての誤解
        1.1.1 誤解1:UX戦略とは「北極星」を見つけることだ
        1.1.2 誤解2:UX戦略はUXをデザインするための「戦略的な方法」だ
        1.1.3 誤解3:UX戦略はただの製品戦略だ
        1.1.4 誤解4:UX戦略はブランド戦略と密接につながっている
    1.2 それではUX戦略とは一体何なのか
    1.3 UX戦略が重要なのはなぜか

2章 UX戦略の4つの基本要素
    2.1 UX戦略のフレームワークをどのようにして発見したか
             ここで学んだこと
    2.2 基本要素1:ビジネス戦略
    2.3 基本要素2:価値の革新
    2.4 基本要素3:検証のためのユーザー調査
    2.5 基本要素4:革新的UXデザイン
             UX戦略ではないものトップ10
    2.6 まとめ

3章 バリュープロポジションの検証
    3.1 大作映画級のバリュープロポジション
             ここで学んだこと
    3.2 バリュープロポジションとは何か
        3.2.1 空想の世界の中にいるのが嫌なら
    3.3 まとめ

4章 競合調査
    4.1 教訓を手痛い形で学ぶ
             ここで学んだこと
    4.2 競合分析表の使い方
    4.3 競合の意味を理解する
        4.3.1 競合のタイプ
        4.3.2 競合を見つけて競合一覧を書くための方法
             すぐに使えるヒント
        4.3.3 表へのデータ記入
             なぜそこまで隠密に行動するのか?
             UXに対象を絞り込んだ市場調査
    4.4 まとめ

5章 競合分析
    5.1 大作映画級のバリュープロポジション:第2部
             ここで学んだこと
    5.2 分析とは何か
        5.2.1 競合分析と市場機会のための4つのステップ
             プレゼンテーションと持ち帰り資料
    5.3 まとめ

6章 バリューイノベーションのストーリーボードへの展開
    6.1 実際にはタイミングがすべて
             ここで学んだこと
    6.2 バリューイノベーションを発見するためのテクニック
        6.2.1 キーとなる体験の見極め
        6.2.2UX インフルエンサーの利用
        6.2.3 機能比較
             個人における破壊的イノベーション
        6.2.4 バリューイノベーションのストーリーボードへの展開
    6.3 ビジネスモデルとバリューイノベーション(価値創造)
    6.4 まとめ

7章 実験用プロトタイプの作成
    7.1 全力を尽くすこと
             ここで学んだこと
    7.2 私が実験中毒になったいきさつ
             オズの魔法使いになる(Wizard of OZing It)
    7.3 プロトタイプを使ったPMF(プロダクト/マーケットフィット)の検証
        7.3.13 ステップでデザインするソリューションプロトタイプ
             インタラクティブなプロトタイプのための優れたツール(プロトタイプを作る場合におすすめ)
        7.3.2 ソリューションプロトタイプの現実性のチェック:ユーザー体験とビジネスモデルはなぜ密接に連携していなければならないのか
    7.4 まとめ

8章 ゲリラユーザー調査の実施
    8.1 ゲリラユーザー調査:シルバーレイクカフェ作戦
             ここで学んだこと
    8.2 ユーザー調査とゲリラユーザー調査
             ゲリラ戦:ファナ・ガラン
        8.2.1 ゲリラユーザー調査の主要 3段階
        8.2.2 計画段階(1週間から2週間)
             録音装置を使わない理由
        8.2.3 インタビュー当日(1日間)
        8.2.4 分析作業(2時間から4時間)
    8.3 まとめ

9章 顧客獲得のためのデザイン
    9.1 グロースハッカーを育てる
             ここで学んだこと
    9.2  ファネルマトリックスツールの使い方
        9.2.1 なぜ表を使いマップではないのか
        9.2.2 ファネルマトリックスを使いこなす
        9.2.3 縦軸
        9.2.4 横軸
             UXのための解析ツール
    9.3 ランディングページを使った潜在的顧客の段階の実験
        9.3.1 事例1:バリュープロポジションの修正が必要なとき
        9.3.2 事例2:リード獲得のためのバリュープロポジションが必要なとき
        9.3.3 ランディングページ実験のやり方
    9.4 まとめ

10章 UX戦略家たち
    10.1 ホリー・ノース(Holly North)
    10.2 ピーター・マーホールズ(Peter Merholz)
    10.3 ミラーナ・ソボリ(Milana Sobol)
    10.4 ジェフ・カッツ(Geoff Katz)

11章 結び目をほどく
            学ぶべきこと

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]