ASPクイックリファレンス

[cover photo]
  • 2000年05月 発行
  • 560ページ
  • ISBN4-87311-015-7
  • フォーマット
  • 原書: ASP in a Nutshell

この商品は品切れ再入荷未定です

今日のインターネットの隆盛は、簡単な操作で多くの情報を得られることが受けたのでしょう。そして使用者が増えれば情報の質も変化するのは当然です。より高度な情報を望めば情報を送る仕組みは複雑化します。そこで高度な情報も容易に求められる仕組みが望まれるようになります。ASP(Active Server Pages)とは、まさしくそうした要求から生まれた技術です。本書はASPの単なるリファレンスではなく、豊富なサンプルコードで安易に理解できるよう工夫されています。

監訳者まえがき
はじめに

・部 ASP概説

1章 ASPについて
        1.1 静的なインターネット 
        1.2 動的なインターネット その1:CGIアプリケーション
        1.3 動的なインターネット その2:ISAPI
        1.4 ASPとASP 2.0
        1.5 ASP:デモンストレーション
        1.6 ASPのオブジェクトモデル
2章 ASP:サーバサイドスクリプティング 
        2.1 クライアントサイドスクリプティング 
        2.2 サーバサイドスクリプティング 
        2.3 ASP関数 
        2.4 複数のスクリプト言語   
3章 ASPの拡張        

・部 オブジェクトリファレンス

4章 Applicationオブジェクト 
        4.1 コメント/トラブルシューティング 
        4.2 コレクションリファレンス 
                4.2.1 Contents 
                4.2.2 StaticObjects 
        4.3     メソッドリファレンス 
                4.3.1 Lock 
                4.3.2 Unlock 
        4.4     イベントリファレンス 
                4.4.1 OnEnd 
                4.4.2 OnStart 
5章 ObjectContextオブジェクト 
        5.1     コメント/トラブルシューティング 
        5.2     メソッドリファレンス 
                5.2.1 SetAbort 
                5.2.2 SetComplete 
        5.3     イベントリファレンス 
                5.3.1 OnTransactionAbort 
                5.3.2 OnTransactionCommit 
6章 Requestオブジェクト 
        6.1     HTTPの仕組み 
                6.1.1 HTTP:簡単な例題        
                6.1.2 HTTPリクエストタイプ       
                6.1.3 フォームのサブミット         
                6.1.4 HTTPリクエストとレスポンス 
                6.1.5 HTTPリクエストとASP Requestオブジェクト 
        6.2     ASPのRequestオブジェクト        
        6.3     コメント/トラブルシューティング 
        6.4     プロパティリファレンス 
                6.4.1 TotalBytes         
        6.5     コレクションリファレンス 
                6.5.1 ClientCertificate 
                6.5.2 Cookies   
                6.5.3 Form      
                6.5.4 QueryString
                6.5.5 ServerVariables 
        6.6     メソッドリファレンス       
                6.6.1 BinaryRead         
7章 Responseオブジェクト        
        7.1     コメント/トラブルシューティング 
        7.2     プロパティリファレンス 
                7.2.1 Buffer 
                7.2.2 CacheControl 
                7.2.3 Charset 
                7.2.4 ContentType 
                7.2.5 Expires 
                7.2.6 ExpiresAbsolute 
                7.2.7 IsClientConnected 
                7.2.8 PICS 
                7.2.9 Status 
        7.3     コレクションリファレンス 
                7.3.1 Cookies 
        7.4     メソッドリファレンス 
                7.4.1 AddHeader          
                7.4.2 AppendToLog 
                7.4.3 BinaryWrite
                7.4.4 Clear      
                7.4.5 End        
                7.4.6 Flush      
                7.4.7 Redirect   
                7.4.8 Write      
8章 Serverオブジェクト          
        8.1 コメント/トラブルシューティング 
        8.2     プロパティリファレンス 
                8.2.1 ScriptTimeout      
        8.3     メソッドリファレンス 
                8.3.1 CreateObject      
                8.3.2 HTMLEncode 
                8.3.3 MapPath 
                8.3.4 URLEncode 
9章 Sessionオブジェクト        
        9.1     コメント/トラブルシューティング         
        9.2     プロパティリファレンス      
                9.2.1 CodePage   
                9.2.2 LCID      
                9.2.3 SessionID          
                9.2.4 Timeout    
        9.3     コレクションリファレンス     
                9.3.1 Contents   
                9.3.2 StaticObjects 
        9.4     メソッドリファレンス       
                9.4.1 Abandon 
        9.5     イベントリファレンス       
                9.5.1 Session_OnEnd      
                9.5.2 Session_OnStart 
10章     プリプロセッシングディレクティブ/サーバサイドインクルード/GLOBAL.ASA 
        10.1    プリプロセッシングディレクティブ 
                10.1.1 コメント/トラブルシューティング 
        10.2    プリプロセッシングディレクティブリファレンス 
                10.2.1 CODEPAGE 
                10.2.2 ENABLESESSIONSTATE 
                10.2.3 LANGUAGE 
                10.2.4 LCID      
                10.2.5 TRANSACTION      
        10.3    サーバサイドインクルード 
                10.3.1  コメント/トラブルシューティング 
        10.4    #include        
        10.5    GLOBAL.ASA 
                10.5.1  コメント/トラブルシューティング 
        10.6    GLOBAL.ASAリファレンス        
                10.6.1  Applicationオブジェクトイベントとアプリケーションスコープ 
                10.6.2  Sessionオブジェクトイベントとセッションスコープ     
                10.6.3  タイプライブラリ宣言 

・部      インストール可能なコンポーネントリファレンス  

11章     ActiveXデータオブジェクト 1.5 
        11.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル 
                11.1.1 msado15.dll 
                11.1.2 adovbs.inc        
        11.2    ActiveXデータオブジェクトのインスタンス化 
        11.3    コメント/トラブルシューティング 
        11.4    オブジェクトモデル 
                11.4.1 Command   
                11.4.2 Connection 
                11.4.3 Error 
                11.4.4 Field 
                11.4.5 Parameter         
                11.4.6 Property          
                11.4.7 Recordset        
        11.5    プロパティリファレンス      
                11.5.1  AbsolutePosition(Recordsetオブジェクト) 
                11.5.2  ActiveConnection(Command、Recordsetオブジェクト) 
                11.5.3  BOF(Recordsetオブジェクト) 
                11.5.4  CommandText(Commandオブジェクト) 
                11.5.5  CommandTimeout(Command、Connectionオブジェクト)         
                11.5.6  CommandType(Commandオブジェクト) 
                11.5.7  ConnectionString(Connectionオブジェクト) 
                11.5.8  ConnectionTimeout(Connectionオブジェクト) 
                11.5.9  CursorType(Recordsetオブジェクト)      
                11.5.10 Description(Errorオブジェクト) 
                11.5.11 EOF(Recordsetオブジェクト) 
                11.5.12 Filter(Recordsetオブジェクト) 
                11.5.13 MaxRecords(Recordsetオブジェクト)      
                11.5.14 Name(Command、Field、Parameter、Propertyオブジェクト) 
                11.5.15 Number(Errorオブジェクト)      
                11.5.16 RecordCount(Recordsetオブジェクト) 
                11.5.17 Source(Errorオブジェクト) 
                11.5.18 Source(Recordsetオブジェクト) 
        11.6 コレクションリファレンス 
                11.6.1  Errors 
        11.7 メソッドリファレンス 
                11.7.1  AddNew(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.2  Clone(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.3  Close(Connectionオブジェクト、Recordsetオブジェクト) 
                11.7.4  Delete(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.5  Execute(Commandオブジェクト) 
                11.7.6  Execute(Connectionオブジェクト) 
                11.7.7  Move(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.8  MoveFirst、MoveLast、MoveNext、MovePrevious(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.9  NextRecordset(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.10 Open(Connectionオブジェクト) 
                11.7.11 Open(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.12 Requery(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.13 Resync(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.14 Supports(Recordsetオブジェクト) 
                11.7.15 Update(Recordsetオブジェクト) 
12章     Ad Rotatorコンポーネント 
        12.1 アクセサリファイル/必須DLLファイル 
                12.1.1  Adrot.dll       
                12.1.2  リダイレクションファイル 
                12.1.3  ローテータスケジュールファイル 
        12.2    Ad Rotatorコンポーネントのインスタンス化 
        12.3    コメント/トラブルシューティング 
        12.4    プロパティリファレンス 
                12.4.1  Border   
                12.4.2  Clickable        
                12.4.3  TargetFrame 
        12.5    メソッドリファレンス 
                12.5.1  GetAdvertisement 
        12.6    Ad Rotatorコンポーネントの例 
13章     Browser Capabilitiesコンポーネント 
        13.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル 
                13.1.1  BrowsCap.dll 
                13.1.2  BrowsCap.ini 
        13.2    Browser Capabilitiesコンポーネントのインスタンス化 
        13.3    コメント/トラブルシューティング 
        13.4    プロパティリファレンス 
                13.4.1  PropertyName(カスタマイズ可能) 
14章     Windows NTサーバのコラボレーション
        データオブジェクト        
        14.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル      
                14.1.1  Cdonts.DLL 
        14.2    CDONTSのインスタンス化 
        14.3    コメント/トラブルシューティング 
        14.4    CDOオブジェクトモデル 
                14.4.1  共通プロパティ 
                14.4.2  AddressEntryオブジェクト 
                14.4.3  Attachmentオブジェクト 
                14.4.4  Attachmentsコレクション 
                14.4.5  Folderオブジェクト    
                14.4.6  Messageオブジェクト   
                14.4.7  Messagesコレクション  
                14.4.8  NewMailオブジェクト 
                14.4.9  Recipientオブジェクト 
                14.4.10 Recipientsコレクション        
                14.4.11 Sessionオブジェクト 
        14.5    プロパティリファレンス 
                14.5.1  Bcc 
                14.5.2  Body 
                14.5.3  BodyFormat       
                14.5.4  Cc       
                14.5.5  ContentBase 
                14.5.6  ContentLocation          
                14.5.7  From    
                14.5.8  Importance       
                14.5.9  MailFormat 
                14.5.10 Subject          
                14.5.11 To       
                14.5.12 Value   
                14.5.13 Version         
        14.6 メソッドリファレンス          
                14.6.1 AttachFile        
                14.6.2 AttachURL        
                14.6.3 Send(NewMail Object) 
                14.6.4 SetLocaleIDs 
15章     Content Linkingコンポーネント 
        15.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル      
                15.1.1 Nextlink.DLL     
                15.1.2 Content Linkingリスト 
        15.2    Content Linkingコンポーネントのインスタンス化   
        15.3    コメント/トラブルシューティング 
        15.4    メソッドリファレンス 
                15.4.1 GetListCount     
                15.4.2 GetListIndex     
                15.4.3 GetNextDescription        
                15.4.4 GetNextURL 
                15.4.5 GetNthDescription         
                15.4.6 GetNthURL 
                15.4.7 GetPreviousDescription 
                15.4.8 GetPreviousURL 
        15.5    Content Linkingコンポーネントの例 
16章     Content Rotatorコンポーネント 
        16.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル      
                16.1.1 Controt.DLL 
                16.1.2 コンテンツスケジュールファイル 
        16.2    Content Rotatorコンポーネントのインスタンス化 
        16.3    コメント/トラブルシューティング 
        16.4    メソッドリファレンス 
                16.4.1 ChooseContent 
                16.4.2 GetAllContent 
17章     Countersコンポーネント 
        17.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル 
                17.1.1 Counters.DLL 
                17.1.2 Counters.TXT 
        17.2    Countersコンポーネントのインスタンス化 
        17.3    コメント/トラブルシューティング 
        17.4    メソッドリファレンス 
                17.4.1 Get 
                17.4.2 Increment        
                17.4.3 Remove    
                17.4.4 Set 
18章     File Accessコンポーネント 
        18.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル      
                18.1.1 Scrrun.DLL 
        18.2    インストール可能なコンポーネントのインスタンス化 
        18.3    コメント/トラブルシューティング 
        18.4    オブジェクトモデル 
                18.4.1 Driveオブジェクト 
                18.4.2 Drivesコレクション 
                18.4.3 Fileオブジェクト        
                18.4.4 Filesコレクション       
                18.4.5 FileSystemObjectオブジェクト 
                18.4.6 Folderオブジェクト 
                18.4.7 Foldersコレクション 
                18.4.8 TextStreamオブジェクト 
        18.5    プロパティリファレンス 
                18.5.1  AtEndOfLine 
                18.5.2  AtEndOfStream(FileSystemObjectオブジェクト) 
                18.5.3  Attributes(Fileオブジェクト、Folderオブジェクト)     
                18.5.4  AvailableSpace(Driveオブジェクト) 
                18.5.5  DateCreated(Fileオブジェクト、Folderオブジェクト)    
                18.5.6  Drive(Fileオブジェクト、Folderオブジェクト) 
                18.5.7  FileSystem(Driveオブジェクト) 
                18.5.8  IsReady(Driveオブジェクト)     
                18.5.9  IsRootFolder(Folderオブジェクト) 
                18.5.10 ParentFolder(Fileオブジェクト、Folderオブジェクト) 
        18.6    メソッドリファレンス 
                18.6.1  Close(TextStreamオブジェクト) 
                18.6.2  Copy(Fileオブジェクト、Folderオブジェクト) 
                18.6.3  CopyFolder(FileSystemObjectオブジェクト) 
                18.6.4  CreateFolder(FileSystemObjectオブジェクト)    
                18.6.5  Delete(Fileオブジェクト、Folderオブジェクト) 
                18.6.6  GetBaseName(FileSystemObjectオブジェクト)      
                18.6.7  GetParentFolderName(FileSystemObjectオブジェクト)      
                18.6.8  GetSpecialFolder(FileSystemObjectオブジェクト) 
                18.6.9  MoveFolder(FileSystemObjectオブジェクト) 
                18.6.10 OpenAsTextStream(Fileオブジェクト) 
                18.6.11 ReadLine(TextStreamオブジェクト)       
                18.6.12 Write(TextStreamオブジェクト) 
                18.6.13 WriteLine(TextStreamオブジェクト) 
19章     MyInfoコンポーネント 
        19.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル 
                19.1.1  myinfo.dll      
                19.1.2  myinfo.xml 
        19.2    コメント/トラブルシューティング 
        19.3    プロパティリファレンス 
                19.3.1  すべてのプロパティ 
20章     Page Counterコンポーネント 
        20.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル      
                20.1.1 pagecnt.dll 
                20.1.2 ヒットカウンタデータファイル 
        20.2    Page Counterコンポーネントの インスタンス化     
        20.3    コメント/トラブルシューティング 
        20.4    メソッドリファレンス       
                20.4.1 Hits 
                20.4.2 Reset    
21章     Permission Checkerコンポーネント 
        21.1    アクセサリファイル/必須DLLファイル 
                21.1.1 permchk.dll 
        21.2    Permission Checkerのインスタンス化       
        21.3    コメント/トラブルシューティング         
        21.4    メソッドリファレンス 
                21.4.1 HasAccess

・部      付 録      
付録A     CGI/WinCGIアプリケーションのASPアプリケーションへの変換 
        A.1     CGIアプリケーション 
        A.2     Perl CGIスクリプト 
        A.3     Visual Basic CGIアプリケーション 
        A.4     ASPアプリケーション 
        A.5     環境変数の変換 
付録B     ASPが利用できる他のプラットフォーム 
        B.1     Chili!Soft ASP 
                B.1.1 コメント 
                B.1.2 連絡先 
        B.2     iASP(Instant ASP) 
                B.2.1 コメント 
                B.2.2 連絡先 
        B.3     OpenASP 
                B.3.1  コメント 
                B.3.2  連絡先 
付録C     IISでのASPアプリケーションの構成     
        C.1     マイクロソフト管理コンソールとメタベース 
        C.2     ASPアプリケーションの構成 
付録D     付録CD-ROMについて 
        D.1     付録CD-ROMの使い方 
索 引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]