Java: The Good Parts

[cover photo]
  • 2011年02月 発行
  • 208ページ
  • ISBN978-4-87311-487-3
  • フォーマット Print PDF
  • 原書: Java: The Good Parts

この商品は好評につき現在入荷待ちです
Ebook Storeで電子版を購入:
価格1,901円

本書はJava言語をJava言語たらしめている「よい部分」、すなわちJava言語の初期から備わっていたコア機能がどういう意図で作られているかを解説するものです。なぜその機能がJavaに導入されたのか、どのように使われることを意図しているか、そうすることでどのような効果が得られるのか、あるいはその設計判断により生まれた罠をどう避けるべきかを、Java言語開発当初から関わったベテランエンジニアのJim Waldoが説明します。Java言語の設計思想を知ることで、Javaの秀でた魅力を実感し、「Javaらしい」プログラミングを体得できるでしょう。

関連書籍

Android Hacks
JavaによるRESTfulシステム構築

目次

監訳者まえがき
はじめに

1章 Javaについて
    1.1 Javaはどのような処理に向いているのか?

2章 型システム
    2.1 基礎
    2.2 なぜ3つもあるのか?
    2.3 内側と外側
    2.4 注意すること
    2.5 真の問題

3章 例外
    3.1 基礎
    3.2 なぜそうなっているのか?
        3.2.1 どのように機能するのか?
    3.3 利用と誤用
    3.4 暗黒面

4章 パッケージ 
    4.1 基礎
    4.2 パッケージとアクセス制御
    4.3 サンプル
    4.4 パッケージとファイルシステム

5章 ガベージコレクション
    5.1 基礎
    5.2 ガベージコレクションとリファレンス
        5.2.1 メモリリーク
    5.3 その他のリソース

6章 Java仮想マシン
    6.1 基礎
    6.2 セキュリティ
    6.3 ポータビリティ
        6.3.1 ポータビリティの罠

7章 Javadoc
    7.1 基礎
    7.2 例
        7.2.1 実装ドキュメント
        7.2.2 パッケージドキュメント
    7.3 スタイルガイド、エディタ、そして終わりのない議論

8章 コレクション
    8.1 基礎
    8.2 パラメータ化型
    8.3 高度なトピックス
    8.4 ランダムアクセス
    8.5 最後に考えること

9章 リモートメソッド呼び出し(RMI)とオブジェクトシリアライゼーション
  
    9.1 基礎
    9.2 オブジェクトシリアライゼーション
    9.3 RPCシステムにおけるサブタイプ

10章 並行処理
    10.1 基礎
    10.2 同期
    10.3 アトミックなデータ

11章 開発者のエコロジー
    11.1 IDE
    11.2 JUnit
    11.3 FindBugs
    11.4 その他のツール

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]