C/C++による組み込みシステムプログラミング

[cover photo]
この商品は品切れ再入荷未定です

組み込みソフトウェアは、今日のほとんどすべての電気的な装置に含まれています。時計、電子レンジ、携帯電話など例を挙げればきりがありません。それぞれの組み込みシステムは特化されているため開発には熟練度が要求されていました。しかし、もしあなたがCやC++に慣れていたら、組み込みソフトウェアをどのようにしてプログラミングするのかを学ぶ準備ができているといえます。本書は組み込みシステムソフトウェアの開発に挑む人たちにとって良き助けとなる1冊です。

訳者まえがき
はじめに
        本書を書いた理由
        対象となる読者
        本書の内容
        本書の表記法
        オンラインによるサンプルの入手
        意見と質問
        個人的なコメントと謝辞
1章 序論
        1.1 組み込みシステムとは何か
                1.1.1 歴史と将来
                1.1.2 リアルタイムシステム
        1.2 さまざまなテーマ
                1.2.1 デジタル時計
                1.2.2 テレビゲーム
                1.2.3 火星探査
        1.3 C:数少ない共通の項目
                1.3.1 その他の組み込み言語
                1.3.2 本書で取り上げた言語
        1.4 ハードウェアについて少しだけ
2章 はじめての組み込みプログラム
        2.1 Hello, World!
        2.2 点滅するライト     
                2.2.1 toggleLed
                2.2.2 delay
        2.3 無限ループの役割
3章 コンパイル、リンク、ロケート
        3.1 構築の手順
        3.2 コンパイル
        3.3 リンク
        3.4 ロケート
        3.5 点滅するライトの構築
4章 ダウンロードとデバッグ
        4.1 ROMについて
        4.2 リモートデバッガ
        4.3 エミュレータ
                4.3.1 ROMエミュレータ
        4.4 シミュレータとその他のツール
5章 ハードウェアについて調べる
        5.1 大きな図の理解
        5.2 見通しを立てる
                5.2.1 メモリマップ
                5.2.2 I/Oマップ
        5.3 交信方法について
                5.3.1 割り込みマップ
        5.4 プロセッサについて調べる
                5.4.1 一般的なプロセッサ
                5.4.2 Intel 80188EBプロセッサ
        5.5 外部ペリフェラルについて調べる
        5.6 ハードウェアの初期化
6章 メモリ
        6.1 メモリの種類
                6.1.1 RAMの種類
                6.1.2 ROMの種類
                6.1.3 ハイブリッドタイプ
        6.2 メモリのテスト
                6.2.1 一般的なメモリ障害
                6.2.2 テストの方針を立てる
        6.3 メモリの内容の確認
                6.3.1 チェックサム
                6.3.2 巡回冗長符号
        6.4 フラッシュメモリを使う
                6.4.1 フラッシュドライバ
7章 ペリフェラル
        7.1 制御レジスタと状態レジスタ
        7.2 デバイスドライバの考え方
        7.3 単純なタイマドライバ
        7.4 点滅するライト、再び
8章 オペレーティングシステム
        8.1 歴史と目的
        8.2 組み込みオペレーティングシステムADEOS
                8.2.1 タスク
                8.2.2 スケジューラ
                8.2.3 コンテキストスイッチ
                8.2.4 タスクの同期処理
        8.3 リアルタイムの特性
        8.4 選択のための手順
9章 すべてを統合
        9.1 アプリケーションの全体像
        9.2 LEDを発光させる
        9.3 “Hello, World!”の印字
        9.4 シリアルポートを使う
        9.5 Zilog 85230シリアルコントローラ
10章 コードの最適化
        10.1 コードの効率を上げる
        10.2 コードの量を減らす
        10.3 メモリ使用量を減らす
        10.4 C++の影響を制限する
付録A Arcom Target188EB
付録B 用語集
付録C 参考文献
        C.1 書籍
        C.2 雑誌とカンファレンス
        C.3 World Wide Web
索引
コラム
        スタートアップコード
        ポインタとアドレス
        DRAMコントローラ
        ダイレクトメモリアクセス
        ウォッチドッグタイマ
        アプリケーションプログラミングインタフェース
        デッドロックと優先順位の逆転
        組み込みC++標準

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]