Make: Electronics
――作ってわかる電気と電子回路の基礎

[cover photo]
  • 2010年11月 発行
  • 344ページ
  • ISBN978-4-87311-477-4
  • フォーマット Print PDF
  • 原書: Make: Electronics

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価3,240円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格2,592円

本書は「発見による学習」というプロセスを通じて基本を学ぶ、新しい世代のためのエレクトロニクス入門書です。最初に実験または製作を行い、その後、理論を解説するという構成で、退屈になりがちな学習をより深く心に残る「体験」にします。本書で行う実験は「電気を舌で味わう」「電子部品の分解」「LEDを焼き切る」など。作例としては、侵入アラーム、反射速度計測タイマー、ロボットカートなど、エレクトロニクスの重要な要素を理解するのに最適で、実際に使えるものを取り上げました。また本書では、ホビーとしてのエレクトロニクス(電子工作)を楽しむための実践的なアドバイス、さまざまな法則や電子部品にまつわる数多くのコラムも多数掲載。入門者にかぎらず、中・上級者にも新たな発見があることでしょう。

関連書籍

Mad Science
Make: Technology on Your Time Volume 01
Make: Technology on Your Time Volume 02
Make: Technology on Your Time Volume 03
Make: Technology on Your Time Volume 04
Make: Technology on Your Time Volume 05
Make: Technology on Your Time Volume 06
Make: Technology on Your Time Volume 07
Make: Technology on Your Time Volume 08
Make: Technology on Your Time Volume 09
Make: Technology on Your Time Volume 10
Making Things Talk
Prototyping Lab 第2版

まえがき

1章 電気を体験する
	ショッピングリスト:実験1〜5
	実験1:電気を味わえ!
	実験2:電池を濫用しよう
	実験3:はじめての回路
	実験4:電圧を変える
	実験5:電池を作ろう
	[コラム]
	基礎:オーム
	背景:抵抗を発見した男
	背景:舌が熱くならなかったのはなぜか
	基礎:ボルトの基礎/アンペアの基本
	背景:電池の発明者
	基礎:直流と交流
	背景:電磁気学の父
	基礎:抵抗を解読する
	基礎:オームの法則
	基礎:直列と並列
	背景:電線はどれだけの電圧を消費するか
	背景:ワットの起源
	基礎:小数点/掛け算:ゼロ同士を足す/割り算:ゼロ同士を相殺する
	理論:舌に関する計算
	基礎:ワットの基本
	理論:電力アセスメント
	理論:電気の性質
	背景:プラスとマイナス
	理論:基本の計測単位

2章 スイッチング─基本からいろいろ
	ショッピングリスト:実験6〜11
	実験6:非常に単純なスイッチング
	実験7:LEDのリレー駆動
	実験8:リレーでオシレータ
	実験9:時間とコンデンサ
	実験10:トランジスタによるスイッチング
	実験11:モジュールプロダクト
	[コラム]
	基礎:スイッチのすべて
	基礎:スイッチのチェック
	基礎:初期のスイッチングシステム
	基礎:基本の回路図記号
	基礎:リレーの中身
	基礎:ファラッドの基本
	基礎:コンデンサの基本
	背景:マイケル・ファラデーとコンデンサ
	理論:時定数
	必須:NPN・PNPトランジスタのすべて
	背景:トランジスタの起源
	必須:トランジスタとリレー
	理論:電流を見る
	必須:プログラマブル・ユニジャンクション・トランジスタのすべて
	基礎:スピーカーの取付

3章 もう少しだけ真剣に
	ショッピングリスト:実験12〜15
	実験12:電線をつなぐ
	実験13:LEDを焼く
	実験14:燃えるような点滅
	実験15:侵入アラーム再訪
	[コラム]
	背景:ハンダ付けの神話
	ツール:ハンダ付けでよくある8つの失敗
	理論:ハンダ付けの原理
	ツール:ハンダ外し
	基礎:ユニバーサル基板のすべて
	必須:電池寿命
	背景:単位でおかしくなる
	必須:ダイオードのすべて
	必須:ユニバーサル基板のハンダ付け手順
	ツール:基板作業でもっともよくある4つの失敗
	必須:現実世界の欠陥追求

4章 チップス・アホイ!
	ショッピングリスト:実験16〜24
	実験16:パルスを放つ
	実験17:トーンをキメろ
	実験18:反射速度計測タイマー
	実験19:論理(ロジック)を学ぶ
	実験20:パワフルな組み合わせ
	実験21:早押し
	実験22:フリップとバウンス
	実験23:ナイス・ダイス
	実験24:侵入アラームの完成
	[コラム]
	基礎:チップの選び方
	背景:チップの登場
	基礎:単安定モード時の555タイマーのパルスの持続時間
	理論:インサイド555タイマー:単安定モード
	背景:タイマー誕生
	基礎:555はなぜ便利なのか/555タイマーの制限
	理論:インサイド555タイマー:無安定モード
	基礎:単安定モード時の555タイマーの周波数
	基礎:カウンタと7セグディスプレイ
	基礎:スイッチ・バウンス(チャタリング)
	基礎:555タイマーの双安定モード
	背景:ボルテージレギュレータ
	背景:ブールからシャノンへ
	必須:ロジックゲートの基本
	背景:TTLとCMOSのわかりにくい世界
	背景:ロジックゲートの基本
	基礎:一般的なパーツナンバー
	基礎:ロジックゲート時の規則
	理論:二進算法

5章 What Next?
	ショッピングリスト:実験25〜26
	ワークエリアのカスタマイズ
	リファレンスソース
	実験25:磁気
	実験26:卓上発電
	実験27:スピーカーの分解
	実験28:コイルを反応させる
	実験29:周波数ごとのフィルタリング
	実験31:ラジオあり。ハンダなし。電源なし。
	実験32:リトル・ロボット・カート
	実験33:ステップ踏んで
	実験34:ハードウェア、ソフトウェアに出会う
	実験35:現実世界を確かめる
	実験36:再訪:ロッキング
	結びに
	[コラム]
	基礎:双方向の関係232	理論:インダクタンス(誘導係数)
	基礎:コイルの基本と回路図記号
	背景:ジョゼフ・ヘンリー
	背景:スピーカーの起源
	理論:音、電気、そして音
	理論:交流の概念
	理論:波形
	背景:クリッピング
	背景:ストンプボックスの起源
	理論:ラジオの動作原理
	基礎:ABSのすべて/ABSの入手
	基礎:リミットスイッチのすべて
	基礎:モーターのすべて
	基礎:ワイヤゲージ
	理論:電圧降下の計算
	理論:ステッピングモーターの内部
	背景:プログラマブルチップの起源
	基礎:PICAXEの基本パラメータ
	基礎:特殊機能
	基礎:MCUの限界
	基礎:未探索領域

付録:オンラインに存在するショップやメーカーの一覧
	訳者あとがき
	索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]