JSON形式による書誌情報の提供をはじめました

O'Reilly Japan
2010/11/24 18:00

O'Reilly Japan Ebook Store」サイトのオープンからもうすぐ2年経過します。販売タイトルも、当初はわずか20タイトルほどだったのですが、現在では160タイトルほどになり、カタログに掲載されている書籍の半分弱くらいになっています。

ところでこのEbook、ご購入後にサイトからダウンロードしていただくと、ファイル名が「<16進数の羅列>-<書籍のISBN>.pdf」という形式になっています。もちろん変更はできるのですが、そのまま電子書籍リーダーなどに読み込むと、画面が英数字の羅列だらけになってしまいます。

かく言う私たちも、イベント出展にサンプルのEbookを持って行くことがあるのですが、イベント会場でISBNだけがズラ―っと並んだ画面をお見せするのをとても心苦しく思っていました。

以前は手作業でファイル名を変更していたのですが、100タイトルを超えた辺りで心が折れました。Amazon APIを使って書名を取得すればいいことは分かっていたのですが、発行元がそれをしてしまったら負けな気がします。

そこでWebサイトの書誌情報を以下のようなURLで取得できるように、テンプレートを1つ追加しました。ファイル名をご覧いただくと分かるように、簡単な書誌情報をJSON形式でご提供しています。

https://www.oreilly.co.jp/books/9784873114569/biblio.json

Bookfair

O'Reilly Japanのセレクションフェア、全国の書店さんで開催
[ブックフェアのページへ]

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]