Making Things See
――KinectとProcessingではじめる3Dプログラミング

[cover photo]
  • 2013年03月 発行
  • 456ページ
  • ISBN978-4-87311-611-2
  • フォーマット Print PDF
  • 原書: Making Things See

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価3,888円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格3,110円

本書は、MicrosoftのKinectと、オープンソースのプログラミング言語Processingを使ってインタラクティブなアプリケーションを作成するための書籍です。3Dのデータを扱ったことのない読者を対象に、距離情報の処理、ポイントクラウドの解析と操作、人体の関節の動きの追跡、ポーズやジェスチャーの検出などについて、豊富なサンプルコードを使って解説を行います。さらに、3Dプリンティングのためのデータやジェスチャーでコントロールするロボットアームの作成など、作品の可能性を大きく広げる情報も紹介します。Kinectを活用して多彩な作品を生み出してきたアーティストへのインタビューも掲載しました。
※本書の解説内容は「Xbox 360 Kinect センサー」に対応しています。Kinect for Windows センサー には対応していません。

関連書籍

Processingをはじめよう 第2版

はじめに

1章 Kinectとは何か
     Kinectの動作と生い立ち
     Kinectのアーティストたち

2章 距離画像の取り扱い
     画像とピクセル
     PROJECT 1:SimpleOpenNI Processingライブラリのインストール
     PROJECT 2:最初のKinectプログラム
     PROJECT 3:ピクセルを調べる
     現実世界の距離への変換
     PROJECT 4:ワイヤレス巻尺
     PROJECT 5:最も近い物体を追跡する
     プロジェクト
     PROJECT 6:インビジブル・ペンシル
     PROJECT 7:『マイノリティ・リポート』写真
     練習問題

3章 ポイントクラウドの取り扱い
     この章で学ぶ内容
      3次元の世界へようこそ
     最初のポイントクラウドの描画
     ポイントクラウドの作成
     ポイントクラウドをカラーで見る
     ポイントクラウドをインタラクティブにする
     プロジェクト
     PROJECT 8:エアドラムキット
     PROJECT 9:バーチャル Kinect
     結論


4章 スケルトンデータの取り扱い
     キャリブレーションに関する注意点
     キャリブレーションプロセスの段階
     ユーザー検出
     関節の位置を入手する
     スケルトンの解剖学講座
     2つの関節の間の距離を測定する
     3次元での向きを移し替える
     背景除去 、ユーザーピクセル、そしてシーンマップ
     キャリブレーションを必要としない追跡:手の追跡と重心
     プロジェクト
     PROJECT 10:エクササイズの測定
     PROJECT 11:「ステイン・アライヴ」ダンスでMP3をトリガーする
     結論

5章 ファブリケーションのためのスキャン
     Modelbuilder入門
     MeshLab入門
     Kinectデータからメッシュを作成する
     最初のスキャン結果を観察する
     メッシュのクリーンアップ
     修正されたモデルの観察
     3Dプリントの準備
     MeshLabでポリゴンを減らす
     MakerBotでモデルを3Dプリントする
     Shapewaysへモデルを送る
     結論:プリントの比較


6章 ロボット工学への応用
     順運動学
     逆運動学
     結論

7章 結論
     Processing以外のフレームワークと言語
     3Dプログラミングに関して学ぶべきトピックス
     プロジェクトのアイディア

付録
監修者あとがき
索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]