10月新刊情報『生成 Deep Learning』

editor
2020/09/09 10:00

『生成 Deep Learning ―絵を描き、物語や音楽を作り、ゲームをプレイする』

  • David Foster 著、松田 晃一、小沼 千絵 訳
  • 2020年10月5日発売予定
  • 384ページ
  • ISBN978-4-87311-920-5
  • 定価4,180円(税込)

生成型ディープラーニングの解説書。「絵を描く」「曲を作る」といった、これまで人間にしかできないと思われていた創造的な作業を機械に行わせるという、いま最もホットな技術の基礎から応用までをJupyterノートブック環境で実際に試しながら学びます。第I部は基礎編です。機械学習プログラミング、変分オートエンコーダ、GANやRNNなど、生成モデルの作成において重要な基礎技術を学びます。第II部は応用編です。CycleGAN、エンコーダ―デコーダモデル、MuseGANなどのモデルを作成し、作画、作文、作曲といった創造的なタスクに取り組みます。さらには、実環境を用いずにゲームプレイの学習を可能にする、世界モデルを使った強化学習にも取り組みます。


本書のカバーの動物は、アカオウロコインコ(Pyrrhura picta)です。オウム目インコ科ウロコメキシコインコ属に分類される鳥です。その亜科に西半球に生息するコンゴウインコやインコがいます。アカオウロコインコは、南米北東部の海岸林や山に生息します。

明るい緑の羽がアカオウロコインコのほとんどの部分を覆っていますが、くちばしの上は青く、顔は茶色、胸と尻尾はやや赤い色をしています。最も印象的なのは、アカオウロコインコの首の羽は鱗のように見え、茶色の中心部は灰色がかった白で縁取られています。このような色の組み合わせが熱帯雨林の中で鳥をカムフラージュしています。

アカオウロコインコは林冠の中で餌をとる傾向にあります。ここでは、緑の羽毛が彼らをうまく隠してくれます。彼らは、5~12羽の鳥で群れを形成し、さまざまな果物や種、花を食べて回ります。時折、林冠の下で餌をとっているときは、アカオウロコインコは森の水のたまった場所から藻をとって食べます。約23cmの大きさにまで成長し、13~15年くらい生きます。アカオウロコインコの子供の爪は、通常は、5つの卵の周りにあり、羽化するときには2.5cmより短くなります。


全国の有名書店、Amazon.co.jpにて予約受付中です。

Bookfair

O'Reilly Japanのセレクションフェア、全国の書店さんで開催
[ブックフェアのページへ]

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]