SQLクイックリファレンス

[cover photo]
  • 2001年11月 発行
  • 312ページ
  • ISBN4-87311-055-6
  • 原書: SQL in a Nutshell
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

SQLの実用的かつ便利なコマンドとステートメントをまとめたリファレンス集です。最新のSQL99に準拠しています。Microsoft SQL Server 2000とOracle 8i、MySQL、PostgreSQL 7.0に対応するなど、メジャーなベンダーをすべてカバーしています。個別のステートメントに対しての各RDBMSへの対応表がそれぞれ付いているなど、構成が工夫されています。各RDBMSによる文法の微妙な違いについても詳しく解説しており、複数のデータベースを使い分ける管理者などにとっては特に有用です。

監訳者まえがき
はじめに

1章 SQL、製品による実装、簡単な歴史
        1.1 リレーショナルモデル
        1.2 本書で扱うデータベース
        1.3 SQL規格
                1.3.1 規格適合性の水準
                1.3.2 追加機能パッケージ
                1.3.3 SQL99文のクラス
        1.4 SQLの方言
        1.5 リレーショナルデータベースの原則

2章 基本概念
        2.1 行単位の処理と集合単位の処理
        2.2 リレーショナルモデル
        2.3 SQL99と製品固有のデータ型
                2.3.1 Microsoft SQL Serverのデータ型
                2.3.2 MySQLのデータ型
                2.3.3 Oracleのデータ型
                2.3.4 PostgreSQLのデータ型
        2.4 NULL値の処理
        2.5 構文の分類
                2.5.1 識別子
                2.5.2 リテラル
                2.5.3 システムデリミタと演算子
                2.5.4 キーワードと予約語
        2.6 SQLの使い方
                2.6.1 射影
                2.6.2 選択
                2.6.3 結合
        2.7 本章のまとめ

3章 SQL文のコマンドリファレンス
        3.1 本章の読み方
        3.2 SQLコマンドクイックリファレンス
             ALTER文
             ALTER PROCEDURE
             ALTER TABLE
             ALTER TRIGGER
             ALTER VIEW 
             CALL
             CASE
             CAST
             CLOSE CURSOR
             COMMIT TRANSACTION
             CONNECT
             CREATE文
             CREATE DATABASE
             CREATE FUNCTION
             CREATE INDEX
             CREATE PROCEDURE
             CREATE ROLE
             CREATE SCHEMA
             CREATE TABLE
             CREATE TRIGGER
             CREATE VIEW
             DECLARE CURSOR
             DELETE
             DISCONNECT
             DROP文
             DROP DATABASE
             DROP FUNCTION
             DROP INDEX
             DROP PROCEDURE
             DROP ROLE
             DROP TABLE
             DROP TRIGGER
             DROP VIEW
             FETCH
             GRANT
             INSERT
             LIKE演算子
             OPEN
             RETURN
             REVOKE
             ROLLBACK
             SAVEPOINT
             SELECT
             SET CONNECTION
             SET ROLE
             SET TIME ZONE
             SET TRANSACTION
             START TRANSACTION
             TRUNCATE TABLE
             UPDATE
             演算子(Operators)
             連結演算子
        3.3 結論

4章 SQL関数
        4.1 決定性関数と非決定性関数
        4.2 関数の種類
                4.2.1 集計関数
                       AVGとSUM
                       COUNT
                       MINとMAX
                4.2.2 スカラ関数
                4.2.3 組み込みスカラ関数
                4.2.4 数値スカラ関数
                       BIT_LENGTH、CHAR_LENGTH、OCTET_LENGTH
                       EXTRACT
                       POSITION
                4.2.5 文字列関数
                       CONCATENATE
                       CONVERTとTRANSLATE
                       LOWERとUPPER
                       SUBSTRING
                       TRIM
        4.3 製品による拡張
                4.3.1 Microsoft SQL Serverがサポートする関数
                4.3.2 MySQLがサポートする関数
                4.3.3 Oracleがサポートする関数
                4.3.4 PostgreSQLがサポートする関数

5章 未実装のSQL99コマンド

付録      SQL99および製品固有のキーワード
表A-1:SQLのキーワード
表A-2:Microsoft SQL Serverのキーワード
表A-3:MySQLのキーワード
表A-4:Oracleのキーワード
表A-5:PostgreSQLのキーワード
索引

ここで紹介する正誤表には、書籍発行後に気づいた誤植や更新された情報を掲載しています。以下のリストに記載の年月は、正誤表を作成し、増刷書籍を印刷した月です。お手持ちの書籍では、すでに修正が施されている場合がありますので、書籍最終ページの奥付でお手持ちの書籍の刷版、刷り年月日をご確認の上、ご利用ください。

2002年9月24日更新
位置
p47
下から7行目
あらゆるデータベースオブジェクトを削除させます。 あらゆるデータベースオブジェクトを削除します。
p117
3段落目
指定されたディストリビュータのコードが 指定された流通業者 (distributor) IDが
p184
4行目
WHERE   j.job_id = (+) e.job_id
WHERE   j.job_id = e.job_id (+) 
p185
「WHERE句」の小見出しの3行上
JOIN    sales_projections s2 ON s1.store_id
= s2.       sotre._id
JOIN    sales_projections s2 ON s1.store_id
= s2.sotre._id
p187, 表3-4
JOIN検査の「用法と機能説明」の欄
PostgreSQLでは、外部結合はすべての行を取り出す側にアスタリスクを追加することで指定します。 SQL Serverでは、外部結合はすべての行を取り出す側にアスタリスクを追加することで指定します。
※原著者による訂正。
p205, 表3-7
Yes, No Yes → 生じる, No → 生じない
p281
左側の欄の最終行
=* (等号とスタリスク) =* (等号とアスタリスク)

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]