XMLデスクトップリファレンス 第2版

[cover photo]
  • 2001年11月 発行
  • 128ページ
  • ISBN4-87311-062-9
  • 原書: XML Pocket Reference, 2nd Edition
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

XML(eXtensible Markup Language)は、Webのほかさまざまな局面で利用可能な、次世代の電子文書の標準となるマークアップ言語で、今日めざましく普及しつつあります。XMLは、型定義に代表される柔軟な構造が特徴です。本書は、独自の定義を行う際に必要となるさまざまな情報やXMLを理解する助けとなる解説をまとめた即効性の高い書です。改訂にあたり、初版発行以降に定められた概念などを追加しています。また既存の術語についても加筆を行っています。

本書について

1章 XMLの用語
        1.1 悪癖の矯正
        1.2 XML文書の概要
        1.3 単純なXML文書
        1.4 単純な文書型定義(DTD)
        1.5 単純なXSLスタイルシート

2章 XMLリファレンス 
        2.1 整形式のXML
        2.2 特殊なマークアップ
        2.3 要素と属性の規則
        2.4 XML予約属性

3章 実体参照と文字参照

4章 文書型定義(DTD)
        4.1 要素宣言
        4.2 ANYとPCDATA
        4.3 実体
        4.4 DTD内の属性宣言
        4.5 セクションの包含と無視

5章 拡張可能スタイルシート言語(XSL)
        5.1 フォーマットオブジェクト

6章 XSLTスタイルシートの構造

7章 テンプレートとパターン
        7.1 パラメータと変数
        7.2 スタイルシートのインポートと優先順位
        7.3 ループとテスト
        7.4 番号付け要素
        7.5 出力方式

8章  XSLT要素

9章 XPath
        9.1 軸
        9.2 述語
        9.3 関数
        9.4 その他のXSLT関数とデータ型

10章 XPointerとXLink
        10.1 一意の識別子
        10.2 ID参照
        10.3 XPointer
        10.4 XLink
        10.5 拡張リンクの作成
        10.6 XBase

付録A 日本におけるXML関連情報の入手先
付録B JIS TR X 0015:1999
         XML日本語プロファイルについて
         XML日本語プロファイル
         附属書A 名前文字
索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]