Javaクイックリファレンス 第4版

[cover photo]
  • 2003年02月 発行
  • 1244ページ
  • ISBN4-87311-119-6
  • フォーマット
  • 原書: Java in a Nutshell, 4th Edition

この商品は品切れ再入荷未定です

本書はあらゆるプログラマを対象に、すぐにJavaのプログラミングを始めるために必要となる情報を網羅したチュートリアルと、Javaのコアパッケージのすべてのクラスをカバーするリファレンスを提供します。第4版ではJava1.4で強化された機能(New I/0、ロギング、XML関連、正規表現など)の紹介が追加されました。チュートリアルでは、Java言語の文法、Javaを使ったオブジェクト指向プログラミング、またJavaのコアAPIの概要など、Javaプログラミングを行ううえで必須となる基本事項について簡潔かつ具体的に解説します。リファレンスでは、Java1.4で追加されたクラスを含むコアパッケージのすべてのクラスを網羅し、分かりやすく構成しています。Javaでプログラミングを行う際に必ず手元に置いておきたい一冊です。

まえがき

第・部 Javaの基本

1章      はじめに 
        1.1     Javaとは何か 
        1.2     Javaの主な利点 
        1.3     例題プログラム 
2章      Javaの文法
        2.1     Unicode文字セット 
        2.2     コメント 
        2.3     識別子と予約語 
        2.4     基本データ型 
        2.5     式と演算子 
        2.6     文 
        2.7     メソッド 
        2.8     クラスとオブジェクト 
        2.9     配列型 
        2.10    参照型 
        2.11    パッケージとJavaの名前空間 
        2.12    Javaファイルの構造 
        2.13    Javaプログラムの定義と実行 
        2.14    CとJavaの違い 
3章      Javaを使ったオブジェクト指向プログラミング
        3.1     クラスのメンバー 
        3.2     オブジェクトの生成と初期化 
        3.3     オブジェクトの破棄とファイナライズ 
        3.4     サブクラスと継承 
        3.5     データの隠蔽とカプセル化 
        3.6     抽象クラスと抽象メソッド 
        3.7     インタフェース 
        3.8     インナークラスの概要 
        3.9     スタティックメンバークラス 
        3.10    メンバークラス 
        3.11    ローカルクラス 
        3.12    無名クラス 
        3.13    インナークラスの仕組み 
        3.14    修飾子のまとめ 
        3.15    JavaにないC++の機能 
4章      Javaプラットフォーム
        4.1     Javaプラットフォームの概要 
        4.2     文字列と文字 
        4.3     数値と算術演算 
        4.4     日付と時刻 
        4.5     配列 
        4.6     コレクション 
        4.7     型、リフレクション、動的ロード 
        4.8     スレッド 
        4.9     ファイルとディレクトリ 
        4.10    入力ストリームと出力ストリーム 
        4.11    ネットワーキング 
        4.12    プロパティとプレファレンス 
        4.13    ログ 
        4.14    New I/O API 
        4.15    XML 
        4.16    プロセス 
        4.17    セキュリティ 
        4.18    暗号化 
5章      Javaのセキュリティ
        5.1     セキュリティリスク 
        5.2     Java仮想マシンのセキュリティとクラスファイルの検証 
        5.3     認証と暗号化 
        5.4     アクセス制御 
        5.5     みんなのためのセキュリティ 
        5.6     Permissionのサブクラス 
6章      JavaBeans
        6.1     JavaBeansの基本 
        6.2     JavaBeansの規則 
        6.3     JavaBeansのコンテキストとサービス 
7章      Javaのプログラミングとドキュメントの規約
        7.1     命名規則と大文字の使い方 
        7.2     移植性を高める規則とPure Javaを守るための規則 
        7.3     Javaのdocコメント 
8章      Javaの開発ツール
        appletviewer
        extcheck 
        jar 
        jarsigner 
        java 
        javac   
        javadoc 
        javah 
        javap 
        jdb 
        keytool 
        native2ascii 
        policytool 
        serialver

第・部 APIクイックリファレンス

クイックリファレンスの使い方

9章      java.beansおよびjava.beans.beancontextパッケージ
10章     java.ioパッケージ
11章     java.lang、java.lang.refおよびjava.lang.reflectパッケージ
12章     java.mathパッケージ
13章     java.netパッケージ
14章     java.nioとサブパッケージ
15章     java.securityとサブパッケージ
16章     java.textパッケージ
17章     java.utilとサブパッケージ
18章     javax.cryptoとサブパッケージ
19章     javax.netとjavax.net.sslパッケージ
20章     javax.security.authとサブパッケージ
21章     javax.xml.parsers、java.xml.transformおよびサブパッケージ
22章     org.ietf.jgssパッケージ
23章     org.w3c.domパッケージ
24章     org.xml.sax、org.xml.sax.extおよびorg.xml.sax.helpersパッケージ
25章     クラス/メソッド/フィールドインデックス

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]