DNS & BIND on IPv6
――次世代インターネットのDNS

[cover photo]
  • 2012年08月 発行
  • ISBN978-4-87311-562-7
  • フォーマット ePub mobi
  • 原書: DNS & BIND on IPv6

Ebook Storeで電子版を購入:
価格1,296円

広く使われているDNSサーバソフトウェアBINDを、IPv6ネットワーク上で利用するための設定方法などについて、『DNS & BIND』の著者、Cricket Liuがコンパクトにまとめた書籍です。正引き、逆引きを扱うためにDNSがどう拡張されたのか。またIPv6ネットワーク上でBINDネームサーバーを動作させるための設定方法、IPv6の正引きと逆引きに関する問題のトラブルシューティングについても解説。さらに、DNSベースの移行技術であるDNS64についても説明されています。なお本書はEbookのみの販売となります。

関連書籍

DNS & BIND 第5版
IPv6 エッセンシャルズ 第2版
IPv6アプリケーション適応ガイド

まえがき
    本書の対象読者
    本書の想定
    本書の内容
    本書で使用されている表記規則
    サンプルコードの使用について
    本書に関するお問い合わせ
    謝辞

1章 DNSとIPv6
    背景
    IPv6とDNS
    IPv6アドレスの基本
    IPv6の正引きと逆引き
    AAAAとip6.arpa
    AAAAレコードを正引きゾーンへ追加する
    IPv6の逆引きゾーン
    委任と逆引きゾーン
    組み込まれた空の逆引きゾーン

2章 IPv6ネットワーク上のBIND
    クエリをリスンする
    クエリの送出
    クエリポートのランダム化について
    特定のプロトコルの使用を強制する
    IPv6のマスターとスレーブ
    その他のIPv6ゾーン転送設定
    IPv6のネットワークとアドレスをACLに指定する
    IPv6ネームサーバーの登録
    IPv6ネームサーバーへ委任を行う
    IPv6ネームサーバーのserverステートメント
    特別な注意点
    rndcとIPv6

3章 リゾルバの設定
    Mac OS X
    Windows
    動的なリゾルバの設定

4章 DNS64
    権威ネームサーバーとDNS64
    DNS64とDNSSECのインタラクション
    DNS64と逆引き

5章 トラブルシューティング
    nslookup
    dig

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]