C# & VB.NET 比較ガイド

[cover photo]
この商品は品切れ再入荷未定です

本書では、Microsoft Visual Studio .NETの代表的なプログラミング言語であるC#とVisual Basic .NETの2つを取り上げて両言語の共通点や違いを比較します。構文、オブジェクト指向関連の機能、開発環境、この3つの観点から比較し、さらに各言語の持つ固有の機能も紹介しています。これらの4つの解説は、合わせて50以上の項目にわたります。2つの言語を両方使いこなせるようになりたい方、2つの言語のどちらかへ移行を考えているけれどもどちらが自分にあっているか知りたい方、それ以外の方でもこのVisual Studio .NETを代表する両言語に興味があれば、本書は必携です。

はじめに

1章 構文の相違
        1.1     大文字、小文字の識別
        1.2     行の終端記号
        1.3     コメント
        1.4     名前空間の宣言と使用法
        1.5     変数宣言
        1.6     変数の初期化
        1.7     メソッド・パラメータの宣言
        1.8     関数パラメータの受け渡し
        1.9     省略可能なパラメータ
        1.10    可変個引数リスト(Parameter List)
        1.11    メソッドの宣言
        1.12    出力パラメータのリターン
        1.13    プログラムの開始
        1.14    プログラム、メソッド、ループの終了
        1.15    メンバスコープ
        1.16    静的メソッドと共有メソッド
        1.17    クラス対モジュール
        1.18    ifステートメント
        1.19    ショートサーキット(short-circuiting)
        1.20    条件演算子
        1.21    プロパティとインデクサ
        1.22    配列
        1.23    forループ
        1.24    For/Eachループ
        1.25    Try/Catchブロック
        1.26    属性の使い方
        1.27    制御文字
        1.28    型の比較と型変換

2章 オブジェクト指向関連の機能
        2.1     継承の構文
        2.2     メソッドのオーバーロード
        2.3     コンストラクタとフィールドの初期化
        2.4     他のコンストラクタの呼び出し
        2.5     基本クラス・コンストラクタの呼び出し
        2.6     初期化子
        2.7     基本クラスのメンバの隠ぺい
        2.8     メソッドのオーバーライド
        2.9     継承の必須化と禁止
        2.10    インターフェイスの宣言と実装
        2.11    デリゲートとイベント
        2.12    クラスの比較
        2.13    文字列の比較

3章 IDE(開発環境)の相違
        3.1     AssemblyInfoファイル
        3.2     規定の名前空間/ルート名前空間
        3.3     スタートアップ・オブジェクト
        3.4     App.ico
        3.5     Imports/using
        3.6     COMの参照
        3.7     プリプロセス・ディレクティブ
        3.8     Option Explicit、Option Strict、Option Compare
        3.9     エラーと警告

4章 固有の言語機能
        4.1     unsafeコード(C#)
        4.2     using(C#)
        4.3     ドキュメント・コメント(C#)
        4.4     演算子のオーバーロード(C#)
        4.5     遅延バインディング(VB)

索引

言語別キーワード索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]