プログラミングTypeScript
――スケールするJavaScriptアプリケーション開発

[cover photo]
  • 2020年03月 発行
  • 376ページ
  • ISBN978-4-87311-904-5
  • 原書: Programming TypeScript
  • フォーマット 本 PDF EPUB

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価3,740円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格2,992円

プログラミング言語TypeScriptの解説書。TypeScriptの型に関する基礎的な内容からその応用、エラー処理の手法、非同期プログラミング、各種フレームワークの利用法、既存のJavaScriptプロジェクトのTypeScript移行の方法まで、言語全般を総合的に解説します。本書全体を通じて、TypeScriptの洗練された型システムを最大限活用するために、コードをどのように記述すべきか、なぜそうすべきかを学べます。

関連書籍

JavaScript 第6版
Node.jsデザインパターン 第2版
Reactビギナーズガイド
アイソモーフィックJavaScript
入門 React
初めてのGraphQL
初めてのJavaScript 第3版
マイクロサービスアーキテクチャ

賞賛の声
監訳者まえがき
まえがき

1章 イントロダクション

2章 TypeScript:全体像
    2.1 コンパイラー
    2.2 型システム
        2.2.1 TypeScript対JavaScript
    2.3 コードエディターのセットアップ
        2.3.1 tsconfig.json
        2.3.2 tslint.json
    2.4 index.ts
    2.5 練習問題

3章 型について
    3.1 型についての議論
    3.2 型の初歩
        3.2.1 any
        3.2.2 unknown
        3.2.3 boolean
        3.2.4 number
        3.2.5 bigint
        3.2.6 string
        3.2.7 symbol
        3.2.8 オブジェクト
        3.2.9 型エイリアス、合併、交差
        3.2.10 配列
        3.2.11 タプル
        3.2.12 null、undefined、void、never
        3.2.13 列挙型
    3.3 まとめ
    3.4 練習問題

4章 関数
    4.1 関数の宣言と呼び出し
        4.1.1 オプションパラメーターとデフォルトパラメーター
        4.1.2 レストパラメーター
        4.1.3 call、apply、bind
        4.1.4 thisの型付け
        4.1.5 ジェネレーター
        4.1.6 イテレーター
        4.1.7 呼び出しシグネチャ
        4.1.8 文脈的型付け
        4.1.9 オーバーロードされた関数の型
    4.2 ポリモーフィズム
        4.2.1 ジェネリックはいつバインドされるか?
        4.2.2 ジェネリックはどこで宣言できるか?
        4.2.3 ジェネリックの型推論
        4.2.4 ジェネリック型エイリアス
        4.2.5 制限付きポリモーフィズム
        4.2.6 ジェネリック型のデフォルトの型
    4.3 型駆動開発
    4.4 まとめ
    4.5 練習問題

5章 クラスとインターフェース
    5.1 クラスと継承
    5.2 super
    5.3 戻り値の型としてthisを使用する
    5.4 インターフェース
        5.4.1 宣言のマージ
        5.4.2 実装
        5.4.3 「インターフェースの実装」対「抽象クラスの拡張」
    5.5 クラスは構造的に型付けされる
    5.6 クラスは値と型の両方を宣言する
    5.7 ポリモーフィズム
    5.8 ミックスイン
    5.9 デコレーター
    5.10 finalクラスをシミュレートする
    5.11 デザインパターン
        5.11.1 ファクトリーパターン
        5.11.2 ビルダーパターン
    5.12 まとめ
    5.13 練習問題

6章 高度な型
    6.1 型の間の関係
        6.1.1 サブタイプとスーパータイプ
        6.1.2 変性
        6.1.3 割り当て可能性
        6.1.4 型の拡大
        6.1.5 型の絞り込み
    6.2 完全性
    6.3 高度なオブジェクト型
        6.3.1 オブジェクト型についての型演算子
        6.3.2 レコード型
        6.3.3 マップ型
        6.3.4 コンパニオンオブジェクトパターン
    6.4 関数にまつわる高度な型
        6.4.1 タプルについての型推論の改善
        6.4.2 ユーザー定義型ガード
    6.5 条件型
        6.5.1 分配条件型
        6.5.2 inferキーワード
        6.5.3 組み込みの条件型
    6.6 エスケープハッチ
        6.6.1 型アサーション
        6.6.2 非nullアサーション
        6.6.3 明確な割り当てアサーション
    6.7 名前的型をシミュレートする
    6.8 プロトタイプを安全に拡張する
    6.9 まとめ
    6.10 練習問題

7章 エラー処理
    7.1 nullを返す
    7.2 例外をスローする
    7.3 例外を返す
    7.4 Option型
    7.5 まとめ
    7.6 練習問題

8章 非同期プログラミングと並行、並列処理
    8.1 JavaScriptのイベントループ
    8.2 コールバックの処理
    8.3 プロミスを使って健全さを取り戻す
    8.4 asyncとawait
    8.5 非同期ストリーム
        8.5.1 イベントエミッター
    8.6 型安全なマルチスレッディング
        8.6.1 Web Worker(ブラウザー)
        8.6.2 子プロセス(Node.js)
    8.7 まとめ
    8.8 練習問題

9章 フロントエンドとバックエンドのフレームワーク
    9.1 フロントエンドのフレームワーク
        9.1.1 React
        9.1.2 Angular 6/7
    9.2 型安全なAPI
    9.3 バックエンドのフレームワーク
    9.4 まとめ

10章 名前空間とモジュール
    10.1 JavaScriptモジュールの簡単な歴史
    10.2 インポート、エクスポート
        10.2.1 動的インポート
        10.2.2 CommonJSおよびAMDコードの使用
        10.2.3 モジュールモードとスクリプトモード
    10.3 名前空間
        10.3.1 競合
        10.3.2 コンパイルされた出力結果
    10.4 宣言のマージ
    10.5 まとめ
    10.6 練習問題

11章 JavaScriptとの相互運用
    11.1 型宣言
        11.1.1 アンビエント変数宣言
        11.1.2 アンビエント型宣言
        11.1.3 アンビエントモジュール宣言
    11.2 JavaScriptからTypeScriptへの漸進的な移行
        11.2.1 ステップ1:TSCを追加する
        11.2.2 ステップ2a:JavaScriptの型チェックを有効にする(オプション)
        11.2.3 ステップ2b:JSDocアノテーションを追加する(オプション)
        11.2.4 ステップ3:ファイルを.tsにリネームする
        11.2.5 ステップ4:厳格にする
    11.3 JavaScriptの型の探索
        11.3.1 JavaScriptファイルが同一プロジェクト内に存在する場合
        11.3.2 サードパーティーのJavaScriptモジュールを利用する場合
    11.4 サードパーティーJavaScriptの使用
        11.4.1 型宣言を備えているJavaScript
        11.4.2 DefinitelyTypedに型宣言を持つJavaScript
        11.4.3 DefinitelyTypedに型宣言を持たないJavaScript
    11.5 まとめ

12章 TypeScriptのビルドと実行
    12.1 TypeScriptプロジェクトのビルド
        12.1.1 プロジェクトのレイアウト
        12.1.2 成果物
        12.1.3 コンパイルターゲットの指定
        12.1.4 ソースマップを有効にする
        12.1.5 プロジェクト参照
        12.1.6 エラーの監視
    12.2 TypeScriptをサーバー上で実行する
    12.3 TypeScriptをブラウザー内で実行する
    12.4 TypeScriptコードをnpmに公開する
    12.5 トリプルスラッシュ・ディレクティブ
        12.5.1 typesディレクティブ
        12.5.2 amd-moduleディレクティブ
    12.6 まとめ

13章 終わりに

付録A 型演算子

付録B 型ユーティリティ

付録C 宣言の振る舞い
    C.1 それは型を生成するか?
    C.2 それはマージされるか?

付録D サードパーティーJavaScriptモジュールのための宣言ファイルの書き方
    D.1 エクスポートの種類
        D.1.1 グローバルエクスポート
        D.1.2 ES2015エクスポート
        D.1.3 CommonJSエクスポート
        D.1.4 UMDエクスポート
    D.2 モジュールの拡張
        D.2.1 グローバルな名前空間とインターフェース
        D.2.2 モジュール

付録E トリプルスラッシュ・ディレクティブ
    E.1 内部ディレクティブ
    E.2 推奨されないディレクティブ

付録F 安全性に関するTSCコンパイラーフラグ

付録G TSX

付録H ESLintとAST
    H.1 TypeScriptプロジェクトでのESLintの利用
        H.1.1 パッケージのインストール
        H.1.2 ESLintの新規導入
        H.1.3 TSLintからの移行
        H.1.4 リントの実行
    H.2 TypeScript向け独自ルールの実装
        H.2.1 実装するルールの仕様
        H.2.2 ESLintとAST
        H.2.3 ルールの実装
        H.2.4 ルールの実行
        H.2.5 自動修正の実装
        H.2.6 自動修正の適用
    H.3 そのほかの場面でのASTの用途
        H.3.1 Language Serviceのプラグイン
        H.3.2 Custom Transformer
    H.4 まとめ

練習問題の解答
    3章 型について
    4章 関数
    5章 クラスとインターフェース
    6章 高度な型
    7章 エラー処理
    8章 非同期プログラミングと並行、並列処理
    10章 名前空間とモジュール

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]