Delphiクイックリファレンス

[cover photo]
  • 2001年05月 発行
  • 808ページ
  • ISBN4-87311-040-8
  • 原書: Delphi in a Nutshell
  • フォーマット

この商品は品切れ再入荷未定です

Delphi Pascalについての完全なリファレンスマニュアルです。Delphi Pascalのすべての言語要素を説明するとともに、それらを効果的に使用するうえでのポイントを解説しています。1章〜4章でDelphiを効果的に使用するための情報を提供し、5章以降を言語リファレンスとしています。1章〜4章は、特にDelphi初心者には熟読してほしい内容です。経験豊かなDelphiプログラマであれば、言語リファレンスとして本書は役立ちます。

訳者まえがき
はじめに

1章 Delphi Pascal
        1.1 ユニット
                1.1.1 フォームとファイル
                1.1.2 インターフェイスと実装の分離
                1.1.3 初期化部と終了処理部
                1.1.4 SystemおよびSysInitユニット
        1.2 プログラム
        1.3 ライブラリ
                1.3.1 動的メモリの利用
                1.3.2 オブジェクトの共有
                1.3.3 イメージベースの設定
        1.4 パッケージ
                1.4.1 設計時と実行時
                1.4.2 パッケージの構築
        1.5 データ型
                1.5.1 整数型
                1.5.2 実数型
                1.5.3 配列
                1.5.4 文字列
                1.5.5 論理型
                1.5.6 バリアント型
                1.5.7 ポインタ
                1.5.8 関数ポインタとメソッドポインタ
                1.5.9 型宣言
        1.6 変数と定数
                1.6.1 型付き定数
                1.6.2 スレッド変数
        1.7 例外処理
        1.8 ファイル入出力
        1.9 関数と手続き
                1.9.1 オーバーロード
                1.9.2 デフォルトのパラメータ
                1.9.3 Result変数

2章 Delphiのオブジェクトモデル
        2.1 クラスとオブジェクト
                2.1.1 クラス
                2.1.2 オブジェクト
                2.1.3 継承
                2.1.4 フィールド
                2.1.5 メソッド
                2.1.6 コンストラクタ
                2.1.7 デストラクタ
                2.1.8 オブジェクトの存続期間
                2.1.9 アクセスレベル
                2.1.10 プロパティ
        2.2 インターフェイス
        2.3 参照カウント
        2.4 メッセージ
        2.5 メモリ管理
        2.6 古いタイプのオブジェクト型

3章 実行時型情報
        3.1 仮想メソッドテーブル
        3.2 パブリッシュ宣言
                3.2.1 パブリッシュメソッド
                3.2.2 パブリッシュフィールドとフィールド型
                3.2.3 パブリッシュプロパティ
        3.3 TypInfoユニット
                3.3.1 型データ
                3.3.2 パブリッシュプロパティ
        3.4 仮想メソッドと動的メソッド
        3.5 初期化部と終了処理部
        3.6 自動化メソッド
        3.7 インターフェイス
        3.8 RTTIを探検する

4章 コンカレントプログラミング
        4.1 スレッドとプロセス
                4.1.1 スケジューリングと状態
                4.1.2 スレッドの同期
                4.1.3 例外
                4.1.4 デッドロック
                4.1.5 マルチスレッドプログラミング
        4.2 TThreadクラス
        4.3 BeginThreadとEndThread関数
        4.4 スレッドローカルストレージ
        4.5 プロセス
        4.6 フューチャー

5章 言語リファレンス

6章 システム定数
        6.1 バリアント型コード
        6.2 オープン配列型
        6.3 仮想メソッドテーブルのオフセット
        6.4 実行時エラーコード

7章 演算子
        7.1 単項演算子
        7.2 乗除演算子
        7.3 加減演算子
        7.4 関係演算子

8章 コンパイラ指令

付録A コマンドラインツール
付録B SysUtilsユニット
B.1 エラーと例外
        B.1.1 例外クラス
        B.1.2 エラー処理のサポート
B.2 ファイル管理
        B.2.1 ファイルの入出力
        B.2.2 ファイルの管理
        B.2.3 ディレクトリの管理
        B.2.4 ディスクの管理
        B.2.5 ファイル名の操作
B.3 文字列操作
        B.3.1 ANSI文字列関数
        B.3.2 PChar操作関数
        B.3.3 旧式の文字列サブルーチン
B.4 数値変換
B.5 日付と時刻
B.6 ローカライズ
B.7 モジュール
B.8 Windows
B.9 その他

索 引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]