実用 CVS

[cover photo]
  • 2003年12月 発行
  • 352ページ
  • ISBN4-87311-164-1
  • フォーマット Print
  • 原書: Essential CVS

この商品は好評につき現在入荷待ちです

CVSを使えば時間の経過と共にファイルへ加えられた変更を記録することができるため、複数の開発者やユーザで同一ファイルを共有して変更を加える場合などにとても重宝します。LinuxやFreeBSDといったUnix系OSだけでなくWindowsやMac OS Xを含む大抵のコンピュータプラットフォームで利用できるCVSは、プログラムコードの管理、Webサイトのコンテンツ管理、システム設定ファイルに加えられた変更履歴の保管など、さまざまな用途に使われています。本書は、CVSの設定および使い方を解説するガイドブックであり、CVSコマンドのクイックリファレンスとしても利用できます。

まえがき

I部      概 論
1章      CVSとは何か?
        1.1 バージョン管理システムとは何か?
        1.2 CVSの使用現場
2章      CVSクイックスタートガイド
        2.1 CVSのインストール
        2.2 初めてのリポジトリ構築
        2.3 プロジェクトのインポート
        2.4 リモートリポジトリのアクセス
        2.5 ファイルのチェックアウト
        2.6 変更のコミット
        2.7 サンドボックスの更新
        2.8 ファイルの追加
        2.9 ファイルの削除
        2.10 成功の秘訣

II部     CVSの使用
3章      CVSの基本
        3.1 基礎知識
        3.2 サンドボックスとリポジトリ
        3.3 リポジトリへの変更のコミット
        3.4 ファイル状態のチェック
        3.5 リポジトリからのサンドボックスファイルの更新
        3.6 リポジトリへのファイルの追加
        3.7 リポジトリからのファイル削除
        3.8 ファイルまたはディレクトリの移動
        3.9 サンドボックスの破棄
        3.10 キーワード
        3.11 バイナリファイルとラッパー
        3.12 デフォルトコマンドオプションの指定
4章      タグ付けとブランチ
        4.1 タグ付け
        4.2 sticky
        4.3 ブランチ
        4.4 ブランチ戦略
5章      複数ユーザでの使用
        5.1 同時開発
        5.2 ファイルの監視
        5.3 ファイルの予約
        5.4 ファイルリビジョンの比較
        5.5 最新の変更の表示
        5.6 ファイル履歴の表示

III部    CVS管理
6章      リポジトリ管理
        6.1 リポジトリの作成
        6.2 リポジトリの削除
        6.3 プロジェクトの保護
        6.4 リポジトリの構造
        6.5 CVSROOTファイル
        6.6 サーバ環境変数
        6.7 リポジトリのバックアップ
        6.8 リポジトリの編集
        6.9 サンドボックスの構造
        6.10 クライアント環境変数
        6.11 終了状態
7章      プロジェクト管理
        7.1 プロジェクトの作成
        7.2 ファイルの配布
        7.3 スクリプトの実行
        7.4 外部プログラムとのインタフェース
        7.5 ツール
        7.6 開発戦略と方針
8章      リモートリポジトリ
        8.1 リポジトリパスの指定
        8.2 localアクセスメソッド
        8.3 extアクセスメソッドとserverアクセスメソッド
        8.4 forkアクセスメソッド
        8.5 gserverアクセスメソッド
        8.6 kserverアクセスメソッド
        8.7 pserverアクセスメソッド
        8.8 gserver、kserver、pserverでのinetd使用
9章      障害解析
        9.1 障害解析テクニック
        9.2 接続障害
        9.3 ファイル名の問題
        9.4 行末の問題
        9.5 アクセス権の問題
        9.6 ロックファイル

IV部     リファレンス
10章     コマンド
        10.1 CVSコマンド行オプション
        10.2 CVSコマンド
11章     その他の話題
        11.1 管理ファイル
        11.2 CVSROOTファイル
        11.3 CVSROOT変数
        11.4 日時(Dates)
        11.5 環境変数
        11.6 キーワードとキーワードモード
        11.7 パターンマッチング
        11.8 リポジトリアクセスメソッド

V部      付 録
付録A     クライアントとオペレーティングシステム
付録B     管理者用ツール

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]