詳解 Javaプログラミング 第2版 VOLUME 1

[cover photo]
  • 2003年03月 発行
  • 572ページ
  • ISBN4-87311-117-X
  • フォーマット Print
  • 原書: Learning Java, 2nd Edition

この商品は好評につき現在入荷待ちです

Java言語の膨大な仕様を網羅する総合解説書が本書(全2巻)です。Java 2 SDKバージョン1.4で提供される最新の情報をもとに執筆。VOLUME1では、Java言語の概要、基本的なオブジェクト指向プログラミング、テキスト処理、ネットワーク、サーブレットなど、Javaプログラミングの必須トピックを収録しています。広大なJava技術のすべてを手に入れたいプログラマのための決定版!

        訳者まえがき
        序文

1章      まだ他の言語ですか?
        1.1 Javaを始めましょう
        1.2 バーチャルマシン
        1.3 Javaと他の言語の比較
        1.4 設計の安全性
        1.5 実装の安全性
        1.6 アプリケーションおよびユーザレベルのセキュリティ
        1.7 JavaとWeb
        1.8 一般的なアプリケーション言語としてのJava
        1.9 Javaのロードマップ

2章      初めてのアプリケーション
        2.1 HelloJava
        2.2 HelloJava2:続き
        2.3 HelloJava3:ボタンを実装する
        2.4 HelloJava4:スレッドを使う

3章      Javaのツール
        3.1 Javaインタプリタ
        3.2 クラスパス
        3.3 ポリシーファイル(方針ファイル)
        3.4 Javaコンパイラ
        3.5 Javaアーカイブ(JAR)ファイル

4章      Java言語
        4.1 Unicode文字コード体系
        4.2 コメント
        4.3 型
        4.4 文と式
        4.5 例外
        4.6 表明
        4.7 配列

5章      Javaのオブジェクト
        5.1 クラス
        5.2 メソッド
        5.3 オブジェクトの作成
        5.4 オブジェクトの破棄

6章      クラス間の関係
        6.1 サブクラス化と継承
        6.2 インタフェース
        6.3 パッケージとコンパイル単位
        6.4 変数とメソッドの可視性
        6.5 配列とクラス階層
        6.6 内部クラス

7章      オブジェクトおよびクラスを処理する       197
        7.1 Objectクラス
        7.2 Classクラス
        7.3 反射

8章      スレッド
        8.1 スレッドとは
        8.2 アプレットのスレッド化
        8.3 同期
        8.4 スケジューリングと優先順位
        8.5 スレッドグループ
        8.6 スレッドの処理効率

9章      テキストの使用
        9.1 その他のテキスト関連API
        9.2 文字列
        9.3 テキストの構文解析と書式
        9.4 国際化
        9.5 java.textパッケージ
        9.6 正規表現

10章     コアユーティリティ
        10.1 数学ユーティリティ
        10.2 日付
        10.3 タイマ
        10.4 コレクション
        10.5 プロパティ(特性)
        10.6 Preferences API
        10.7 Logging API
        10.8 オブザーバとオブザーバブル

11章     入力/出力機能
        11.1 ストリーム
        11.2 ファイル
        11.3 直列化
        11.4 データ圧縮
        11.5 NIOパッケージ

12章     ネットワークプログラミング
        12.1 ソケット
        12.2 データグラムソケット
        12.3 簡単な直列化オブジェクトプロトコル
        12.4 RMI(リモートメソッド起動)
        12.5 NIOでの拡張可能なI/O

13章     Webプログラミング
        13.1 URL(Uniform Resource Locator)
        13.2 URLクラス
        13.3 実際のハンドラ
14章     サーブレットとWebアプリケーション
        14.1 サーブレット:強力なツール
        14.2 Webアプリケーション
        14.3 サーブレットのライフサイクル
        14.4 Webサーブレット
        14.5 HelloClientサーブレット
        14.6 サーブレットのレスポンス
        14.7 サーブレットのパラメータ
        14.8 ShowParametersサーブレット
        14.9 ユーザセッションの管理
        14.10 ServletContext API
        14.11 WARファイルと配置
        14.12 WebAppの再ロード
        14.13 エラーとインデックスページ
        14.14 セキュリティと認証
        14.15 サーブレットのフィルタ
        14.16 Antを使ってWARファイルをビルドする

付録A     コンテンツハンドラとプロトコルハンドラ
        A.1 コンテンツハンドラを作成する
        A.2 プロトコルハンドラを作成する

付録B     BeanShell:簡単なJavaスクリプト
        B.1 BeanShellを実行する
        B.2 Javaの文と式
        B.3 BeanShellコマンド
        B.4 スクリプトメソッドとオブジェクト
        B.5 クラスパスを変更する
        B.6 さらに学ぶ...

        用語解説
        索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]