Java & XML 第2版

[cover photo]
  • 2002年05月 発行
  • 576ページ
  • ISBN4-87311-082-3
  • 原書: Java & XML, 2nd Edition
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

Tribune、Cocoon、EJBossなどJavaとXMLの連携事例の多くに携わる著者による名著の待望の翻訳版です。本書はJavaとXMLそれぞれの解説を行うのではなく、XMLを使ってWebアプリケーションの開発を行うJavaプログラマを対象にしています。API、ツールの使い方から、XMLを使って実際のアプリケーションを開発するためのテクニックを豊富な事例をもとに解説しています。SAX、DOM、SOAP、XMLデータバインディングなどの最新のトピックスについても触れています。

関連書籍

監訳者まえがき
まえがき

1章 はじめに
        1.1 XMLの問題
        1.2 何が重要か
        1.3 本書を読み進める上で必要なツール
        1.4 次章の内容

2章 基本ツール
        2.1 基礎の基礎
        2.2 制約(Constraints)
        2.3 変換(Transformations)
        2.4 さらに
        2.5 次章の内容

3章 SAX
        3.1 準備
        3.2 SAXリーダ
        3.3 コンテンツハンドラ
        3.4 エラーハンドラ
        3.5 失敗しないためのポイント
        3.6 次章の内容

4章 高度なSAX
        4.1 プロパティとフィーチャ
        4.2 その他のハンドラ
        4.3 フィルタとライタ
        4.4 その他のハンドラ
        4.5 失敗しないためのポイント
        4.6 次章の内容

5章 DOM
        5.1 文書オブジェクトモデル(Document Object Model)
        5.2 シリアライズ
        5.3 DOMツリーの変更
        5.4 失敗しないためのポイント
        5.5 次章の内容

6章 高度なDOM
        6.1 変更
        6.2 名前空間
        6.3 DOMレベル2モジュール
        6.4 DOMレベル3
        6.5 失敗しないためのポイント
        6.6 次章の内容

7章 JDOM
        7.1 基本事項
        7.2 PropsToXML
        7.3 XMLProperties
        7.4 JDOMは標準なのか?
        7.5 失敗しないためのポイント
        7.6 次章の内容

8章 高度なJDOM
        8.1 便利なJDOMインターナル
        8.2 JDOMとファクトリ
        8.3 ラッパーとデコレータ
        8.4 失敗しないためのポイント
        8.5 次章の内容

9章 JAXP
        9.1 APIか抽象化か
        9.2 JAXP 1.0
        9.3 JAXP 1.1
        9.4 失敗しないためのポイント
        9.5 次章の内容

10章 Webパブリッシングフレームワーク
        10.1 フレームワークを選択する
        10.2 インストール
        10.3 パブリッシングフレームワークを使う
        10.4 XSP
        10.5 Cocoon 2.0とそれ以降
        10.6 次章の内容

11章 XML-RPC
        11.1 RPC対RMI
        11.2 Helloプログラム
        11.3 サーバに負荷を置く
        11.4 現実世界での問題点
        11.5 次章の内容

12章 SOAP
        12.1 はじめよう
        12.2 セットアップ
        12.3 泥まみれになる
        12.4 より深く
        12.5 次章の内容

13章 Webサービス
        13.1 Webサービス
        13.2 UDDI
        13.3 WSDL
        13.4 すべてをまとめる
        13.5 次章の内容

14章 コンテンツの連携
        14.1 Foobar Public Library
        14.2 mytechbooks.com
        14.3 プッシュ型かプル型か
        14.4 次章の内容

15章 データバインディング
        15.1 第一の原則
        15.2 Castor
        15.3 Zeus
        15.4 JAXB
        15.5 次章の内容

16章 今後の展望
        16.1 XLink
        16.2 XPointer
        16.3 XMLスキーマバインディング
        16.4 その他のAPI
        16.5 次は?

付録A APIリファレンス
        A.1 SAX 2.0
        A.2 DOMレベル2
        A.3 JAXP 1.1
        A.4 JDOM 1.0(Beta 7)

付録B SAX 2.0のフィーチャとプロパティ
        B.1 コアフィーチャ
        B.2 コアプロパティ

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]