Access Hacks
――プロが教えるデータベース活用テクニック

[cover photo]
  • 2005年11月 発行
  • 272ページ
  • ISBN4-87311-258-3
  • 原書: Access Hacks
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

AccessをSQL Serverなどの大規模データベースのフロントエンドとして利用す る方法や、ExcelあるいはWordといった他のOffice製品と連携する方法など、本 書にはすぐに役立つ実践的な情報が満載です。通常のビジネスアプリケーショ ンからマルチメディアアプリケーション(画像や動画)に至るまで幅広い内容 をカバーする、入門書よりも一歩踏み込んだ「実際の開発に役立つ内容」です。

関連書籍

Word Hacks

クレジット
はじめに

1章 Accessの基本テクニック
    1 ユーザーが必要なオブジェクトを簡単に探せるようにする
    2 すばやく作業し、タイプミスを避ける
    3 データの変更を最適化する
    4 異なるバージョンのAccess間でデータを交換する
    5 マクロの整理と強化
    6 貴重な情報を保護する
    7 大量のデータを処理する
    8 結合テーブルを使用する
    9 データベースの増大を防ぐ

2章 テーブル
    10 オートナンバー型フィールドの開始値を変更する
    11 「追加クエリ」を使わずにテーブル間でデータをコピーする
    12 システムテーブルを除外する
    13 ユーザーに見せたくない情報を隠す
    14 テーブルトリガをシミュレートする
    15 テーブルをすばやく作成する

3章 データ入力とナビゲーション
    16 長いフォーム内の移動を容易にする
    17 リストに新しい項目を追加できるようにする
    18 リストへのデータの追加とソートに関するテクニック
    19 フォーム上でカスタムコントロールを使用する
    20 レコードの更新を保存前に確認する
    21 タブオーダーを制御する
    22 アクティブなコントロールを強調表示する

4章 レポートとマルチメディアデータ
    23 条件付き小計を作成する
    24 条件付き書式を使って重要な結果を目立たせる
    25 レポートへの直接のリンクを作成する
    26 Accessでスライドショーを作成する
    27 Accessのフォーム内でムービーを再生する
    28 レポートに行番号を出力する
    29 レポート上で1行おきに陰影をつける
    30 空白部分を減らして紙を節約する
    31 レポートに日時とページ番号を含める

5章 クエリとSQL
    32 レコードのサンプルを取得する
    33 堅固なINSERT操作を作成する
    34 複数のフィールドキーに基づいて不一致レコードを検索する
    35 クエリ内に合計を出力する
    36 複雑なデータを集計する
    37 Nullがデータの集計に影響を及ぼさないようにする
    38 クエリの中でカスタム関数を使用する
    39 クエリでワイルドカードを使用する
    40 Or条件を簡潔にする
    41 And条件を簡潔にする
    42 完全外部結合を作成する

6章 マルチユーザー環境の問題
    43 重複レコードのテスト
    44 定義済みのテーブルリンクを持つ分割データベースを配布する
    45 固有のユーザー名を実装する

7章 外部プログラムと外部データ
    46 Excelから不連続範囲のデータをインポートする
    47 Excelを使用してAccessデータの向きを変える
    48 Access内でExcelの関数を使用する
    49 Wordを使用してAccessの2つのテーブルを比較する
    50 さまざまなXMLデータをAccessにインポートする
    51 XMLデータを適切にエクスポートする
    52 変換に関するVBAの障害を克服する
    53 ストアドプロシージャを呼び出してSQL Serverのパワーを活用する
    54 AccessからWordの文書を処理する

8章 プログラミング
    55 後で戻すためにコントロールの最初の選択を保存しておく
    56 構文チェックをオフにして、コードをすばやく記述する
    57 SQL集計関数の代わりに定義域集計関数を使用する
    58 サブルーチンを使ってコードを短縮する
    59 省略可能な引数を使ってコードを短縮する
    60 好奇心旺盛なユーザーからプログラムコードを保護する
    61 開発者用の秘密の裏口をアプリケーション内に作成する
    62 起動時の設定をユーザーが無効にできないようにする
    63 処理時間の長いプロセスについてユーザーに通知する
    64 バックエンドデータベースをユーザーが選択できるようにする
    65 タイムアウトまでの待機時間を変更する
    66 フォーム上のコントロールを一括して変更する
    67 どのバージョンのAccessにも完全なXMLコントロールを提供する
    68 独自の列挙型を作成する
    69 コードライブラリを作成する
    70 データベーステーブルの更新を自動的にチェックする

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]