Processingをはじめよう 第2版

[cover photo]
オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価2,160円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格1,728円

Processingは、イメージ、アニメーション、インタラクティブなグラフィックスをプログラムするためのオープンソースのプログラミング言語です。すぐに結果が確認できることから、プログラミング入門として優れています。開発者自身が執筆した本書では、シンプルな図形の描画にはじまり、変形、インタラクティブな動き、関数を使ったプログラム、さらにArduinoを使ったセンサーのデータの可視化まで、わかりやすく順を追って解説します。日本語版では付録としてクイックリファレンスを掲載。第2版では、Processing 3.Xに対応し、データビジュアライゼーションの章などが追加されました。

関連書籍

Arduinoをはじめよう 第3版
Making Things See
Prototyping Lab 第2版
Raspberry Piをはじめよう
ビジュアライジング・データ

はじめに

1. ようこそ Processingへ
    スケッチングとプロトタイピング
    柔軟性
    巨匠たち
    家系図
    コミュニティ

2. コードを書いてみよう
    最初のプログラム
    メニューによる実行と停止
    スケッチの保存と新規作成
    シェアしよう
    例とリファレンス

3. 描く
    ウィンドウを開く
    基本的な図形
    描画の順序
    図形の性質
    描画モード
    色
    形を作る
    コメント
    Robot 1: Draw

4. 変数
    最初の変数
    変数の作成
    変数の処理
    変数と計算
    繰り返し
    Robot 2: Variables

5. 反応
    繰り返される drawと一度だけの setup
    追いかける
    クリック
    カーソルの位置
    キーボードからの入力
    マッピング
    Robot 3: Response

6. 移動、回転、伸縮
    座標移動の基礎
    回転
    伸縮
    PushとPop
    Robot 4: Translate, Rotate, Scale

7. メディア
    画像
    フォント
    ベクタ画像
    Robot 5: Media

8. 動き
    フレーム
    スピードと方向
    2点間の移動
    乱数
    タイマー
    円運動
    Robot 6: Motion

9. 関数
    関数の基礎
    関数を作る
    値を返す
    Robot 7: Functions

10. オブジェクト
    フィールドとメソッド
    クラスを定義する
    オブジェクトの生成
    タブ機能
    Robot 8: Objects

11. 配列
    変数から配列へ
    配列の作り方
    配列と繰り返し
    オブジェクトの配列
    Robot 9: Arreys

12. データ
    データ構造
    Tableクラスと表
    JSON
    インターネット上のデータとAPI
    Robot10: Data

13. 拡張
    サウンド
    画像や PDFの保存
    Arduinoへようこそ

付録A コーディングの心得

付録B デバッガ

Processingクイックリファレンス
    基本的な関数
    スケッチの情報
    変数のスコープ
    データ型
    値の変換
    演算子の優先順位
    算術関数
    三角関数
    乱数
    文字列の処理
    条件分岐と繰り返し
     2次元図形
    バーテックス
    座標変換
    色
    描画時の属性
    画像
    ベクタ画像
    文字の出力
    フレームの保存
    マウス
    キーボード
    コンソール出力

索引
訳者あとがき

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]