『HBase』著者Lars George氏 来日特別セミナーを開催します!

Sales
2012/09/18 11:10
hbase_event.jpg
今やビッグデータのランダムアクセス系処理に欠かせない技術となったHBase。導入する企業や組織が続々と増える中、現場では運用や設定を行う上でのまとまった知識が求められています。
オライリー・ジャパンでは今年7月、日本語のものとしては初のHBase総合解説書となる『HBase』(Lars George 著、Sky株式会社 玉川 竜司 訳 全584ページ)を刊行いたしました。同書では、クライアントAPI(高度な機能・管理機能)、Hadoopとの結合、アーキテクチャといった開発に関わる事項や、クラスタのモニタリング、パフォーマンスチューニング、管理といった運用の方法を、豊富なサンプルとともに解説。この日本語版ではさらに、AWS Elastic MapReduceについての付録を独自に追加するなど、より実践的な内容となっており、読者から高い評価を得ています。
著者のLars George 氏は、2007年からHBaseに深く関わり始め、2009年にはフルタイムのコミッタに就任。現在はCloudera社に所属し、ヨーロッパ圏でのHadoopとHBaseのサポートを担当。テクニカルサポート、コンサルティング業務、トレーニングなどを行われている、まさにHBaseのプロフェッショナルです。
この度、Cloudera株式会社様とともに、Lars George 氏を日本に招聘し、特別セミナーを開催いたします。プロフェッショナルとしての視点からみるHBaseをめぐる現在およびこれからの技術動向、著者としての視点からみる書籍『HBase』の読みどころなどをLars George 氏より直接聞くことができる貴重な機会です。
みなさまふるってのご参加をお待ちしております。
参加無料、現在お申し込み受付中です。
以下のページよりお申し込みください。
[書籍『HBase』刊行記念 著者Lars George氏 来日特別セミナー]
■開催概要
「書籍『HBase』刊行記念 著者Lars George氏 来日特別セミナー」
日時:2012年10月12日
場所:ベルサール神保町
主催:Cloudera株式会社、株式会社オライリー・ジャパン
■プログラム
18:30 受付開始
19:00 開演ご挨拶とLars George 氏紹介
19:10 大規模分散データベースHBaseの活用と最新動向
    ~『HBase』著者 Cloudera社 Lars George 氏(逐次通訳付)~
20:10 『HBase』書籍の読みどころ、翻訳うらばなし
    ~『HBase』翻訳者 Sky株式会社 玉川竜司 氏~
20:35 Cloudera UniversityとHBase認定試験
    ~Cloudera株式会社 川崎達夫 氏~
20:50 Lars George 氏サイン会(書籍を購入/持参の方)
21:10 閉会

Bookfair

O'Reilly Japanのセレクションフェア、全国の書店さんで開催
[ブックフェアのページへ]

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]