Palm OS プログラミング 第2版

[cover photo]
  • 2003年01月 発行
  • 760ページ
  • ISBN4-87311-114-5
  • 原書: Palm OS Programming, 2nd Edition
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

本書はPalmアプリケーションを開発するためのあらゆる知識をカバーする決定版です。改訂にあたり、簡単なアプリケーションを作成するチュートリアル(CodeWarriorとPRC-Toolsのインストール、使用法の説明も含む)、メモリマネージャAPI、すべてのUI部品の例題などを追加しました。既存の章の内容もOSの変更や読者からのコメントに基づいて大幅に更新、追加し、またコンジットの章は新しいコンジット開発キットを使うように書き直しました。本書は、趣味のアプリケーションから業務系アプリケーションまでのさまざまなPalmアプリケーション開発を志すPalmプログラマ必携の実用ガイドです。

はじめに

Ⅰ部 Palm OSの概要

1章 Palmソリューション
        1.1 Palm社はどのように成功したのか
        1.2 魔法の方程式の要素
        1.3 運びやすいこと
        1.4 安価なこと
        1.5 拡張できること
        1.6 デスクトップコンピュータとの接続が簡単なこと
        1.7 役に立ち、簡単に使えること
        1.8 Palmデバイス用アプリケーションの設計
        1.9 まとめ

2章 技術面の概要と開発環境
        2.1 Palm OSの概要
        2.2 コンジットの概要
        2.3 ハンドヘルドアプリケーションの開発環境
        2.4 その他の開発環境
        2.5 高レベルフォーム開発環境
        2.6 お勧めのハンドヘルド開発環境
        2.7 コンジットの開発
        2.8 まとめ

3章 ソリューションの設計
        3.1 Palm OSのUI部品
        3.2 特定のユーザを想定した設計
        3.3 優れた設計のフォーム
        3.4 設計に関するその他の問題
        3.5 Salesアプリケーションの有用性
        3.6 SalesアプリケーションのUI
        3.7 Salesアプリケーションの設計
        3.8 コンジットの設計
        3.9 まとめ

Ⅱ部 Palmアプリケーションのプログラミング

4章 チュートリアル
        4.1 POSE
        4.2 CodeWarrior
        4.3 PRC-Tools
        4.4 OReilly Sampleプロジェクトのインストール
        4.5 ハンドヘルドへのPRCのインストール
        4.6 POSEへのPRCのインストール
        4.7 サンプルアプリケーションの修正

5章 アプリケーションの構成
        5.1 用語の説明
        5.2 Palm OSの慣習
        5.3 Palm OSとアプリケーション
        5.4 簡単なアプリケーション..OReilly Starter
        5.5 アプリケーションが呼び出されるその他の場合
        5.6 例
        5.7 まとめ

6章 メモリマネージャ
        6.1 メモリの種類
        6.2 動的なメモリの割り当て
        6.3 スタック領域
        6.4 大きなデータの処理
        6.5 所有者ID
        6.6 カードとローカルID
        6.7 効率的なメモリの使用
        6.8 MemoryTestAPIsの例
        6.9 まとめ

7章 Palmアプリケーションのデバッグ
        7.1 POSE
        7.2 デバッグ用Graffitiショートカット
        7.3 ソースレベルデバッグ
        7.4 グレムリン
        7.5 エラーマネージャ
        7.6 Palm OSのソース
        7.7 PalmDebuggerの低レベルデバッグ
        7.8 デバイスのリセット
        7.9 Mac OSでのシミュレータの利用
        7.10 リリース/デバッグターゲット

8章 リソースとフォーム
        8.1 リソース
        8.2 フォームの特性
        8.3 フォームイベント
        8.4 フォームレベルAPI
        8.5 モードレスフォーム
        8.6 アラート
        8.7 モーダルダイアログボックス
        8.8 Salesアプリケーションのフォーム

9章 フォームオブジェクト
        9.1 フォームオブジェクトの特性
        9.2 フォームオブジェクトのイベント
        9.3 フォームオブジェクトのAPI
        9.4 フォームオブジェクトのタイプ
        9.5 Salesアプリケーションのフォームとフォームオブジェクト

10章 データベース
        10.1 データベースとレコードの概要
        10.2 データベースのオープン、作成、クローズ
        10.3 レコードの操作
        10.4 Salesアプリケーションのデータベース
        10.5 まとめ

11章 メニュー
        11.1 メニューのUI
        11.2 メニューリソース
        11.3 メニューに必要なコード
        11.4 Salesアプリケーションにメニューを追加する
        11.5 まとめ

12章 その他の重要なトピック
        12.1 検索
        12.2 データ交換

13章 通信機能
        13.1 シリアル通信
        13.2 TCP/IP通信

Ⅲ部 コンジットの設計

14章 コンジット入門
        14.1 コンジットの概要
        14.2 バックアップコンジットの利用
        14.3 登録と削除
        14.4 デスクトップAPIの利用
        14.5 コンジットのエントリポイント
        14.6 HotSyncログ
        14.7 HotSyncボタンが押されると何が起こるのか?
        14.8 Conduit Inspectorを利用したコンジットの動作確認
        14.9 POSEからの同期
        14.10 最小限のSalesコンジットの作成

15章 コンジットによるデータ転送
        15.1 コンジットに必要な機能
        15.2 データの格納場所
        15.3 データベースの作成、オープン、クローズ
        15.4 ハンドヘルドへのデータの移動
        15.5 デスクトップへのデータの移動
        15.6 HotSync Progressダイアログボックスを動かし続ける
        15.7 HotSyncボタンが押されると
        15.8 ポータビリティの問題
        15.9 Salesコンジット

16章 双方向の同期
        16.1 同期のロジック
        16.2 MFCコンジットフレームワーク
        16.3 ジェネリックコンジットフレームワーク
        16.4 ジェネリックコンジットのクラス
        16.5 ウィザードを使った最小限のジェネリックコンジットの作成
        16.6 独自のファイルフォーマット
        16.7 カテゴリの操作
        16.8 ジェネリックコンジットを利用したSalesコンジット

Ⅳ部 付録

付録A 参考情報
        A.1 本書のWebサイト
        A.2 公式Palmデベロッパーサイト
        A.3 Palmプログラミングのメーリングリスト
        A.4 サードパーティによるPalmプログラミング情報

付録B PilRCのマニュアル
        B.1 使い方
        B.2 マニュアルの表記
        B.3 リソース言語のリファレンス
        B.4 国際化サポート
        B.5 既知のバグ

付録C Palm OS 5
        C.1 はじめに
        C.2 Palm OS 5.0の特徴
        C.3 ベンチマーク
        C.4 開発方法
        C.5 おわりに

索 引

ここで紹介する正誤表には、書籍発行後に気づいた誤植や更新された情報を掲載しています。以下のリストに記載の年月は、正誤表を作成し、増刷書籍を印刷した月です。お手持ちの書籍では、すでに修正が施されている場合がありますので、書籍最終ページの奥付でお手持ちの書籍の刷版、刷り年月日をご確認の上、ご利用ください。

149ページ 本文最終行に1行追加

mount -f "c:\PalmDev" /PalmDev

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]