2月新刊情報『実践 自然言語処理』

editor
2022/01/07 10:00
cover image

『実践 自然言語処理 ―実世界NLPアプリケーション開発のベストプラクティス』

  • Sowmya Vajjala, Bodhisattwa Majumder, Anuj Gupta, Harshit Surana 著、中山 光樹 訳
  • 2022年2月4日発売予定
  • 464ページ(予定)
  • ISBN978-4-87311-972-4
  • 定価4,400円(税込)

自然言語処理(Natural Language Processing:NLP)の本格的な実践書。過去10年間で起きたブレークスルーにより、NLPは小売、医療、金融、法律など、さまざまな分野での利用が増えてきました。急速に利用が拡大する中で、産業界でNLPを使ったシステムを構築するのに必要な知識を学べる講座や書籍は不足していました。本書を読むことで、NLPの要素技術やSNS、Eコマース、医療、金融といった具体的なビジネスへの適用方法に加えて、NLPシステムを開発するためのベストプラクティスを詳しく学べます。


本書の表紙を飾っているのは、オオハナインコです。オセアニアの低地熱帯雨林が原産で、オーストラリア北東部からモルッカ諸島まで分布しています。インドネシアやニューギニアでは何世紀にもわたって家畜として飼われており、その羽毛は鳥との立場や親族関係を伝えるための凝った頭飾りに使われています。オスは鮮やかな緑色で、翼の下に赤と青が入っており、メスは冠が赤く、胸が紫がかった青色をしています。オウム科の中ではもっとも性的に二形性のある種であり、初期の生物学者は彼らを別の種として分類したほどです。また、他のオウム類と異なる点は、多夫多妻制であることです。これにより、メスは複数のオスに頼って餌を探すことができるため、最大11か月間安全に巣を作ることができます。オオハナインコは大規模な個体群が残っています。


全国の有名書店、Amazon.co.jpにて予約受付中です。

Bookfair

O'Reilly Japanのセレクションフェア、全国の書店さんで開催
[ブックフェアのページへ]

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]