CGIプログラミング 第2版

[cover photo]
  • 2001年06月 発行
  • 520ページ
  • ISBN4-87311-044-0
  • 原書: CGI Programming with Perl, 2nd Edition
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

インタラクティブなWebページを実現するCommon Gateway Interface(CGI)について、プログラマを対象に、その基礎からプログラミングの実際までを詳細に解説する一冊です。改訂にあたり全てのトピックを拡張、更新しました。また新しくCGI.pm、HTMLテンプレート、セキュリティ、JavaScript、XML、サーチエンジン、CGI互換のハイパフォーマンスな代替テクノロジが加わり、最新のテクニックや高度なプログラミングについて、豊富な例を網羅して詳しく説明します。プログラミング例はCGIプログラミングでは一般的なPerlで書かれています。

はじめに

1章      はじめましょう
        1.1 CGIの歴史
        1.2 CGIとは
        1.3 代替テクノロジ
        1.4 Webサーバの設定

2章      HTTP(Hypertext Transfer Protocol)
        2.1 URL
        2.2 HTTP
        2.3 ブラウザリクエスト
        2.4 サーバレスポンス
        2.5 プロキシ
        2.6 コンテンツネゴシエーション
        2.7 概要

3章      CGI(Common Gateway Interface)
        3.1 CGI環境
        3.2 環境変数
        3.3 CGIの出力
        3.4 コード例

4章      フォームとCGI
        4.1 サーバへの データ送信
        4.2 フォーム関係のタグ
        4.3 フォーム入力のデコード

5章      CGI.pm
        5.1 概要
        5.2 CGI.pmでの入力処理
        5.3 CGI.pmでの出力生成
        5.4 出力生成の代替手段
        5.5 エラー処理

6章      HTMLテンプレート
        6.1 なぜテンプレートを使うのか
        6.2 SSI(Server Side Include)
        6.3 HTML::Template
        6.4 Embperl
        6.5 Mason

7章      JavaScript
        7.1 背景
        7.2 フォーム
        7.3 データ交換
        7.4 Bookmarklet

8章      セキュリティ
        8.1 Webセキュリティの重要性
        8.2 ユーザ入力の処理
        8.3 暗号化
        8.4 Perlの汚染モード
        8.5 データのアクセス
        8.6 まとめ

9章      電子メールの送信
        9.1 セキュリティ
        9.2 電子メールアドレス
        9.3 インターネット電子メールの構造
        9.4 sendmail
        9.5 mailxとmail
        9.6 Perlメーラ
        9.7 procmail

10章     データの保存
        10.1 テキストファイル
        10.2 DBMファイル
        10.3 SQLの概要
        10.4 DBI

11章     ステートの保持
        11.1 クエリ文字列とパス情報
        11.2 隠しフィールド
        11.3 クライアントサイドのクッキー

12章     Webサーバ内の検索
        12.1 単純な検索
        12.2 単純な検索(その2)
        12.3 逆引きインデックス検索

13章     グラフィックの動的な生成
        13.1 ファイルフォーマット
        13.2 画像データの出力
        13.3 GDでPNGを生成する
        13.4 その他のGDモジュール
        13.5 PerlMagick

14章     ミドルウェアとXML
        14.1 ほかのサーバとの通信
        14.2 XMLの概要
        14.3 DTD(文書型定義)
        14.4 XMLパーサを開発する
        14.5 XMLミドルウェアへのCGIゲートウェイ

15章     CGIアプリケーションのデバッグ
        15.1 一般的なエラー
        15.2 Perlでのコーディングのコツ
        15.3 デバッグツール

16章     優れたCGIアプリケーションを作成するために
        16.1 アーキテクチャに関するガイドライン
        16.2 コーディングに関するガイドライン

17章     効率と最適化
        17.1 10のPerl Tips 
        17.2 FastCGI
        17.3 mod_perl

付録A     引用文献および参考文献
A1 参考文献
A2 補足資料
A3 RFC
A4 その他の仕様
A5 プロジェクトのホームページ
A6 ニュースグループ

付録B     Perlモジュール
B1 CPAN
B2 perldoc

付録C     日本語の取り扱いに関する注意点
C1 Content-Typeの指定
C2 perlコードのエンコーディング
C3 Jcode.pm
C4 メール送信

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]