Jiniクイックリファレンス

[cover photo]
  • 2001年10月 発行
  • 568ページ
  • ISBN4-87311-060-2
  • 原書: Jini in a Nutshell
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

Jiniは、Sun Microsystems社が開発した技術で、様々な機器をネットワークに接続し管理するためのフレームワークです。本書は、JiniサービスおよびJiniクライアントを開発するためのリファレンスガイド。前半はチュートリアルで、実例を挙げながらJiniサービス/Jiniクライアントの開発について解説しています。経験豊かなJavaプログラマであれば、ルックアップサービス、リース、トランザクションなどJiniプログラミングの基本をすぐにマスターできます。後半はリファレンスで、Jiniと関係するすべてのJavaパッケージを分析し、Jini API, Java RMIクラスほかJini関連のクラスを網羅的に解説しています。

監訳者まえがき
まえがき

・部 Jiniの概説
1章 Jiniの紹介
        1.1 Jiniとは何か?
                1.1.1 Jiniの仕事
        1.2 Jini技術
                1.2.1 クライアント、サーバ、サービス
                1.2.2 Jiniルックアップサービス
                1.2.3 ルックアップディスカバリ
                1.2.4 リース
                1.2.5 エントリとテンプレート
                1.2.6 分散イベント
                1.2.7 動的なコード定義
                1.2.8 Jiniトランザクション
                1.2.9 JavaSpacesサービス
                1.2.10 その他のサービス
        1.3 JiniとRMI
                1.3.1 もう1つの分散オブジェクトシステム
        1.4 Jiniの必要条件
        1.5 Jiniコミュニティのプロセス
        1.6 Sun Community Source License
        1.7 まとめ

2章 Jiniの利用にあたって
        2.1 Jiniのダウンロード
                2.1.1 Jini Technology Starter Kit
                2.1.2 Jini Technology Core Platform Compatibility Kit
        2.2 あなたの環境のセットアップ
                2.2.1 Jiniセキュリティモデルの設定
        2.3 Jiniサービスの起動
                2.3.1 HTTPサービスの起動
                2.3.2 RMI活性化デーモンの起動
                2.3.3 reggieの起動
                2.3.4 mahaloの起動
                2.3.5 outriggerの起動
                2.3.6 fiddlerの起動
                2.3.7 mercuryの起動
                2.3.8 normの起動
                2.3.9 複数のマシン上でのサービスの起動
        2.4 サービス起動GUIツールの利用
                2.4.1 Jiniルックアップサービスのブラウザ

3章 リモートメソッド呼び出し
        3.1 オブジェクトシリアライゼーション
                3.1.1 Serializableオブジェクト
                3.1.2 バージョン
        3.2 単純なRMIのサンプル
                3.2.1 リモートインタフェース
                3.2.2 RMIのサーバのコード
                3.2.3 RMIのクライアントのコード
                3.2.4 1つのディレクトリからサンプルを実行する
        3.3 コードの転送
                3.3.1 ダウンロード可能なコードのサンプルを実行する
        3.4 活性化
                3.4.1 活性化可能なサーバを起動する
                3.4.2 活性化可能なサービスの終了
                3.4.3 状態の保持
        3.5 RMIサービスのプロキシ処理
        3.6 まとめ

4章 Jiniプログラミングの基本
        4.1 Jiniルックアップサービス
        4.2 単純なサービスとクライアント
                4.2.1 Jiniサービス
                4.2.2 Jiniクライアント
                4.2.3 基本となるサンプルを実行する
        4.3 リースとルックアップサービス
        4.4 ルックアップとディスカバリのサポートクラス
                4.4.1 JoinManagerとその他のサービスクラス
                4.4.2 ServiceDiscoveryManagerクラス
        4.5 属性とエントリインタフェース
                4.5.1 サービスが定義する属性
        4.6 その他のサービスの実装
                4.6.1 ローカルな実行を行う
                4.6.2 プロトコルの包み込み
        4.7 まとめ

5章 リース 
        5.1 サービスインタフェース
        5.2 サービスの実装
                5.2.1 ランドロードサービス
                5.2.2 サービスの実装
                5.2.3 サービスの起動
        5.3 クライアントの実装
        5.4 リースのポリシー
        5.5 まとめ

6章 リモートイベント
        6.1 リモートイベントのサンプル
                6.1.1 サービスインタフェース
                6.1.2 クライアントの実装
                6.1.3 サービスの実装
                6.1.4 サンプルの実行
        6.2 リモートイベントとJiniルックアップサービス
        6.3 まとめ

7章 サービスの管理
        7.1 管理API
                7.1.1 サービスの実装
                7.1.2 クライアントの実装
                7.1.3 サンプルの起動
        7.2 カスタム管理インタフェースの提供
        7.3 まとめ

8章 その他のクラス
        8.1 コレクション
        8.2 スレッドのユーティリティ
                8.2.1 読み書きロック
                8.2.2 スレッドプール
                8.2.3 タスクスケジューラ
                8.2.4 信頼できるログ
        8.3 コマンドラインの解析
        8.4 まとめ

9章 トランザクション
        9.1 トランザクションの概要
                9.1.1 トランザクションの参加者
        9.2 クライアント側のトランザクションAPI
        9.3 Jiniトランザクションフレームワーク
                9.3.1 2フェーズコミットのプロトコル
                9.3.2 ネストできるトランザクション
                9.3.3 サーバ側のトランザクションAPI
                9.3.4 その他のトランザクションの問題
        9.4 まとめ

10章 JavaSpacesサービス
        10.1 JavaSpaces API
                10.1.1 write操作
                10.1.2 read操作
                10.1.3 take操作
                10.1.4 notify操作
                10.1.5 snapshot( )メソッド
        10.2 JavaSpacesのサンプル
                10.2.1 共通のクラス
                10.2.2 クライアントのコード
                10.2.3 サーバのコード
                10.2.4 サンプルの実行
        10.3 サービスにJavaSpacesを組み込む
        10.4 まとめ

11章 ヘルパーサービス
        11.1 ルックアップディスカバリサービス
                11.1.1 LookupDiscoveryService API
        11.2 リース更新サービス
                11.2.1 LeaseRenewalService API
        11.3 イベントメールボックスサービス
                11.3.1 EventMailbox API
        11.4 活性化可能なサービスのサンプル
                11.4.1 活性化をサポートするための変更
                11.4.2 ルックアップディスカバリサービスをサポートするための変更
                11.4.3 リース更新サービスをサポートするための変更
                11.4.4 ログの採取をサポートするための変更
                11.4.5 非活性化をサポートするための変更
                11.4.6 サンプルを実行する
        11.5 切断可能なクライアント
                11.5.1 サンプルを実行する
        11.6 まとめ

12章 Jiniのセキュリティ
        12.1 ポリシーファイルのサンプル
        12.2 Jiniポリシーファイル
                12.2.1 HTTPサーバのポリシー
                12.2.2 reggieのポリシー
                12.2.3 mahaloのポリシー
                12.2.4 outriggerのポリシー
        12.3 Jiniセキュリティクラス
        12.4 まとめ


・部 クイックリファレンス

クイックリファレンスの使い方
        クイックリファレンスの項目の探し方
        クイックリファレンスの項目の読み方
                クラス名、パッケージ名、利用可能なバージョン、フラグ
                概説
                内容
                クラス階層
                クロスリファレンス
                クラス名についての注意

13章 サービスのリファレンス
        fiddler
        mahalo
        mercury
        norm
        outrigger
        reggie

14章 com.sun.jiniパッケージ
        14.1    com.sun.jini.adminパッケージ
        14.2    com.sun.jini.collectionパッケージ
        14.3    com.sun.jini.constantsパッケージ
        14.4    com.sun.jini.debugパッケージ
        14.5    com.sun.jini.discoveryパッケージ
        14.6    com.sun.jini.leaseパッケージ
        14.7    com.sun.jini.lease.landlordパッケージ
        14.8    com.sun.jini.lookupパッケージ
        14.9    com.sun.jini.lookup.entryパッケージ
        14.10   com.sun.jini.proxyパッケージ
        14.11   com.sun.jini.reliableLogパッケージ
        14.12   com.sun.jini.systemパッケージ
        14.13   com.sun.jini.threadパッケージ

15章 net.jini.coreパッケージ
        15.1    net.jini.core.discoveryパッケージ
        15.2    net.jini.core.entryパッケージ
        15.3    net.jini.core.eventパッケージ
        15.4    net.jini.core.leaseパッケージ
        15.5    net.jini.core.lookupパッケージ
        15.6    net.jini.core.transactionパッケージ
        15.7    net.jini.core.transaction.serverパッケージ

16章 net.jiniパッケージ
        16.1    net.jini.adminパッケージ
        16.2    net.jini.discoveryパッケージ
        16.3    net.jini.entryパッケージ
        16.4    net.jini.eventパッケージ
        16.5    net.jini.leaseパッケージ
        16.6    net.jini.lookupパッケージ
        16.7    net.jini.lookup.entryパッケージ
        16.8    net.jini.spaceパッケージ

17章 javaパッケージ
        17.1    java.ioパッケージ
        17.2    java.rmiパッケージ
        17.3    java.rmi.activationパッケージ
        17.4    java.rmi.dgcパッケージ
        17.5    java.rmi.registryパッケージ
        17.6    java.rmi.serverパッケージ

18章     クラス、メソッド、フィールドの索引

訳者あとがき
索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]