プログラミングPerl 第3版

VOLUME 1、 VOLUME 2 共通索引

記号 A B C D E F J H I K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

記号
' (シングルクォート) 70 デリミタとしての〜と変数展開 74 !(感嘆符) !(論理否定)演算子 〜をオーバーロードする 412 !~(結合)演算子 109 パターンマッチ演算子と共に使用する 167 !=演算子(等しくない) 33,117,694 デバッガコマンド! 606 デバッガコマンド!! 606 文字集合の補集合を求める 202 論理否定演算子 107 " (ダブルクォート) 70,166 ""変換演算子、文字列化を行なう 410 formline関数の引数における〜 852 置き換え文字列(s///演算子) 176 #(シャープ) #!(shebang)記法 22,572 〜によるセキュリティ上の問題 673 クォート文字として使用 75 コメント 58 コメント文字 /xパターン修飾子と共に使用する 171 フォーマットにおける〜 272 #lineディレクティブ 731 π(パイ) 811 $(ドル記号) プロトタイプ文字 262 行境界 208 スカラーの先頭に付ける 11 スカラー変数の変数展開と〜 72 スカラー変数名 61 スカラー変数を表す〜 6 単語境界 47 デバッガ 598 パターンマッチにおける〜 174 メタキャラクタ 163,183 $変数 32 cd{$^S}($EXCEPTIONS_BEING_CAUGHT) 784 $' 214 $- ($FORMAT_LINES_LEFT) 275,277,786 $!($OS_ERROR) 32,794 〜の移植性 741 $# 89,778 $$($PROCESS_ID) 64,797 $% ($FORMAT_PAGE_NUMBER) 275,787 $& 214 $&($MATCH) 169,704,793 $( ($REAL_GROUP_ID) 798 $'($POSTMATCH) 169,704,796 $)($EFFECTIVE_GROUP_ID) 782,798 $* 778 $,($LIST_SEPARATOR) 792 $,($OUTPUT_FIELD_SEPARATOR) 795 $. 121 $.($INPUT_LINE_NUMBER) 789 $/($INPUT_RECORD_SEPARATOR) 578,789 $: ($FORMAT_LINE_BREAK_CHARACTERS) 273,786 $;($SUBSCRIPT_SEPARATOR) 91,801 $?($CHILD_ERROR) 64,94,781 $@($EVAL_ERROR) 784 $[ 778 $]($PERL_VERSION) 793 $^ ($FORMAT_TOP_NAME) 275,277,696, 787 $^A ($ACCUMULATOR) 278,779,1065 $^C 782 $^D($DEBUGGING) 580,782 $^E($EXTENDED_OS_ERROR) 785 $^F($SYSTEM_FD_MAX) 801,847 $^H 787 $^I($INPLACE_EDIT) 788 $^L ($FORMAT_LINEFEED) 275 $^L($FORMAT_FORMFEED) 786 $^M 793 $^O($OSNAME) 736,793 $^P($PERLDB) 796 $^R($LAST_REGEXP_CODE_RESULT) 792 $^T ($BASETIME) 116,781 $^V($PERL_VERSION) 796 $^W 159,1002 $^W($WARNING) 802 〜とwarningsプラグマの関係 1025 $^X($EXECUTABLE_NAME) 784 $_ 42,45,112 $_($ARG) 779 $_($ARG)、グロ関数と〜 99 $_($ARG)、山カッコ演算子と〜 95 $_($ARGV)、foreach文と〜 137 $` 214 $`($PREMATCH) 169,704,797 ${^(内部変数名)} 64 ${^WARNING_BITS} 802 ${^WIDE_SYSTEM_CALLS} 472,802 $| ($OUTPUT_AUTOFLUSH) 275,794 $~ ($FORMAT_NAME) 275,786 $+ 214 $+($LAST_PAREN_MATCH) 792 $<($REAL_USER_ID) 798 $= ($FORMAT_LINES_PER_PAGE) 275,786 $>($EFFECTIVE_USER_ID) 783 $\($OUTPUT_RECORD_SEPARATOR) 584,795 $0($PROGRAM_NAME) 798 $1、$2など 778 $a 779 $aと$b(ソートルーチン) 779 $ACCUMULATOR 779 $ARG 779 $ARGV変数 780 $atime 952 $b 781 $BASELINE 781 $blksize 952 $blocks 952 $CHILD_ERROR 781 $ctime 951 $DEBUGGING 782 $dev 951 $EFFECTIVE_GROUP_ID 782,798 $EFFECTIVE_USER_ID 783 $EVAL_ERROR 784 $EXCEPTIONS_BEING_CAUGHT 784 $EXECUTABLE_NAME 784 $EXTENDED_OS_ERROR 785 $FORMAT_FORMFEED 786 $FORMAT_LINE_BREAK_CHARACTERS 786 $FORMAT_LINES_LEFT 786 $FORMAT_LINES_PER_PAGE 786 $FORMAT_NAME 786 $FORMAT_PAGE_NUMBER 787 $FORMAT_TOP_NAME 787 $gid 952 $ino 951 $INPLACE_EDIT 788 $INPUT_LINE_NUMBER 789 $INPUT_RECORD_SEPARATOR 789 $LAST_PAREN_MATCH 792 $LAST_REGEXP_CODE_RESULT 792 $LIST_SEPARATOR 792 $MATCH 793 $mode 951 $mtime 952 $nlink 952 $OS_ERROR 794 $OSNAME 793 →$^O変数 $OUTPUT_AUTOFLUSH 794 $OUTPUT_FIELD_SEPARATOR 795 $OUTPUT_RECORD_SEPARATOR 795 $PERL_VERSION 793,796 $PERLDB 796 $POSTMATCH 796 $PREMATCH 797 $PROCESS_ID 797 $PROGRAM_NAME 798 $rdev 952 $REAL_GROUP_ID 798 $REAL_USER_ID 798 $size 952 $SUBSCRIPT_SEPARATOR 91,801 $SYSTEM_FD_MAX 801 $uid 952 $VERSION 802 $VERSION変数 997,1052 $WARNING 802 %!ハッシュ 794,1051 %(パーセント記号) 113 %=(代入)演算子 124 チェックサム 975 ハッシュ名 62 ハッシュを表す 7,12 プロトタイプ文字 262 %^Hハッシュ 787 %Configハッシュ 635,736 %ENVハッシュ 783 〜から要素を削除する 829 〜の移植性 741 %ERRNOハッシュ 794 %EXPORT_TAGSハッシュ 785 %FIELDSハッシュ 785 %INCハッシュ 350,787,990 %OS_ERRORハッシュ 794 %OVERLOADハッシュ 795 %SIGハッシュ 482,799 &(アンパーサンド) 113 &&(論理AND)演算子 32,366 &&=(代入)演算子 124 &=(代入)演算子 124 Perl 5、使い方の変更 19 アドレス演算子(C言語) 128 サブルーチン名 63,252 サブルーチン名に使用 147,261 サブルーチン呼び出し 7 ビットAND演算子 118 ファイル名の中の〜 894 プロトタイプ文字 262 ( ) (カッコ) 14,103,696,715 (?:PATTERN)構文、キャプチャせずにクラスタ化する 215 〜を条件演算子で使用 122 空リストを表す 86 関数呼び出し 803 クラスタ化(パターンマッチ) 233 グループ化 184 後方参照 47,213 正規表現のグループ化 164 メタキャラクタ 163,183 リスト値を囲む 85 -(ハイフン) 113,233 (オートデクリメント)演算子 30,106 -*- (emacs) 573 --スイッチ 578 -=(代入)演算子 124 ->(矢印)演算子 105,292 -aスイッチ(perl) 578,785 -bファイルテスト演算子 114 -Cコマンドラインスイッチ 472 -cスイッチ(perl) 579,626,782 -cファイルテスト演算子 114,116 -dスイッチ(perl) 579,619 -dファイルテスト演算子 33,114 -eスイッチ(perl) 581 -eファイルテスト演算子 114 -Fスイッチ(perl) 579,581 -fファイルテスト演算子 33,114 -gファイルテスト演算子 114 -hスイッチ(perl) 582 -Iスイッチ(perl) 573,582,584,1011 iスレッド 524 〜に対するPerl API 558 -kファイルテスト演算子 114 -lスイッチ(perl) 584 -lファイルテスト演算子 114 -mスイッチ(perl) 585 -Mファイルテスト演算子 116 -nスイッチ(perl) 586 -oファイルテスト演算子 114 -pスイッチ(perl) 586,587 -pファイルテスト演算子 114,508 FIFOをチェックする 508 -rファイルテスト演算子 114 -sスイッチ(perl) 587,595 -sファイルテスト演算子 114 -T(汚染チェック)スイッチ 514,519 -T(テキストファイル)テスト演算子 115 -T(ファイルテスト)演算子 33 -Tスイッチ(perl) 589,660 -tファイルテスト演算子 114 -uスイッチ(perl) 589 -uファイルテスト演算子 114 -vスイッチ(perl) 589 -wスイッチ 〜とwarningsプラグマの関係 1025 diagnosticsプラグマによってオンになる 1002 perl 159,590,1089 警告メッセージをオンにする 23 -Wスイッチ(perl) 591,785 -wファイルテスト演算子 114 -Xスイッチ 〜とwarningsプラグマの関係 1025 -xスイッチ(perl) 572,591 -xファイルテスト演算子 114 -zファイルテスト演算子 114 減算演算子 111 算術否定演算子 108 デバッガコマンド 604 文字クラスの範囲指定 192 文字集合からの引き算 201 *(アスタリスク) 113 (乗法)演算子 104 **(べき乗)演算子 107 **=(代入)演算子 124 *?量指定子 185 *=(代入)演算子 124 型グロブ名 63,92 乗算演算子 110 デリファレンス演算子(C言語) 128 プロトタイプシンボル(型グロブ) 7 プロトタイプ文字 262 メタキャラクタ 163,183 量指定子 45,185,205 , (コンマ) print文でのエラー 694 大きな数と〜 70 キー/値の対と〜 13 キー/リストのペアと〜 90 セパレータとして 14 リスト値の区切り 85,87 ,(コンマ)演算子 126 .(ドット) 113 ..(範囲)演算子 120 .=(代入)演算子 124 デバッガ 598,600 メタキャラクタ 163,183 文字のワイルドカード 44,171,190 量指定子と共に使う 44 連結演算子 27,111,708 文字列化ハンドラによって自動生成する 412 .alファイル拡張子 346,991 .phファイル拡張子 991 .plxファイル拡張子 990 .plファイル拡張子 988,990 .pmファイル 〜から関連するファイルをロードする 351 .pmファイル拡張子 336,988,990 .soファイル拡張子 991 /(スラッシュ) 113 /=(代入)演算子 124 //→m//演算子 //演算子⇒マッチ演算子 除算演算子 110 デバッガコマンド 604 デリミタの〜を置き換える 73 ルートディレクトリ 821 /bin/sh 574 /cパターン修飾子 181 /cgパターン修飾子 174 マッチが失敗した後のサーチ 209 /dパターン修飾子 181 /etc/groupファイル 709,853 /etc/hostsファイル 856 /etc/networksファイル 858 /etc/passwdファイル 709,860 /etc/protocolsファイル 860 /etc/servicesファイル 863 /etc/utmpファイル 857 /e修飾子 置換評価 242 /eパターン修飾子 177 /gパターン修飾子 174,177 /iパターン修飾子 170,174,177 /mパターン修飾子 171,174,177 /oパターン修飾子 171,174,177 再コンパイルを抑制する 221 /sパターン修飾子 171,174,177,181 /xパターン修飾子 171,174,177 :(コロン) :crlfディシプリン 1012 :rawディシプリン 1012 :: パッケージ識別子に用いる 76,338,700 :: 完全修飾名の〜 65 :: モジュール名の中でシステムディレクトリは セパレータに変換される 350 ;(セミコロン) 129 Perlの文を終了させる 58 単純文を終了させる 130 デバッガコマンドにおける〜 599 ファイル名に含まれる〜によるセキュリティリスク 670 末尾の〜の付け忘れ 694 ?(疑問符) 113 ?:(条件)演算子 122,146 ??演算子→m??演算子 ??量指定子 185 メタキャラクタ 163,183 量指定子 45,185,205 ?正規表現拡張 (?!) 235 (?) 237 @(アットマーク) ⇒@_配列 デバッガ 598 バージョンによる扱いの相違 699 配列名 62 配列を表す 6 ピクチャー行 272 プロトタイプ文字 262 文字列内で逆スラッシュでエスケープ 72 @_配列 254,780 @+配列 マッチの終了位置 791 @ARGV配列 96,780 @EXPORT_OK配列 785,1052 @EXPORT配列 784,1052 @F配列 785 @INC配列 350,788,989 〜からディレクトリを削除する 1010 〜とカレントディレクトリ 1010 〜の先頭にディレクトリを追加する 584,1010 〜をlibプラグマで操作する 1009 @ISA配列 374,790 〜経由の継承 376 @-配列 マッチの開始位置 791 @変数 @- 214 @+ 214 [ ](ブラケット) 〜の優先順位 103 メタキャラクタ 163,183 文字クラス 184,187,192 文字クラス(パターンマッチ) 233 リストをスカラーに変換 14 ^(キャレット) ^=(代入)演算子 124 行境界 47 行の境界 207 言明 45 パターンマッチ 233 パターンマッチにおける〜 174 ピクチャー行 272 ビットXOR演算子 118 メタキャラクタ 163,183 文字クラスの否定 192 ^D(コントロールD) EOFして使う 731 ^Z(コントロールZ) EOFして使う 731 _ (下線) 64 大きな数と〜 70 グローバルファイルハンドル 778 バージョンによる扱いの相違 700 変数名の〜 339,716 _ _DATA_ _トークン 80,782 _ _END_ _トークン 80,782 〜を使用する 731 _ _FILE_ _トークン 80 〜を設定する 731 _ _LINE_ _トークン 80 〜を設定する 731 `(逆クォート) 501 演算子 84,94,716 Perlとシェルプログラミングとの違い 699 セキュリティと〜 670 変数展開と〜 73 {}(ブレース) 〜の中の識別子 73 〜の優先順位 103 文のブロック 36 量指定子 44,305,695,714 〜で裸のブロックを作る 143 サーチパターンの曖昧さを取り除く 76 文のブロック 131 無名ハッシュ生成子 284 メタキャラクタ 163,183 量指定子 185 |(縦棒) |=(代入)演算子 124 |-パイプ疑似コマンド 502 -|パイプ疑似コマンド 502 選択肢を表わす 164 センタリング 276 デバッガコマンド| 606 デバッガコマンド|| 606 パターンの選択肢 217 ビットOR演算子 118 ファイル名の中の〜 889 メタキャラクタ 163,183 メタシンボル 184 優先順位、chdirと〜 104 ||(OR論理演算子) 32,219,366 ||=(代入)演算子 124 ~(ディルデ) 空行を抑制する 273 ビット否定演算子 108 +(プラス) 113 ++(オートインクリメント)演算子 30,106 +=(代入)演算子 124 加算演算子 111 単項演算子 103,108 ファイル名の中の〜 889 メタキャラクタ 163,183 量指定子 43,185,205 +?量指定子 185 <(左山カッコ) <(小なり)演算子 25,33,117 <<(左シフト)演算子 111 <<=(代入)演算子 124 <=(小なりまたは等しい)演算子 117 <=>(比較)演算子 117,938 <=>演算子(比較) 33 <=演算子(より小さいまたは等しい) 33 <>演算子 582 演算子 697 行入力演算子で使用 95 デバッガコマンド 605 左寄せ 276 ファイル名グロブ演算子で使用 98 ファイル名の中の〜 889 << ヒアドキュメント 77 <>演算子 25 = (等号) (代入)演算子 7,28,124 =~ (結合)演算子 42,108 パターンマッチ演算子と共に使用する 167 ==(等しい)演算子 33,117,694 ==> デバッガの現在の行番号 597 => (等号、大なり) 90 コンマ区切りの代替 13 =>演算子 126 〜と定数 1001 名前付きのパラメータ 90 コメント(pod)、〜で始まる行 58 デバッガコマンド 607 >(右山カッコ) >(大なり)演算子 25,33,117 >=(大なりまたは等しい)演算子 33,117 >>(右シフト)演算子 111 >>=(代入)演算子 124 行入力演算子で使用 95 デバッガコマンド 605 ファイル名グロブ演算子で使用 98 ファイル名の中の〜 889 右寄せ 276 \(逆スラッシュ) 7 \Q、非英数字に逆スラッシュを付ける 72 quotemeta関数と〜 913 クォートされた文字列内での濫用を避ける 74 正規表現による解釈 222 デバッガで継続行を入力する 599 複数行のコマンドを入力する 596 メタキャラクタ 163 メタキャラクタをエスケープする 163,183 メタシンボル 184 リファレンス演算子 108,282 \A(文字列境界) 207 \b(単語境界アサーション) 46,164,209 バックスペースを表わす 233 \B(単語境界以外) 209 \C1バイトにマッチする 475 \Cワイルドカードメタシンボル 190 \dメタキャラクタ(数字) 43 \Gアサーション 210 \G位置アサーション 175 \n(改行文字) 3 →改行文字 \NNNメタシンボル 189 \P(属性にマッチしない) 475 \p(属性にマッチする) 475 \sメタキャラクタ(空白文字) 43 \tタブ文字アサーション 164 \uエスケープ 176 \w イデオグラフにマッチする 475 \wメタキャラクタ(単語構成文字) 43 \X 拡張Unicodeシーケンスにマッチする 476 \Xメタシンボル 結合文字シーケンスにマッチする 191 \Xワイルドカードメタシンボル 190 \Z(文字列境界) 208 0 but true(文字列) 846 -wの警告の対象から除外される 845 0+(数値化)演算子 410 -0スイッチ(perl) 573,578 2次元配列 〜を自分で作成する 312 生成とアクセス 312 8進数 887,1221 $/を〜で指定 578 〜によって文字を指定する 189 文字の表現 471 文字を指定 70 16進数 868,1208 〜によって文字を指定する 190 数値を〜へ変換する 177 文字を指定 70 32ビットシステム 738 64ビットシステム 738
A
-A(アクセスされてからの日数)ファイルテスト演算子 116 -aスイッチ(perl) 578,785 a//(パターンマッチ)演算子 420 abs関数 810 accept関数 810 ActiveStateのPerl配布キット PPM (Perl Package Manager) 652 ActiveState版Perl Windowsシステムへのインストール 575 alarm関数 811 パターンマッチをタイムアウトさせる 690 ALRMシグナル 488 and (&&)演算子 32 and演算子との優先順位の違い 366 and(&)演算子 118,127,717 &&演算子との優先順位の違い 366 AnyDBM_Fileモジュール 1033 Apacheウェブサーバ 635 〜用のPerlモジュール 650 mod_perlエクステンション 558,1042 ARGV 1183 ARGVOUTファイルハンドル 781 ARGVファイルハンドル 780 ARGV変数 PerlとCとの違い 698 arrayDepthオプション(デバッガ) 613 ASCII 56,1183 〜コードを文字に変換 821 文字の〜値 898 ASCII文字 Unicodeへの変換 474 ASP 〜用のPerlモジュール 651 async関数 528 atan関数 811 attributesプラグマ 994,1034 attrsプラグマ 1034 AutoLoaderモジュール 346,991,995,1036 AUTOLOADサブルーチン 147,345,383 AUTOLOADメソッド 383 AutoSplitモジュール 346,1036 〜の移植性 740 AutoTraceオプション(デバッガ) 612 autouseプラグマ 995,1036 AV(内部配列値) 626,1183 awk 41,1183 Perlからの/への変換 92
B
-B(バイナリファイル)テスト演算子 115 -bファイルテスト演算子 114 B::Asmdataモジュール 1037 B::Assemblerモジュール 1037 B::Bblockモジュール 1037 B::Bytecodeモジュール 560,1037 B::CCモジュール 561,1037 B::Cモジュール 561,1037 B::Debugモジュール 1037 B::Deparseモジュール 563,1037 B::Disassemblerモジュール 1037 B::Lintモジュール 562,1037 B::Showlexモジュール 1037 B::Stashモジュール 1037 B::Terseモジュール 1037 B::Xrefモジュール 562,1037 baseプラグマ 996,1034 fieldsプラグマと共に使用する 1005 BASICプログラミング言語 〜から論理演算子を借用 31 BEGINブロック 546,626 コンパイラのパース処理に影響を与える 566 サブルーチン呼び出しの前に変数を初期化 258 実行順序 565 〜で@INC配列の内容を変える 350 Benchmarkモジュール 1037,1039 Berkeley DB 〜をDB_Fileモジュールで使う 1048 bind関数 812 binmode関数 812,896 bless演算子 286,298 bless関数 369,814 cd{tie}関数と〜 424 コンストラクタと〜 370 リファレンスを引数に渡す 281 blibディレクトリ 632 blibプラグマ 997,1036 BLOCK 131,1183 ⇒ブロック break文(C言語) 698 break文→last演算子 BSD 1183 BSD::Resourceモジュール プロセスごとに資源の上限を設定する 691 Byteloaderモジュール 560,1037 bytesプラグマ 998,1030 Bモジュール 1037
C
C 1184 C言語 638 〜からPerlを利用する 635 Perlインタープリタを追加する 636 Perlのサブルーチンを呼び出す 636 組み込み関数のコンパイル 635 〜にあってPerlにない演算子 128 〜によってPerlを拡張する XSUBとXS言語 628 外部のCライブラリの関数を利用する 634 〜のフレームワークからPerlにアクセスする 559 Cコードジェネレータ 561 CスタックにC変数を格納する 557 Perlエクステンションと〜 625 Perlから〜を利用する XSUBの入力と出力 633 Perlの関数で〜をラップする 628 Perlプログラミングとの違い 697 Perlを〜から実行する Perlスタックを操作する 639 Perlを〜で拡張する 627,630 演算子の優先順位 103 構造体 904 シグナルによってライブラリ内でコアダンプが 起こる 484 ライブラリ関数 805 ラッパープログラム 674 C/C++言語 スタティック変数 257 -Cコマンドラインスイッチ 472 -cスイッチ 626,782 -cスイッチ(perl) 579 -cファイルテスト演算子 114,116 Cプリプロセッサ 587,1184 caller バージョンによる戻り値の違い 701 caller関数 815 canメソッド 381 Carpモジュール 428,1035,1042 case構文 144 catコマンド(Unix) 445 cbreakオプション 853 CGI 〜が出力するエラーメッセージを見やすくする 1043 〜のデバッグを容易にする 1043 〜用のPerlモジュール 650 CGI::Apacheモジュール 1032 CGI::Carpモジュール 1032,1043 CGI::Cookieモジュール 1032 CGI::Fastモジュール 1032 CGI::Prettyモジュール 1032 CGI::Pushモジュール 1032 CGIスクリプト 汚染モードで実行する必要性 661 入力データを評価する(Safeモジュール) 685 CGIモジュール 1032,1042 charnamesプラグマ 998,1030 chdir関数 816 優先順位と〜 104 CHECKブロック 546,626 実行順序 565 chmod関数 23,816 引数なしで呼び出す 592 chomp関数 26,818 chop関数 26,819 ⇒chomp関数 chown関数 820 chroot関数 821 chrootシステムコール 682 chr関数 477,821 Class::Contractモジュール 399 Class::Multimethodsモジュール 379 Class::Structモジュール 1028,1044 clearerr(3) Cライブラリ関数 1064 closedir関数 823 close-on-execフラグ 801 close関数 501,822 cmp演算子 33,938 CODE 1184 coderef→コードレフ COMSPEC環境変数 593 Configモジュール 1036,1045 オペレーティングシステムによるシグナル名とシグナル番号の対応 484 connect関数 823 constantプラグマ 343,1000,1028 continueブロック 134,139,140 ⇒ループ continue文(C言語) 698 copy-on-write 524 CORE::GLOBAL疑似パッケージ 357 CORE疑似パッケージ 357,379 cos関数(コサイン) 824 CPAN 336,1184 CPAN (総合Perlアーカイブネットワーク: Comprehensive Perl Archive Network) 18,336,349,645 modulesディレクトリ 647 サブディレクトリ 645 タイモジュール 465 CPANモジュール 1036,1046 〜でアクセスする 1046 〜によるモジュールのインストール 652 〜の移植性 742 〜を作成する 654 〜のカテゴリ 648 Perlライブラリにインストール 653 インストールとビルド 651 伸長と展開 652 ビルド 653 CPU 〜を明け渡す(スレッド) 532 条件変数によってスレッドが〜を譲る 539 マルチプロセス環境における〜の割り当て 673 CPU時間 970 cpコマンド(Unix) 〜をエミュレートする 1055 CRLF インターネットプログラムでの扱い 519 ⇒改行文字 crypt関数 824 curses 〜用のPerlモジュール 649,1081 〜ライブラリ 1081 CV 1184 Cwdモジュール 1029,1046
D
-dスイッチ(perl) 579,619 -dファイルテスト演算子 33,114 Data::Dumperモジュール 332,1034,1047 DATAファイルハンドル 782 date関数→localtime関数 DBパッケージ call関数 816 DBモジュール 1034 DB_Fileモジュール 1033,1048 DBD (Database drivers) 〜用のPerlモジュール 649 DBI (Database Interface) 〜用のPerlモジュール 649 DBM 1184 DBMファイル 〜から削除する 829 〜をロックする 494 dbmclose関数とdbmopen関数 826 複雑なデータ値を格納する 465 DBMモジュール 〜の移植性 742 dbmclose関数 424 dbmopen関数 424 〜によってuse宣言が行なわれる 425 dbprofppプログラム 619 DEFAULT疑似シグナル 484 defined関数 827 delete関数 829 タイ配列に対しては削除した値を返さない 702 DEL文字 16進数で指定 71 DESTROYメソッド sigtrapプラグマと〜 484 detachメソッド 531 Devel::DProfモジュール 619,1034 サブルーチン実行のプロファイルを取得する 619 Devel::Peekモジュール 1034 Devel::SelfStubberモジュール 1036 Devel::SmallProfモジュール 622 diagnosticsプラグマ 1002,1034 dieLevelオプション(デバッガ) 611 die関数 831 exit関数と〜の比較 844 中止シグナルの処理と〜 484 DirHandleモジュール 1030 DNS(domain name server) 513 do {} 130,695 〜演算子 105 ループ制御と〜 143 doサブルーチン演算子 834 doブロック 〜演算子 832 〜を終了する 143 繰り返し 143 docディレクトリ(CPAN) 公式のPerlマニュアルページ 646 dosish.hファイル 574 DoSアタック 685,690,690 downメソッド 542 DProf→Devel::DProfモジュール Dumpvalueモジュール 1034,1049 dump関数 834 dweomer 1184 dwimmer 1184 DynaLoaderモジュール 346,631,1036
E
-eスイッチ(perl) 581 -eファイルテスト演算子 114 each関数 326,447,835 else文 36 elsif文 36 emacs -*- 573 エディタによるサポート 609 正規表現の使用法 41 endgrent関数 853 endhostent関数 856 endprotoent関数 860 endpwent関数 860 endservent関数 863 ENDブロック 546 〜をスキップする 566 実行順序 565 プログラムの終了ステータスを変える 567 ENDメソッド sigtrapプラグマと〜 484 Englishモジュール 275,1034,1050 enqueueメソッド 541 envプログラム 〜でPerlを起動する 573 Envモジュール 1034 EOF 1185 eof関数 38,708,835 タイファイルハンドルに適用する 454 equalメソッド 532 eq演算子 694 errno 1185 →$OS_ERROR Errnoモジュール 991,1034,1051 ESC文字(エスケープ) 71 8進数で指定 71 eval 66 eval関数 279,704,837 die関数と〜 831 tr///演算子で変数を使う 182 パッケージと〜 340 ループと〜 704 evalメソッド スレッドの例外をキャッチする 530 制限された〜(revel) 684 eval {} ループ制御と〜 143 eval{}演算子 105 eval_pv関数 638 eval_sv関数 638 exec 1185 exec関数 840 〜の移植性 741 ファイルハンドルを〜の呼び出しを通じて オープンしたままにする 497 リスト引数形式によってシェルの使用を避ける 688 execvp関数(C言語) 840 execv関数(C言語) 840 exists関数 842 ハッシュに対して〜を適用する 447 exit関数 844,849 スレッドと〜 529 exp関数 844 Expectモジュール 506,651 export_failメソッド 356 export_to_levelメソッド 355 Exporterモジュール 631,1036,1052 モジュールのプライバシーと〜 353 EXPR 131 goto 〜 147 ExtUtils::Commandモジュール 1036 ExtUtils::Embedモジュール 636,1036 ExtUtils::Installedモジュール 1036 ExtUtils::Installモジュール 1036 ExtUtils::Liblistモジュール 1036 ExtUtils::MakeMaker⇒MakeMaker ExtUtils::MakeMakerモジュール 1036 ExtUtils::Manifestモジュール 1036 ExtUtils::Miniperlモジュール 1036 ExtUtils::Mkbootstrapモジュール 1036 ExtUtils::Mksymlistsモジュール 1036 ExtUtils::MM_Cygwinモジュール 1036 ExtUtils::MM_OS2モジュール 1036 ExtUtils::MM_Unixモジュール 1036 ExtUtils::MM_VMSモジュール 1037 ExtUtils::MM_Win32モジュール 1037 ExtUtils::Packlistモジュール 1037 ExtUtils::testlibモジュール 1037
F
-Fスイッチ(perl) 579,581 -fファイルテスト演算子 33,114 fallbackオーバーロードキー 418 FAQ 1185 Perlのオンライン〜 693 Fatalモジュール 1034,1052 fcntl関数 845,991 セキュリティリスクと〜 680 fcntlシステムコール ファイルハンドルのclose-on-execフラグを操作 する 497 Fcntlモジュール 991,1031,1053 ferror(3) Cライブラリ関数 1064 fgetpos(3) Cライブラリ関数 1065 fieldsプラグマ 997,1004,1034 FIFO 507,1185 File::Basenameモジュール 739,1029,1054 File::CheckTreeモジュール 1029 File::chmodモジュール 818 File::Compareモジュール 1029,1055 File::Copyモジュール 1029,1055 File::DosGlobモジュール 1029,1060 File::Findモジュール 1029,1056 File::Globモジュール 1029,1057 File::Pathモジュール 1029 File::Spec::Functionsモジュール 1029 File::Spec::Macモジュール 1029 File::Spec::OS2モジュール 1029 File::Spec::Unixモジュール 1029 File::Spec::VMSモジュール 1029 File::Spec::Win32モジュール 1029 File::Specモジュール 739,1029,1061 File::statモジュール 1029,1061 File::Tempモジュール 1062 競合条件を扱う 680 FileCacheモジュール 1030 FileHandleモジュール 275,278,1030,1063 fileno→ファイル記述子 fileno関数 846 filetestプラグマ 1007,1031 find2perlトランスレータ 1056 FindBinモジュール 1010,1037 findstrコマンド 41,42 findコマンド 42 〜をエミュレートする 1056 flock関数 430,491,847 アラームと〜 488 fmt(Unixユーティリティ) 277 FMTEYEWTK 1185 for foreachのエイリアス 137 foreach修飾子 130 foreach文 39,137,703 〜のエイリアスを利用する 145 バージョンによる違い 702 配列の要素をサーチして置き換える 178 ループ変数、Perlとシェルプログラミングとの 違い 699 fork関数 849 〜の移植性 741 〜の呼び出しを通じて継承される 848 子プロセスは親プロセスからファイルハンドル を継承する 495 サーバをクローンする 518 ゾンビプロセスと〜 486 フォークを行なうopen 502 forkシステムコール 501 format関数 出力アキュムレータ 851 宣言 850 formline演算子 278 formline関数 851,1065 Fortran 57 for修飾子 130,135 forループ 配列の要素をサーチして置き換える 178 frameオプション(デバッガ) 612 fsetpos(3) Cライブラリ関数 1065 fsync(3) Cライブラリ関数 1066
G
-gファイルテスト演算子 114 GDBM_Fileモジュール 1033 GDBMファイル(GNU DBM) 〜をロックする 495 getc関数 706,852 GETCメソッド 451 getgrent関数 853 〜をオーバーライドする 1084 getgrgid関数 853 getgrnam関数 854 〜をオーバーライドする 1084 getgruid関数 〜をオーバーライドする 1084 gethostbyaddr関数 854 〜をオーバーライドする 1073 文字をバイトに逆変換する 472 gethostbyname関数 855 〜をオーバーライドする 1073 gethostent関数 856 getlogin関数 857 getnetbyaddr関数 857 getnetbyname関数 857 getnetent関数 858 Getopt::Declareモジュール 1067 Getopt::Longモジュール 1029,1066 Getopt::Std 1067 Getopt::Stdモジュール 1029 Getopts::* modules 141 getopts関数 1067 getopt関数 1067 getpeername関数 516,858 getpgrp関数 858 getppid関数 859 getpriority関数 859 getprotobyname関数 859 getprotobynumber関数 860 getprotoent関数 860 getpwent関数 860 〜をオーバーライドする 1085 getpwnam関数 861 〜をオーバーライドする 1085 getpwuid関数 857,861 〜をオーバーライドする 1085 getservbyname関数 862 getservbyport関数 862 getservent関数 863 getsockname関数 863 getsockopt関数 863 GID(グループID) 502,820,1185 〜をもとに検索する 853 実効〜 782 ⇒$(変数、$)変数 GIF 〜用のPerlモジュール 650 gimp 〜用のPerlモジュール 650 gmtime関数 865 〜の逆関数 1083 Gnome 〜用のPerlモジュール 649 goto関数 146,345,704,866 バージョンによる違い 701 grep 1185 grep関数 41,716,867 grepコマンド 42 grepプログラム 223 Gtk 〜用のPerlモジュール 649 GUI 〜用のPerlモジュール 649 Perl/Tkを使う 712 GV(内部型グロブ値) 626,1185
H
-hスイッチ(perl) 582 h2phユーティリティ 991 h2xsユーティリティ 628,630,655,991 hashDepthオプション(デバッガ) 613 hex関数 868 HOME環境変数 592 hostsファイル→/etc/hostsファイル HTML 〜用のPerlモジュール 650 CGIモジュールで〜を扱う 1042 HTTP 〜用のPerlモジュール 650 HTTP(Hypertext Transfer Protocol) リンクを探す 42 HV(内部ハッシュ値) 626,1185
I
-Iスイッチ(perl) 573,582,584,1011 iスレッド 524 〜に対するPerl API 558 I/O 1186 I/O可能なファイル記述子 929 I18N::Collateモジュール 1030 if修飾子 130 if文 32,36,133 case構文における〜 144 C言語とPerlとの違い 697 論理演算子と〜 31 IGNORE疑似シグナル 484 import関数 350,355,868 importメソッド Exporterモジュールと〜 1052 定数をオーバーロードする 419 index関数 868 inet_ntoa関数 855 inhibit_exitオプション(デバッガ) 612 initプログラム 859 INITブロック 546 サブルーチン呼び出しの前に変数を初期化 258 実行順序 565,568 Insecure dependencyエラー 663 int 903 int関数 869 integerプラグマ 1008,1028 ioctl関数 869,991 IO 1186 IO::モジュール 651,1030 IO::Dirモジュール 1030 IO::Fileモジュール 1030 IO::Handleモジュール 1030 IO::Pipeモジュール 1030 IO::Pollモジュール 1030 IO::Ptyモジュール 506 IO::SeekableIO::Socketをすべてロードするため のモジュール 1030 IO::Seekableモジュール 1030 IO::Selectモジュール 1030 IO::Socket::INETモジュール 515,1031 IO::Socket::UNIXモジュール 1031 IO::Socketモジュール 514,1031,1068 IP(Internet Protocol) 513,1186 IPC(プロセス間通信) 481,1186 〜と移植性 741 同じマシンのプロセス間の〜 482 シグナル 482 IPC::Msgモジュール 1031 IPC::Open2モジュール 505,635,1031,1069 IPC::Open3モジュール 505,635,1031,1070 IPC::Semaphoreモジュール 1031 IPC::Shareableモジュール 509 IPC::SysVモジュール 1031 IPアドレス 〜のUTF-8表現 472 v-文字列を使って表わす 855 ネットワーク名と〜 858 is-a 1186 isaメソッド 380 itimerルーチン 811 IV(内部整数値) 626,1186
J
JAPH 1186 Java 〜用のPerlモジュール 648 join関数 871 joinメソッド 529 〜からの例外をキャッチする 530 jumpenvスタック 557
K
-kファイルテスト演算子 114 keys() 13 keys関数 49,91,447,871 kill -lコマンド(Unix) 484 kill関数 482,873 Microsoftシステムと〜 486
L
-lスイッチ(perl) 584 -lファイルテスト演算子 114 last演算子 39,136,140,145,707,715,874 do {} while構文には使えない 698 do {}ループで使う 143 lcfirst関数 874 lc関数 874 LENGTH(awkの変数)→@+ length関数 バイト指向のラッパー 474 lenth関数 875 lessプラグマ 1009,1034 libプラグマ 350,1009,1037 LIFO 1186 LineInfoオプション(デバッガ) 612 link関数 875 lint(Cプログラムを検証するツール) 562 LIST 48,131,1186 ⇒リスト listen関数 875 listメソッド プロセス中の現在のスレッドのリストを得る 532 localeプラグマ 1012,1030 localtime関数 878 〜の逆関数 1083 〜をオーバーライドする 1083 local演算子 グローバル変数に適用 157 local関数 151,153,876 〜の変わりにmy宣言を使う 697 よくある誤り 695 local宣言 876 locked属性 400 サブルーチン 267,538 lock関数 スレッドでのデータのアクセス制御 533 リファレンスを引数に渡す 281 LOGDIR環境変数 592 log関数 879 long 903 long long 903 lstat関数 879 〜に対するメソッドインターフェース 1061 ⇒stat関数 lvalue属性(サブルーチン) 267,269
M
-mスイッチ(perl) 585 -Mファイルテスト演算子 116 m//(マッチ)演算子 84,162,173,604,695,880 〜用の修飾子 170,174 =~(結合)演算子と共に使用する 167 pos関数と〜 909 ダブルクォート展開 166 m//g演算子 バージョンによる違い 701 m??(マッチ)演算子 176,604 reset関数と〜 921 Macintoshオペレーティングシステム 〜におけるクォートの扱い 577 〜バージョンでのコマンドラインインターフェース 21 Perlアプリケーションを起動する 574 mainパッケージ 67,337 Makefile 1186 Makefile.PLファイル 630,651,654 MakeMaker 654,655 mallocエラー 793 malloc関数 PERL_DEBUG_MSTATS環境変数と〜 593 MANIFESTファイル 630 manコマンド xix,349,608,1187 map関数 49,716,880 Math::BigFloatモジュール 1028 Math::BigIntモジュール 405,1028,1071 Math::Complexモジュール 1028,1071 Math::Trigモジュール 1028,1072 maxTraceLenオプション(デバッガ) 613 Method (overload::Method) 421 method属性 267,400 Microsoft Windows 〜におけるシグナル番号0 486 〜用のPerlモジュール 651 ActiveState版Perlのインストール 575 CPANモジュールのインストール 652 fork関数、インタープリタオブジェクトをク ローンする 524 Perlが使用する代替シェルを設定 593 Win32::Pipeモジュール 507 Windows NTにおけるクォートの扱い 577 ポート情報(perlwin32) 482 レジストリを操作する 465 ワイド文字APIを使ったシステムコール 472 MIDI 〜用のPerlモジュール 651 MIME 〜用のPerlモジュール 650 mkdir関数 881 mkfifo関数 507 MLDBMモジュール 465 mmapシステムコール 509 mod_perlモジュール 558,635 MS-DOSオペレーティングシステム Perlアプリケーションを起動する 574 msgctl関数 881 msgget関数 882 msgrcv関数 882 msgsnd関数 882 mvコマンド(Unix) 〜をエミュレートする 1055 my関数 138,151,153 my宣言 65,129,882 local宣言と〜 158 local宣言の代わりに〜を使う 697 クロージャと〜 299 コンテキスト規則と〜 81
N
-nスイッチ(perl) 586 NDBM_Fileモジュール 1033 ne演算子 694 Net::hostentモジュール 857,1031,1073 Net::netentモジュール 857,1031 Net::Pingモジュール 1031 Net::protoentモジュール 860,1031 Net::serventモジュール 1031 networksファイル→/etc/networksファイル newメソッド 528,886 next do {}ループで使う 143 next演算子 39,134,140,141,886 1回だけ実行されるブロックから抜け出す 143 do {} while構文には使えない 698 next if構文 705 NFA(非決定性有限状態オートマトン) 228 NFS(network filesystems) 1187 〜の限界 513 nomethodオーバーロードキー 418 no宣言 148,158,351,433,887 ⇒プラグマ NV(内部倍精度浮動小数点数値) 626,1187
O
-oファイルテスト演算子 114 Oモジュール 559,562,1037 oct関数 70,887 OLE 〜用のPerlモジュール 651 OOP(object-oriented programming)→オブジェクト指向プログラミング Opcodeモジュール 1033 open関数 24,501,887 $.と〜 822 〜の移植性 741 3引数形式でのモード指定 889 fileno関数と〜 846 forkオープン 893 パイプの〜がもたらすセキュリティリスク 669 パイプのオープン リスト引数形式によってシェルの使用を避ける 688 パイプをオープンする 500 パイプを起動(2引数形式) 892 ファイルハンドル記述子をファイルハンドルに 変換する 498 フォークを行なうopen 502 openプラグマ 1012,1031 opendir関数 897 opsプラグマ 1033 OR(^)演算子→XOR演算子 OR( | )演算子 118 OR(||)演算子 32,120,127,219,717 or演算子との優先順位の違い 366 リスト演算子と〜 149 ord関数 477,898 ornamentsオプション(デバッガ) 612 OS/2オペレーティングシステム Perlアプリケーションを起動する 575 OSBC 〜用のPerlモジュール 651 our宣言 66,129,898 varsプラグマの代わりに〜を使う 1022 コンテキスト規則と〜 81 レキシカルスコープを持つグローバル変数 155 out関数 151,153,898 Overloaded (overload::Overloaded) 421 overloadプラグマ 1028
P
-pスイッチ(perl) 586,587 -pファイルテスト演算子 114,508 FIFOをチェックする 508 pack関数 738,900 〜とUnicode文字 477 〜用のテンプレート文字 902 pagerオプション(デバッガ) 611 PalmPilot 〜用のPerlモジュール 648 PATH環境変数 23,587,592,1187 セキュリティと〜 668 PAUSE 654 PDL (Perl Data Language) 648 Perl 638 〜からC言語を利用する エクステンションを作成する 630 外部のCライブラリを使用する 634 〜でUnicodeを使う上での注意 478 〜の歴史 765 〜プログラミングで初心者の犯す誤り 693 〜らしいコード 718 〜をC言語に組み込む 635 PerlインタープリタをCプログラムに追加する 636 PerlスタックをCから操作する 639 PerlのサブルーチンをCから呼び出す 636 組み込み関数のコンパイル 635 〜を置く場所 577 CPAN (総合Perlアーカイブネットワーク:Comprehensive Perl Archive Network) 18,336, 349,645 C言語から〜を利用する 627 C言語によって〜を拡張する XSUBとXS言語 628 XSUBの入力と出力 633 スレッドプログラミング 527 プログラムのライフサイクル 546 他の言語とのインターフェース、のミュレーション用の〜モジュール 649 Perlインタープリタ 546 〜をCに追加する 636 Cから〜にアクセスする 635 パーシステント(永続的な)〜 635 perlインタープリタプログラム 21,578 -0スイッチ 573,578 -aスイッチ 578,785 -cスイッチ 579 -dスイッチ 579,595,619 -eスイッチ 581 -Fスイッチ 579,581 -hスイッチ 582 -Iスイッチ 573,582,584 -lスイッチ 584 -mスイッチ 585 -nスイッチ 586 -pスイッチ 586,587 stickyビット 709 -sスイッチ 587 -Tスイッチ 519,589,660 -uスイッチ 589 -vスイッチ 589 -wスイッチ 23,590,591,1089 -xスイッチ 572,591 --スイッチ 578 Perl仮想マシン 555,558 Perl言語の特殊文字 6 Perl詩 768 Perlスタックのトレースを表示させるシグナルハンドラ 1015 Perlの拡張 627 XSUBとXS言語でPerlをラップする 628 XSUBの入力と出力 633 エクステンションを作成する 630 外部のCライブラリの関数を利用する 634 Perlプログラミング 移植性 735 ファイル操作を行なうプログラムに移植性を持 たせる 739 Perlライブラリ 653,987,988 Perl Data Language (PDL)モジュール 316 Perl/Tk 712 〜用のPerlモジュール 649 PERL_DEBUG_MSTATS環境変数 593 PERL_DESTRUCT_LEVEL環境変数 594 PERL_DESTRUCT_LEVEL変数 387 PERL5DB環境変数 593 〜によるデバッガのカスタマイズ 611 PERL5LIB 1011 PERL5LIB環境変数 592 PERL5OPT環境変数 593 PERL5SHELL環境変数 593 perlapiマニュアルページ 638 perlcallマニュアルページ 640 perlccコマンド 560,782 PERLDB_OPTS環境変数 〜によるデバッガのカスタマイズ 609 AutoTraceオプション コンパイルフェーズ文をトレースする 598 デバッガオプションを設定する 615 perldocコマンド xix,349,990 デバッガから起動する 608 perlembedマニュアルページ 635,639 perlforkドキュメント 482 perllocaleマニュアルページ 874 perlmodinstallマニュアルページ 652 perlportドキュメント 482 perlportマニュアルページ 関数の移植性に関する情報 809 perlwin32ドキュメント 482 Pern 1187 PID(プロセスID) 797 プロセスグループをセットする 932 pid→プロセス pipe関数 907 〜の移植性 741 双方向通信のために2回呼び出す 506 plain old documentation形式→pod pod 58,1187 〜用のPerlモジュール 648 Perlへの埋め込み 58 Pod::Checkerモジュール 1035 Pod::Functionsモジュール 1035 Pod::Htmlモジュール 1035 Pod::InputObjectsモジュール 1035 Pod::Manモジュール 1035 Pod::Parserモジュール 1035 Pod::Selectモジュール 1035 Pod::Text::Colorモジュール 1035 Pod::Text::Termcapモジュール 1035 Pod::Textモジュール 1035 Pod::Usageモジュール 1035 podトランスレータ 745,755 podフォーマット 745 podモジュール 755 POE (Perl Object Environment) 648 pop関数 61,311,908 POPメソッド 440 popen関数(C言語) 635 pos関数 209,210,909 POSIX 1187 POSIXクラス 191 POSIXスタイルの文字クラス 202 POSIXモジュール 351,991,1031,1073,1074 getattr関数 853 strftime関数 878 シグナルをブロックする 489 POSIXロケール 1012 Postscript用のPerlモジュール 649 pp 1187 PPM (Perl Package Manager) 651,652 print関数 26,49,704,708,910 タイファイルハンドルに対する実装する 451 print文 コンマのエラー 694 printf関数 122,704,911,947 タイファイルハンドルに適用する 453 PrintRetオプション(デバッガ) 612 prototype関数 912 push関数 61,311,912 push-popコード(PPコード) 556 PV 1187 PV(内部文字列値) 626 pwdコマンド(Unix) 709 Python 57
Q
qr//(クォート正規表現)演算子 84,167,224 〜用の修飾子 170 Qt用のPerlモジュール 649 quotemeta関数 913 qw(クォートワード) 87 qw演算子 75 qx// (クォート構文)演算子 917 qx//(クォート実行)演算子 84,94 ⇒`(逆クォート)演算子
R
-rファイルテスト演算子 114 rand関数 104,913 RE→正規表現 read関数 453,914 readdir関数 915 readline関数 915 READLINEメソッド 451 ReadLineモジュール デバッガの〜サポートを禁止する 615 readlink関数 916 recallCommandオプション(デバッガ) 611 recv関数 917 redo演算子 140,141,918 ref演算子 298 ref関数 370,918 reftype関数 370 regex 1187 →パターン regexes→正規表現 regexp→正規表現 rename関数 919 require 149,996 require演算子 149,787,920 require関数 351 require宣言 tie関数と〜 425 reset関数 921 return演算子 140 return関数 922 revalメソッド 怪しげなコードを〜で実行する 683 reverse sortサブルーチン名としては使えない 701 reverse関数 49,923 rewinddir関数 923 reプラグマ 1014,1034 RFC 1187 rindex関数 924 rmdir関数 924 root 1187 rot13暗号 181 RS(awkの変数)→$INPUT_RECORD_SEPARATOR RSTART(awkの変数)→@- RTF 〜用のPerlモジュール 649 RTFM 1188 RV(内部リファレンス値) 626,1188
S
s演算子→置換演算子 -sスイッチ(perl) 587,595 -sファイルテスト演算子 114 s///(置換)演算子 84,162,176,695 〜用の修飾子 170 =~、!~結合演算子と共に使用する 167 ダブルクォート展開 166 パターン修飾子を指定する 177 Safeモジュール 682,1033,1076 安全でないコードを〜で扱う 682 使用できる演算子を限定する 685 scalar疑似関数 925,1000 SDBM_Fileモジュール 1033 Search::Dictモジュール 1028 sed 41,180,1188 seek関数 926 ⇒tell関数 seekdir関数 927 SEEKメソッド 453 select関数 846,910,928,929 フォーマット変数 275 selectシステムコール クライアントのI/Oを多重処理する 518 SelectSaverモジュール 1030 SelfLoaderモジュール 346,995,1037 selfメソッド スレッドから自分のスレッドオブジェクトに アクセスする 532 semctl関数 930 semget関数 931 semop関数 931 send関数 932 setbuf(3) Cライブラリ関数 1065 setgid関数 502,1188 setgidプログラム 660 setgrent関数 853 sethostent関数 856 set-idプログラム 660 Unixカーネルのバグによるセキュリティ上の 問題 673 危険な操作を行なう際に実効UID/GIDを実UID/ GIDに戻す 670 setpgrp関数 932 setprgp関数 485 setpriority関数 933 setprotoent関数 860 setpwent関数 860 setservent関数 863 setsocket関数 933 setuid関数 502,1188 setuidプログラム 660 setvbuf(3) Cライブラリ関数 1066 shebang記法 1188 Shellモジュール 1031 shift演算子 38 shift関数 311,933 shmctl関数 934 ShMemパッケージ 511 shmget関数 935 shmread関数 935 shmwrite関数 935 short型(C言語) 949 shutdown関数 935 shutdownシステムコール 516 sigaction関数 487 SIGALRMシグナル 811 signalオプション(デバッガ) 611 sigprocmaskシステムコール 489 sigtrapプラグマ 484,1015,1031 sin関数 936 sleep関数 936 〜の代わりにselect関数を使う 930 sockaddrアドレス 858 socketpair関数 937 socketpairシステムコール 506 Socketモジュール 514,991,1031,1077 inet_ntoa関数 855 ネットワーククライアントからサーバにコネク トする 515 sort 変数 779 sort関数 49 キーのリスト 13 localeプラグマによってソート順を変える 1012 sortサブルーチン 33 SPITBOL 991 splice関数 943 バージョンによる違い 700 split関数 41,167,215,708,944 sprintf関数 453,947 sqrt関数(平方根) 950 srand関数 950 srcディレクトリ(CPAN) 646 stat関数 951 〜に対するメソッドインターフェース 1061 ファイルのパーミッションを8進数で指定 887 ファイルハンドルに対して〜を呼び出す 677 stat構造体 1188 STDERR 717,1188 STDERRファイルハンドル 800,847 STDIN 24,1188 STDIN, STDOUT, STDERRファイルハンドル 496 〜を経由してファイルハンドルを新しいプロセ スに渡す 496 クライアントコネクションに割り当て直す 519 STDINファイルハンドル 800,847 〜から1文字読む 852,1075 STDIO 1188 STDOUT 24,1188 STDOUTファイルハンドル 801,847 〜への出力 910 stickyビット 709 strictプラグマ 66,160,304,1019,1034 strictモジュール 18 struct 1188 Struct::Classモジュール 389 StrVal(overload::StrVal) 421 study関数 953 sub {} ループ制御と〜 143 substr関数 706,957 chop関数と〜 819 文字列の位置を操作する 207 subsプラグマ 1022,1034 〜を使って組み込み関数をオーバーライドする 357 subキーワード 251,262 sub宣言 285,955 SUPER疑似クラス 378,379 SV(内部スカラー値) 626,1188 SWIG 628 SWIGシステム 自動的にXSUBを生成する 628 switch文 144,707 PerlとC言語の違い 698 Sx用のPerlモジュール 649 Symbolモジュール 1028,1078 symlink関数 958 Sys::Hostnameモジュール 1031,1079 Sys::Syslogモジュール 1031,1080 syscall関数 811,958,991 syslog 〜デーモンにログを送る 1080 ファイルハンドルを〜に結び付ける 465 sysopen関数 493,508,895,960 ファイルの上書きを制御する 676 sysread関数 453,963 sysseek関数 964 System V IPCシステムコール 481 信頼性のあるシグナルをサポートしていない 487 system関数 964 〜の移植性 741 性能と〜 709 リスト引数形式によってシェルの使用を避ける 688 syswrite関数 448,454,965
T
-T(汚染チェック)スイッチ 514,519 -T(テキストファイル)テスト演算子 115 -T(ファイルテスト)演算子 33 -Tスイッチ(perl) 589,660 -tファイルテスト演算子 114 taintperlプログラム 701 tan関数 811 tar用のPerlモジュール 650 tarball(.tar.gzファイル)⇒tarファイル TCP 1189 インターネットドメイソケットでの〜 513 TCPクライアントとサーバ 515 teeプログラム(Unix) 461 tell関数 966 タイファイルハンドルに適用する 453 telldir関数 967 Tengwarスクリプト 475 Term::ANSIColorモジュール 1081 Term::Capモジュール 1033,1081 Term::Completeモジュール 1033 Term::Infoモジュール 1081 Term::ReadKeyモジュール 609,853,1081 Term::ReadLineモジュール 609,1033 Term::Rendezvousモジュール 614 termcapライブラリ 1081 test.plファイル 630,633 testコマンド(Unix) 23 Testモジュール 1037 Test::Harnessモジュール 1037 Text::Abbrevモジュール 1028 Text::ParseWordsモジュール 1028 Text::Soundexモジュール 1028 Text::Tabsモジュール 1028 Text::Wrapモジュール 1028,1082 Thread::Queueモジュール 541 Thread::Semaphoreモジュール 527,539,542 Thread::Signalモジュール 543 Threadメソッド 528 Threadモジュール 527 ⇒detachメソッド スレッドをシャットダウンする 531 joinメソッドからの例外をキャッチする 530 スレッドの生成 528 スレッドを識別する 531 スレッドを破棄する 529 プロセッサを明け渡す 532 tidメソッド 532 tie関数 423,967 use宣言やrequire宣言と〜 425 tied関数 424,969 Tie::Arrayモジュール 435,1034 〜のcd{SPLICE}サブルーチンを使う 440 Tie::Counterモジュール 432 Tie::DBIモジュール 465 Tie::DevNullモジュール 460 Tie::DevRandomモジュール 460 Tie::Handleモジュール 1034 Tie::Hashモジュール 442,1034 Tie::Persistentモジュール 465 Tie::RefHashモジュール 1034 Tie::Scalarモジュール 426,1034 Tie::SecureHashモジュール 399,465 Tie::StdArrayモジュール 435 Tie::StdHashモジュール 442 Tie::StdScalarモジュール 426 Tie::SubstrHashモジュール 1034 Tie::Syslogモジュール 465 Tie::Teeモジュール 460 Tie::VecArrayモジュール 465 Tie::Watchモジュール 465 Time::gmtimeモジュール 1031 Time::localtimeモジュール 1031,1083 Time::Localモジュール 1028,1083 Time::tmモジュール 1031 timelocal関数 878 Timer::HiResモジュール 811 times関数 970 time関数 969 Tk⇒Perl/Tk tkRunningオプション(デバッガ) 611 tmpfile(3) Cライブラリ関数 1065 TMTOWTDI 401,1189 tr///(変換)演算子 166,180,970,986 (バイトではなく)文字を変換する 476 〜用の修飾子 170 =~、!~結合演算子と共に使用する 167 troff 1189 truncate関数 970 tryブロック 837 tty 506 typedef 1189 typedef(C言語) 626 typemap 1189 typemapファイル 629
U
-uスイッチ(perl) 589 -uファイルテスト演算子 114 ucfirst関数 476,971 uc関数 476,971 UDP 1189 〜パケット 513 メッセージ伝達を行なう 520 UID(ユーザID) 502,820,1189 passwdファイルのエントリを〜で指定 861 ⇒$<変数; $>変数 umask 1189 umask関数 971 undef(未定義値) 88,827 undef関数 708,972 配列を〜してメモリを解放する 89 Underscoreモジュール 434 Unicode 56,469,1012,1189 〜属性 194 Perl文字クラスのショートカットと〜 194 音節文字を母音で分類する 199 ブロック属性 199 文字の分解 197 両方向レンダリング 198 〜に関する情報 195 〜のPerl属性 191 〜のサマリーの入手法 478 〜文字 44,71,806 識別子で使用 64 〜用のエディタ 474 〜を文字に変換 821 Perlで〜を使う上での注意 478 Unicode Standard, Version 3.0 478 ケース変換テーブル 476 合成属性 195 スマイルマーク 821 属性データベース 477 段落セパレータ文字 58 名前で文字を指定する 998 標準〜属性 196 文字列をタイトルケースに変換 183 ロケールと〜 874 ワイルドカードメタシンボル use utf8プラグマを使用 191 行セパレータ文字 58 UNIVERSALクラス 380 〜にメソッドを追加する 382 UNIVERSALモジュール 1034 Unix 7,1189 セキュリティに関するバグ 673 Unixオペレーティングシステム testコマンド、testスクリプトと〜 23 CPANモジュールのインストール 652 カーネルが#!を切り捨てる 573 unless修飾子 130 unless文 36 if文の代わりに使用 133 unlink演算子 83 unlink関数 973 unpack関数 738,974 〜とUnicode文字 477 〜用のテンプレート文字 902 unshift関数 311,976 unsigned short型(C言語) 949 untie関数 423,464,826,976 残っているリファレンスを除去しない 426 untieする際の落とし穴 462 until修飾子 130 untilループ 134 upcase関数 255 upメソッド 542 use 149 〜のグローバル宣言とレキシカルスコープ 150 use attributesプラグマ 267 use base宣言 377 疑似ハッシュによるクラスの実装と〜 391 use bytesプラグマ 473 use charnamesプラグマ 475 use fields宣言 377 use fieldsプラグマ 〜でフィールドを宣言する 389 use filetestプラグマ 115 use overloadプラグマ 406,1013 use subs宣言 384 use utf8プラグマ 191 Usenet 〜用のPerlモジュール 650 User::grentモジュール 853,1031,1084 User::pwentモジュール 1031,1085 useコマンド 336 use宣言 17,148,626,988 tie関数と〜 425 use strict 696 モジュールを〜する 351 use宣言⇒プラグマ UTF-8 56 可変長エンコード 471 システムコールで〜APIを使用する 802 〜(Perlバージョン) 471 〜プラグマ 473 〜文字を整数に変換する 477 〜モジュール 1030 バイト文字列から〜の文字列への変換 472 utime関数 979 utmpファイル→/etc/utmpファイル UV(内部符号なし整数値) 626
V
-vスイッチ(perl) 589 v-文字列 1190 $^Vの〜 796 values関数 447,979 varsプラグマ 1022,1034 vec関数 980 VERSIONメソッド 382 viエディタ 正規表現の使用法 41 デバッガのサポート 609 VMSオペレーティングシステム Perlアプリケーションを起動する 575 VRML 〜用のPerlモジュール 650
W
-Wスイッチ(perl) 591,785 -wスイッチ 〜とwarningsプラグマの関係 1025 diagnosticsプラグマによってオンになる 1002 perl 159,590,1089 警告メッセージをオンにする 23 -wファイルテスト演算子 114 wait関数 982 waitシステムコール 781 waitpid関数 982 wantarray関数 983 warningsプラグマ 159,595,1023,1035 warnLevelオプション(デバッガ) 611 warn関数 983 WeakRefモジュール 387 while修飾子 130 while文 32 〜におけるリスト代入 89 ブール値コンテキストを提供 83 whileループ 37,134 eof関数を〜で使う 835 山カッコ演算子と$_ 95 Win32::ChangeNotifyモジュール 1038 Win32::Consoleモジュール 1038 Win32::EventLogモジュール 1038 Win32::Eventモジュール 1038 Win32::FileSecurityモジュール 1038 Win32::Fileモジュール 1038 Win32::Internetモジュール 1038 Win32::IPCモジュール 1038 Win32::Mutexモジュール 1038 Win32::NetAdminモジュール 1038 Win32::NetResourceモジュール 1038 Win32::ODBCモジュール 1038 Win32::OLE::Constモジュール 1039 Win32::OLE::Enumモジュール 1039 Win32::OLE::NLSモジュール 1039 Win32::OLE::Variantモジュール 1039 Win32::OLEモジュール 1038 Win32::PerfLibモジュール 1039 Win32::Pipeモジュール 507 Win32::Processモジュール 1039 Win32::Semaphoreモジュール 1039 Win32::Serviceモジュール 1039 Win32::Soundモジュール 1039 Win32::TieRegistryモジュール 465,1039 Win32API::Fileモジュール 1039 Win32API::Netモジュール 1039 Win32API::Registryモジュール 1039 Windows→Microsoft Windows write関数 984 フォーマット関数、ピクチャ行の並びを宣言 する 850 WYSIWYG 1190
X
x演算子 27,28,110 -Xスイッチ 〜とwarningsプラグマの関係 1025 -xスイッチ(perl) 572,591 -xファイルテスト演算子 114 x=(代入)演算子 27,124 XML用のPerlモジュール 649 xor論理演算子 32,127 XS 1190 XSLoaderモジュール 1037 XSUB 1190 サブルーチンをPerl用にラップする 627 入力と出力 633 ⇒XS xsubppコンパイラ 628 XS言語 CとPerlの間で関数をラップする 628 外部サブルーチンをラップする 627 コードの移植性 742
Y
y///(変換)演算子 167,180,986 yacc 1190 yield関数 532
Z
-zファイルテスト演算子 114 zip 〜用のPerlモジュール 650
あ行
アーキテクチャ 1190 アークタンジェント 811 アクション コマンド実行、デバッガから指定する 605 アクション(デバッガ) 〜をすべて表示する 602 アクセサ 372 アクセサメソッド 1190 〜の作成 388 〜をクロージャで生成 395 オートロードで生成 393 疑似ハッシュと〜 390 クラスデータメソッドをアクセサのように働か せる 402 アクセス オーバーライドされたメソッドに〜する 378 タイ配列の要素を〜する 437 多次元配列のスライスを〜する 315 多次元配列を〜する 314 多次元ハッシュの〜 326 配列のハッシュに〜する 321 ハッシュの配列にアクセスする 323 複雑なデータ構造のレコードに〜する 329 アクセス時刻 ファイルの〜 951,979 アクセス制御リスト 1007 アクセスチェック コンストラクタで行なう 398 アサーション 164,184,1190 \bと\B(単語境界と単語境界以外) 209 \G位置アサーション 175 位置〜 207 \Aと^アサーション(文字列境界) 207 \z、\Z、$アサーション 208 自分で定義する 249 パターンマッチの優先順位 231 文字クラスと〜 193 ルックアラウンド〜 235 値 1191 〜を参照する 281 〜を未定義にする 972 〜をリファレンスする 281 スカラー→スカラー値 スコープに限定する 152 配列の〜→配列 ハッシュを〜でソートする 872 変数と〜 6 未定義値の真偽値 35 リスト→リスト値 値呼び 1191 値渡し @_の値をmyリストにコピーする 254 後置 1201 後始末 1191 サーバがゾンビプロセスを〜する 519 ゾンビプロセスの〜 486 アトミック操作 1191 アトム 231,1191 パターンマッチの優先順位 233 後読み 235,1191 後読みアサーション 235 アドレス PerlとCとの違い 698 再使用された〜の内容を表示する 613 ソケット名として 812 ネットワーク〜を名前に変換する 854,857 パックされたソケット〜 863 ホスト名から〜を得る 857 ホスト名からネットワーク〜を得る 855 アドレス演算子 1191 アドレス演算子(C言語) 128 アプリケーション 989 アラート(ベル) 71 アルゴリズム 1191 〜用のPerlモジュール 648 アンカー 46,207 暗号 950 暗号化 824 〜用のPerlモジュール 650 安全コンパートメント 安全でないコード用の〜 682 安全でない操作 589 アンブロックする 539 暗黙的 〜にメソッドを起動する 363 暗黙のリファレンス/デリファレンス 281 行き掛けの駄賃 1232 移植 〜する人の効率 711 移植性 gethostent関数を使うスクリプトの〜 856 Perlプログラム 735 関数の〜に関する情報 809 シグナルの〜 741 ファイルとファイルシステムの〜 739 〜のある 1191 位置 207 substr関数で文字列の〜を操作する 207 前回のマッチの直後の〜 210 単語境界にマッチする 209 パターンマッチの優先順位 229 文字単位で位置を数えるようになる演算子 477 文字列の終わりにマッチする 208 文字列の先頭にマッチする 207 位置アサーション 210 〜によってマッチの順番を変える 218 一時ファイル 〜によるセキュリティリスク 678 〜を安全に作成する 1062,1065 一気読み 1192 一旦停止 スクリプトを〜する 937 イディオム Perlの〜 718 イデオグラフ 44 \wでマッチする 475 インクリメント 1192 インスタンス 359,1192 インスタンスデータ 〜の管理 387 Class::Structによってクラスを生成する 392 Perl 5.6の新機能 399 オートロードでアクセサを生成 393 クロージャでアクセサメソッドを生成 395 クロージャを使ってプライベートオブジェク トを実現 396 インスタンス変数 372,1192 個別に関数を用意する 388 インスタンスメソッド 359 〜とオブジェクトリファレンス 362 インストール CPANモジュール Perlライブラリに〜する 653 CPANモジュールの〜 652 インターネット TCPクライアントとサーバ 515 インターネットサービス 〜のCPANモジュール 514 インターネットプロトコル 〜用のPerlモジュール 648 インターフェース 361,1192 バイトベースの解釈と文字ベースの解釈 472 インタープリタ 6,1192 Perl〜 21,555,557 コンパイラとの相互作用 564 Perl〜を#!行によって起動する 572 Perl〜を組み込んだアプリケーション 558 終了時のオブジェクト破棄 387 スレッド 524 複数のPerl〜を動かす 558 インタープリタ⇒コマンドインタープリタ インデクシング 1192 インデクス 配列のハッシュに〜を追加する 321 インポート 149,1192 シンボルをあるパッケージから別のパッケージ へ〜する 342 パッケージに〜する 976 別モジュールからサブルーチンを〜する 252 ⇒Exporterモジュール、シンボルをエクスポートする インボカント 362,1192 インライン化 定数関数の〜 264 定数関数のインライン化を防ぐ 265 ウェブ(WWW) xxvi ウェブ〜用のPerlモジュール 〜用のPerlモジュール 650 ウォッチ式 602,1192 ウォッチポイント Perl変数に〜を設定する 465 右辺値 60,1192 埋め込み 1192 上書き 既存のファイルの〜 競合条件 676 永久ループ→無限ループ エイリアス 1193 for/foreachループ 配列の要素をサーチして置き換える 178 for/foreachループで〜を作る 145 foreachループにおける〜 137 シンボルテーブルエントリ 66,92 シンボルテーブルキー、型グロブに対する代入 341 デバッガコマンド 607 文字を表わす 189 エクステンション 989,1193 エクスポート 349,1193 Exporterのimportメソッドを使わずにシンボル を〜する 355 シンボルを〜する 352,353 エスケープシーケンス 1193 制御文字 70 エディタ デバッガのサポート 609 エラー 1089,1193 $!変数 794 $@変数 784 %!ハッシュ 794 cd{$?}変数 781 warn関数でエラーメッセージを生成する 983 安全でないデータ 663 サブルーチンで〜が発生したことを示す 256 シンボルのエクスポートの失敗 356 エラー出力⇒STDERRファイルハンドル エラーメッセージ 717,1002,1089 〜を改善してユーザの効率を上げる 713 モジュールからの〜 1042 演算子 26,101,1193 〜としての名詞 19 〜の優先順位 27,101,101 C言語にあってPerlにはない〜 128 Safeモジュールによって使用できる〜を限定す る 685 位置や長さを文字単位で表わす〜 477 オーバーロード 103,405 オーバーロード可能な〜 409 環状リファレンスの問題 416 算術演算子 411 代入演算子 413 デリファレンス演算子 415 反復演算子 414 比較演算子 414 ビット演算子 412 変換演算子 410 論理否定演算子(!) 412 クォート演算子 73 クォートに文法上似ている〜 9 スカラーコンテキストをパラメータに提供 8 代入演算子 28 パターンマッチ〜用の修飾子 170 パターンマッチ用〜 165 マッチ〜と置換〜 162 文字列演算子 27 優先順位 C言語とPerlの関係 103 ループ制御のための〜 140 論理演算子 31 演算子オーバーロード 1193 エンタープライズソリューション 989 エンディアン 1193 終える→終了 オーディオ用のPerlモジュール 651 オートインクリメント 1193 オートインクリメント演算子(++) 30,106 マジック〜 107,414 オートデクリメント演算子(- -) 30,106 マジック〜 413 オートロード 1194 〜でアクセサを生成 393 オーナー 1194 オーバーライド 1194 〜されたベースクラスのメソッドを起動 381 base classメソッド 378 関数を〜する 357 オーバーロード 103,405,795,1013,1194 〜に関する関数 421 〜の自動生成 411 〜の診断 422 nomethodとfallback 418 overloadプラグマ 406 オーバーロード可能な演算子 409 環状リファレンスを避ける 416 継承と〜 421 コピーコンストラクタ(=) 416 実行時に〜する 422 数学関数 414 ソートと〜 414 定数を〜する 419 文字列化 456 オーバーロードされた文字列定数 〜によってテキストを変換する 249 オーバーロードハンドラ 407 オープン ソケットを〜する 937 低レベルシステムコールでファイルを〜する 960 オープンソースソフトウェア 1194 大文字に変換 72,176 置き換え グローバルなサーチと〜 177 配列要素の〜 943 マッチした部分文字列→s///(置換)演算子 置き換え文字列 /e修飾子を使って〜を作成する 242 オクテット→バイト 汚染 〜されたデータを返す関数 809 汚染されたデータを検知して汚染を除去する 664 汚染チェック 661 汚染モード 〜で実行すべきプログラム 660 -Tスイッチによって明示的に有効にする 661 自動的に〜を有効にする 660 汚染モードを使う 659 コードの汚染をチェックする 681 名前空間を〜する 353 汚染された 1193 汚染チェック 519,589 汚染モード 〜と正規表現マッチ 1014 ファイルハンドルの汚染を取り除く 1066 オブジェクト 15,359,1194 〜へのリファンス 8 〜メソッドへのリファレンス 301 〜を扱う関数 808 〜を文字列に変換 298 Perlのオブジェクトシステム 361 インスタンスデータの管理 387,389 Class::Structによってクラスを生成する 392 Perl 5.6の新機能 399 オートロードでアクセサを生成 393 クロージャでアクセサメソッドを生成 395 クロージャを使ってプライベートオブジェク トを実現 396 インスタンスデストラクタ 385 ガベージコレクションと〜 387 クラス 336 クラスデータの管理 400 グローバルな破棄を制御する 594 継承可能なコンストラクタ 371 コンストラクタ 286,369 イニシャライザ 372 タイ変数に隠された〜 〜へのリファレンスを壊す 464 タイ変数の元となる〜 424 ブレスする 105,814 他のオブジェクト内に格納する 386 メソッド 294 オブジェクト指向プログラミング 337,359 〜における抽象化 362 〜用のPerlモジュール 648 オブジェクト指向モジュール 349,988 メソッド呼び出し 352 オブジェクトメソッド 〜をロックする 538 Threadオブジェクト 527 オプション 1194 オプション→修飾子 オプション→スイッチ(コマンドライン) オプション処理 〜用のPerlモジュール 649,1066,1067 オフセット 1194 m//が成功した〜 909 read関数と〜 914 seek関数 926 オペコード 550,555,626 オペランド 1194 オペランドスタック 556 オペレーティングシステム x,1194 〜用のPerlモジュール 648 flockのサポート 491 fork演算子のサポート 499 GUIに依存する〜 740 perlインタープリタ、〜上で開始する 21 Perlのポート 646 Perlプログラムの移植性 735 インタープリタを#!行によって起動する 572 改行文字のバリエーション 737 コマンドインタープリタ→コマンドインタープ リタ シグナルとそのデフォルトの振る舞い 484 シグナルの信頼性 488 スレッドライブラリ 527 ソケットのサポート 514 非Unixシステムで#!メカニズムを実現する 574 モジュール名をディレクトリ名に変換する 350 オペレーティングシステム名 794 親クラス 360,1195 親プロセス 849 折り返し テキストの〜 278,1082 テキストの〜を行なうPerlモジュール 649 終わる 無限ループを〜 136
か行
カーネル Unix〜のバグによるset-idプログラムの問題 674 シグナルの信頼性 487 シグナルを発生させる 483 自動的にゾンビを後始末する 486 スレッドと〜 526 改行文字 57,1195 〜を除去 26 〜を含む文字列に対するマッチ 171 chomp関数で削除する 818 Perlプログラムの移植空と〜 736 空行と真偽値 38 ドット( . )メタキャラクタがマッチする 190 ファイル名に含まれる〜によるセキュリティリ スク 670 文字列リテラル内の〜 72 開発サポート用モジュール 648 開発ツール コード〜 562 外部サブルーチンの移植性 742 解放 メモリを〜する 308 カウンタ 魔法のカウンタ変数 432 化学用のPerlモジュール 651 書き込み可 ファイルテスト演算子 33 書き込む ファイルに〜、openのモード 891 書き戻し編集 582 $^Iによる〜 788 書く スクリプトを〜→スクリプト 先有メモリセグメントに〜 935 低レベルシステムコール経由でデータを〜 910,911,965,984 拡張 配列を〜する 89 配列をあらかじめ〜しておく 708 隔離 怪しいげなコードを〜する 682 加算 27 オーバーロードされたプラス(+)演算子 407 カスタマイズ デバッガ エディタによるサポート 609 初期化ファイルを使う 610 デバッガオプション 611 デバッガの〜 609 〜用の関数 618 仮想 1195 仮想マシン Perl〜 555 型 1195 型→データ型 型キャスト 1195 型キャスト演算子(C言語) 128 型グロブ 6,63,92,279,299,1195 〜の自動生成 450 〜の内容を表示する 613 〜を使ってシンボルテーブルをエイリアスする 343 IO::Handleオブジェクト 288 local関数と共に使う 877 型グロブへのリファレンスと型グロブの比較 287 サブルーチンを〜に解決する 363 シンボルテーブルハッシュ内の〜 340 シンボルを〜に変換する 1078 ファイルハンドルへのリファレンスを生成する 287 ファイルハンドルをタイで結び付ける 424 プロトタイプシンボル(*) 7 無名〜 287 無名〜を生成する 1078 型付きのレキシカル変数 1195 型変換 文字列と〜 69 カッコ ()→() カテゴリー 関数の〜 806 文字の〜 196 カプセル化 15,294,361,1195 クロージャをオブジェクトにする 396 名前空間ベースの〜 465 ガベージコレクション 308,1196 DESTRYOメソッドによる〜 387 タイ変数に結び付けられたオブジェクトの〜 432 可変長UTF-8文字 471 可変長レコード 273 可変引数 1196 可変引数関数 Perlの〜 254 加法演算子 111 画面表示 コマンドライン(デバッガ)の〜 612 空のサブクラステスト 375,1196 空のファイルハンドル 山カッコ演算子と〜 96 空文字列 1199 空リスト 86,1199 〜を配列に代入 89 仮引数 780,1196 カレント作業ディレクトリ 1196 〜を取得する 1046 カレントパッケージ 1196 環境 1196 〜をクリーンアップする 668 環境変数 591,783,1196 〜の移植性 741 PERL_DESTRUCT_LEVEL 387 PERLDB_OPTS、デバッガオプションを設定す る 615 Perlとシェルプログラミングとの違い 699 汚染チェック 661 モジュールが使用する〜 594 関係演算子 117,1196 〜は結合しない 117 関係演算子→比較演算子 環状リファレンス 308 オーバーロードにおいて〜を避ける 416 切り離す 387 関数 19,803,1196 〜の生成 300 〜の名前 716 〜のハッシュ 328 〜をオートロードする 345,383 〜をオーバーライドする 357 〜を文字列中に展開する 441 〜をモジューからプログラムにエクスポートす る 353 Cライブラリ 805 Perl プラットホームによる相違 736 Perlの〜でCをラップする 628 return演算子と〜 140 Threadモジュール 528 一時ファイルを生成する 679 演算子と〜 101 オーバーロードに関する〜 421 汚染されたデータを返す〜 809 カテゴリー別 806 シグナルハンドラ 483 ソケット関連の〜 513 デバッガのカスタマイズ用〜 618 デバッガの内部関数を呼び出す 611 デフォルト引数の誤りを避ける 697 名前付き単項演算子 111 バイト指向のラッパー 474 リストコンテキストとスカラーコンテキスト 805 リファレンスを受け渡しに使う 260 関数⇒サブルーチン 関数テンプレート 〜としてのクロージャ 302 関数呼び出し 104 間接オブジェクト 1197 間接オブジェクト記法 365 〜における曖昧さ 366 間接オブジェクトスロット 365,1197 明示的にパスを〜に指定 663 間接指定 68,279,1197 間接ファイルハンドル 889,1197 間接目的語 1197 Perlにおける〜 365 完全修飾名 65 名前を〜にする 1078 慣用句 Perlの〜 718 間置 1197 間置演算子 27 間置デリファレンス演算子→矢印演算子 偽 1197 キー 1197 疑似ハッシュの〜をマップする 390 キー/値のペア 12 キー/値ペア 〜をハッシュから削除する 441 %INCハッシュでモジュールを管理する 350 each関数によってハッシュの〜を得る 835 シンボルテーブル内の〜 340 データの構成とアクセス 319 ハッシュ 60,90 キーボードでシグナルを発生させる 483 キーワード 1199 記憶領域中の位置(左辺値) 28 記号の単項演算子 107 疑似演算子 オーバーロードと〜 410 疑似関数 1197 疑似コマンド パイプ 502 疑似ハッシュ 294,1198 〜によるクラスの実装 884 〜によるクラスの実装と継承 391 fieldsプラグマで利用する 1005 use fieldsプラグマで使用する 390 オーバーロードによって〜をシミュレートする 415 記述子 1198 基準時刻($^T) 781 疑似リテラル 1198 疑似リテラル→入力演算子 偽値 8,34 基底クラス 360 起動 1198 起動する→実行する 逆クォート(`) 7 逆クォート演算子の移植性 741 逆順にする printとprintf文を〜(タイファイルハンドルを 利用) 449 逆スラッシュ パターンマッチにおける〜 233 逆スラッシュ( \ ) ダブルクォート文字列での解釈 7 逆向き 配列やハッシュを〜にする 923 キャッシュ 308 キャピタライズ(語頭を大文字にすること) 64,971 〜を変える 183 lc関数とlcfirst関数 874 エスケープシーケンス 71 大文字に変換する(\uエスケープ) 176 サブルーチン名 253 タイ変数用のメソッド名 426 裸のワードとの問題 75 パッケージ/モジュールの名前 716 ラベル名 134 モジュール名 351 キャプチャ 211,1198 〜せずにクラスタ化を行なう 215 英数字のワード 175 キャリッジリターン⇒改行文字 行 1198 〜境界アサーション 207 行セパレータ文字 58 行ターミネータ プロセス間通信 インターネットプログラム 519 境界 単語〜(マッチ) 209 境界言明 46 競合条件 〜の扱い 675 ファイルロックと〜 491 行指向のクォート 77 共通部分 集合の〜 259 行入力演算子 25 行入力演算子→山カッコ演算子 行バッファリング 1198 行番号 80,1198 $.変数 822 入力ファイルの〜 789 行末処理 自動的に〜を行なう 584 共有ファイルロック 491 共有メモリ 1198 システムV IPC 509 システムV IPCへのアクセスを制御する 509 システムV用の関数 934 切り捨てる 数を〜 869 配列を〜 89 切り詰める 1198 空白文字 43,57,714,803,1199 〜を正規化する 179 クォート文字の中で使う 74 パターンマッチの/x修飾子 171 ヒアドキュメントで先頭の〜を除去する 78 フォーマットにおける〜 273 変数名やクォートの区切りとして使用 701 空文の真偽値 38 クォート 7 〜を使用しない 75 formline関数の引数における〜 852 行指向の〜 77 クォート演算子 73 ダブル〜 166 パッケージ〜 368 非Unixシステムにおける〜の扱い 576 ブレース内の〜 73 変数展開コンテキスト 84 文字列で使用される〜 9 文字列と〜 71 文字列表示のスタイルを変える 613 クォート実行演算子→`(逆クォート)演算子 クォート風の演算子 103 区切り文字 単語境界マッチと〜 209 区別(大文字と小文字) 183 組み込み 1199 データ型 59 組み込みPerl 635,638 perlインタープリタプログラム 625 Perlインタープリタを〜に追加する 636 PerlスタックをCから操作する 639 組み込みプログラムをコンパイルする 635 組み込み演算子 文字ベースの解釈を適用する 473 組み込み関数 1199 〜が失敗した時に例外を発生させる 1052 〜のオーバーライドと継承のオーバーライド 379 プロトタイプでエミュレートする 261 〜をオーバーライドする 357 クライアント 1199 TCP 515 ネットワーク〜の名前を得る 516 クラス 336,359,988,1199 @ISA配列、base pragmaと共に指定 377 〜データの管理 400 クラスデータへのリファレンスをオブジェク トそのものに格納する 403 〜の継承 374,996 UNIVERSALクラス 380 オーバーライドされたメソッドにアクセスす る 378 プライベートメソッド 384 メソッドのオートロード 383 〜のためにパッケージをクォートする 368 〜を扱う関数 808 Class::Structモジュールによって生成する 392 オブジェクト 370 疑似ハッシュによる〜の実装 884 スカラーをタイする〜 427 タイハッシュを実装する〜 441 タイファイルハンドルを実装する〜 448 タイ変数を実装する〜 425 バージョン番号を返す 382 パッケージ 105,967,976 パッケージを〜として使う 362 ベース〜→ベースクラス モジュールと〜 337 〜定義 オブジェクトモジュールによる〜 349 クラス継承 374 クラスタ 1199 クラスタ化 キャプチャせずに〜を行なう理由 215 パターンの〜 215 クラス変数 400 クラスメソッド 359,1199 〜とパッケージ名 362 Threadクラス 527 コンストラクタとしての〜 371 クラッカー 1199 グラフ用のPerlモジュール 650 クリアする ハッシュを〜 446 繰り返し 1199 繰り返し(x)演算子 27,28,110 繰り返し→ループ 繰り返し文 37 foreach文 39 for文 38 until文 37 while文 37 グリニッジ標準時(GMT) 865 グルー言語 1199 〜としてのPerl 24 グループ 1200 〜を扱う関数 808 プロセス〜 485 プロセス〜の優先順位を返す 859 プロセス〜をkillする 873 プロセス〜を扱う関数 807 ユーザ グループ名 854 ログイン名 853 グループID→GID グループ化 正規表現の〜 164,184,233 ネストする 213 グループ名 854 グレーブアクセント 逆スラッシュ 94 クレジットカード 〜用のPerlモジュール 651 クロイスタ 216,1200 〜からパターン修飾子を取り去る 216 クロージャ 154,299,1200 〜でアクセサメソッドを生成 395 〜でネストしたサブルーチンをエミュレートする 303 〜の生成 252 〜を型グロブに代入してサブルーチンを定義す る 345 〜を使ってプライベートオブジェクトを実現 396 関数テンプレートとして 302 スレッド 528 クローズ タイファイルハンドルを〜する 452 グローバル 1200 〜なサーチと置き換え 177 〜変数 151 〜宣言 148 グローバル宣言⇒our宣言 グローバルデストラクション 1200 グローバル変数 〜としてのパッケージ変数 337 〜の宣言 155,898 local演算子を〜に適用 157 use strictプラグマで制御する 160,1020 スレッドからのアクセス 533 ローカル化する 876 グローバルマッチ→/gパターン修飾子 グローバル名 モジュール名を先頭に付ける 16 グロブ 1200 ファイル名を〜する 98 グロブ演算子 98 グロブ関数 99,864 警告 1200 タイオブジェクトに対して残っているリファ レンス 464 未定義値についての〜 129 レキシカルな〜 ${^WARNING_BITS} 802 警告メッセージ 590,983,1002,1089 〜を横取りする 799 -wスイッチでオンにする 23 モジュールからの〜 1042 継承 360,1200 @ISA配列経由の〜 376 〜による再利用 337 アクセス制限と〜 399 オーバーロードと〜 421 クラス 単一〜と多重〜 375 クラス〜 374 クラスアクセサの〜 403 クラスとオブジェクト 疑似ハッシュによる実装 391 クラスの〜 337,996 コンストラクタの〜 371 Exporterクラスから〜する 353 継続 1200 継続行 786 契約 モジュールとユーザ間の〜 353 ケース /i修飾子(大文字と小文字を区別しない) 170 〜を無視してマッチする 224 Unicodeテーブルを使う変換演算子 476 エスケープシーケンス 変数展開パスで〜を処理する 188 ゲーム 〜用のPerlモジュール 651 結合 DBMファイルをハッシュに〜する 826 変数をパッケージに〜する 423,967,976 結合演算子(=~) 42,108 tr///(変換)演算子と共に使用する 180 パターンマッチ演算子と共に使用する 167 結合性 演算子 117 結合文字シーケンス \Xでマッチする 476 \Xによって〜にマッチする 191 結合則 1201 言語 自然〜と人工〜 4 変換する 732 文字の〜をチェックする 199 言語の拡張 Perlモジュール 648 減算 オーバーロードされたオブジェクト 407 減算→加法演算子 減少させる 変数を〜 30 言明 1201 言明→アサーション コアダンプ 1201 dump関数と〜 834 Thread::Signalモジュールによって〜を回避する 543 シグナルによってCライブラリ内で〜が起こる 484 パターンマッチによるサービス妨害攻撃 690 コアファイル 589 コアモジュール Perlの〜 648 語彙素 1201 項 1201 Perlにおける〜 60 優先順位 103 項数 101 演算子の〜 102 合成Unicode属性 195 構造体 1201 〜のフォーマット 904 〜をエミュレートする 392 構造的メタキャラクタ 正規表現における〜 164 構造的メタシンボル 184 肯定の先読みアサーション 236 構文 1201 〜をチェックする 579 Perl 60 構文解析 1201 構文木 546,550,1201 〜の再構成 547 内部〜を保持する 559 元の〜を再構成して現在の構文木に接合する 561 構文糖 13,74,292,528,585,1201 後方互換性 1201 後方参照 47,174,211,695,778,1201 カッコで〜を作成する 213 数字を名前に持つ変数でアクセスする 212 マッチした部分文字列をもとにパターンを作る 247 後方参照⇒パターン 傲慢 1202 効率 プロファイル 619 効率→性能 コード 〜開発ツール 562 〜の効率 710 〜の再利用 718 安全でない〜を扱う 681 Safeモジュールの使用例 685 安全コンパートメント 682 データのふりをしているコード 687 デバッガで〜を探して表示する 603 文字ベースの解釈とバイトベースの解釈を混用 する 473 コードアサーション 変数展開をともなう〜を有効にする 1014 コードサブパターン 1202 正規表現における〜 243 コードジェネレータ 559,560,1202 Cコードジェネレータ 561 バイトコードジェネレータ 560 コード生成 547 コードレフ 291,406 コールバック 300,1203 国際化 56,743 〜用のPerlモジュール 650 Unicodeによるテキストデータの〜 469 固定8ビット文字 471 コネクション 1202 〜をシャットダウンする 936 コピーコンストラクタ 416 子プロセス 〜が返すプロセスID 849 書き込み用に開始する 500 読み出し用に開始する 500 子プロセス⇒プロセス コマンド 1202 〜の名前 18 〜バッファリング 794 関数のハッシュに格納する 328 再実行する文字(デバッガ) 611 処理 572 デバッガ オプションの操作 608 デバッガのドキュメントを見る〜 608 弱い権限で〜にアクセスする 670 ループ制御のための〜 140 コマンド(pod) 748 コマンドインタープリタ 571 非Unixシステムにおけるクォートの扱い 576 コマンド処理 571 Perlを置く場所 577 コマンド入力演算子→逆クォート演算子 コマンドバッファリング 1202 コマンドヒストリー ステップ実行と実行 599 デバッガ 599 〜を表示する 602 アクションと〜 605 コードを探す 603 トレース 602 ブレークポイント 600 デバッガの〜 596 デバッガを再スタートさせる 607 デバッガを終了させる 607 コマンド名 1202 コマンドライン 〜からperlインタープリタを呼び出す 21 〜の画面表示 612 コマンドラインスイッチ→オプション処理 コマンドライン引数 1202 コマンドラインフラグ→オプション処理 コマンドライン編集 〜用のPerlモジュール 649 ごみ集め 1202 コメント 1202 /xパターン修飾子による拡張 171 PerlとCとの違い 698 処理する前に〜を捨てる 220 定義 58 複数行の〜 746 小文字に変換 72 コンストラクタ 286,359,369,1203 〜でアクセスチェックを行なう 398 〜にクラス名かオブジェクトを渡す 371 〜の名前 373 bless関数と〜 370 newメソッド 886 イニシャライザ 372 継承可能な〜 371 タイ変数のクラス 424 コンテキスト 80,1203 スカラー〜とリスト〜 81 ブール値コンテキスト 83 変数展開(ダブルクォート)コンテキスト 84 無効〜 84,983 コンテキスト⇒リストコンテキスト、スカラーコンテキスト コンテキストスタック 556 コンテナクラス 自己参照データ構造 387 コントロールA 176 コントロールC 71 〜用のシグナルハンドラ 483 シグナルを発生させる 483 コントロールD 80 EOFして使う 731 コントロールZ 80 EOFして使う 731 シグナルを発生させる 483 コンパイラ 782,1203 Perl〜 インタープリタとの相互作用 564 Perl〜に関連するモジュール 648 Perl〜のバックエンド 559 グローバル宣言と〜 148 正規表現〜 226 コンパイラヒント 787 コンパイル 545,625 〜の順序 568 Perlプログラムのライフサイクル 546 コード生成フェーズ 547 コンパイルフェーズ 546 あなたのコードを〜する 548 組み込みプログラム(C言語)をコンパイルする 635 構文木再構成フェーズ 547 コンパイル時 1203 〜とコンパイルフェーズ 549 〜にデバッガを制御する 598 コンパイル単位 66,1203 コンパイルフェーズ 1203 〜とコンパイル時 549 Perlプログラムの処理 626 コンフィギュレーション Perlをデバッグ用に〜する 580 コンフィギュレーションファイル 〜用のPerlモジュール 649 コンマ( , )→, コンマ演算子 スカラーコンテキスト 702 コンマ演算子⇒演算子
さ行
サーチ グローバルな〜と置き換え 177 サーチパス %INC 788 サーチプログラム 41 サーバ 1204 〜用のPerlモジュール 650 TCP 515 汚染モードの重要性 661 ネットワーク〜 516 受け入れたコネクションを処理するクローン をフォークする 518 サービス 1204 サービス妨害攻撃 685 セキュリティ 690 サービスポート 〜の名前と番号を変換する 862 再帰 1203 サブルーチンの〜呼び出し 256 再帰性 ロックの〜 534 再帰マッチ 247 再帰レキシカルパッドスタック 557 最左 〜にマッチする 206 最左最長 1204 再使用されたアドレス 〜の内容を表示する 613 最少マッチ 46,185,206 再初期化式 forループ 135 最大回数と最小回数を指定 パターンマッチ 44 最長マッチ 185,206 最適化 Perlコンパイラにおける〜 549 性能と〜 703 再配布自由 1204 再利用 コードの〜 718 作業ディレクトリ 1204 先読み 235,1204 先読みアサーション 231,235,236 削除 tr///演算子を使って文字を〜する 181 ディレクトリを〜する 924,974 デバッガのアクションをすべて〜する 605 配列要素を〜する 908,933,943 ハッシュの要素を〜する 829 ファイルを〜する 973 ブレークポイントを〜する 601 文字を〜する 818 サブクラス 360,1204 属性 スーパークラスをオーバーライドする 389 サブシェル 〜で環境変数を使用する 592 サブ配列とサブハッシュ リファレンスを配列に格納する 10 サブパターン 1204 サブルーチン 7,251,362,1204 〜定義を別ファイルからロード 149 〜の属性 994 〜の名前 63,252 〜の戻り値 254 〜へのリファレンスを取得/渡す 342 〜へのリファレンス 8 〜呼び出しとメソッド 371 〜をexitで中断する 844 〜をオートロードする 345,383 〜を間接的に呼び出す 252 〜を定義する 253 AUTOLOAD処理のためにパッケージで〜する 384 B::Xrefモジュールによるクロスリファレンス 562 do SUBROUTINE演算子 834 gotoで〜を置き換える 147,867 lvalue属性 399 Perlの〜をCから呼び出す 636 return関数 922 sort用〜にreverseは使えない 701 インライン化と再定義 265 エラーが発生したことを示す 256 外部〜 〜の移植性 742 外部〜(XSUB) 627 クラスと同じ名前 368 スコープ 257 スレッドのためにロックする 536 locked属性 538 性能と〜 705 宣言 955 定数〜 343 データの受け渡し 253 名前付き〜 コンパイラとインタープリタの相互作用 564 ネストした〜 303 裸のワードとの混同 699 パラメータリストの扱い 254 引数 780 プロトタイプの注意点 266 別モジュールから〜をインポートする 252 マッチする〜を表示するデバッガコマンド 604 無名〜へのリファレンス 285 メソッドと〜 363 メソッドの解決 375 ユーザ定義〜 19 リファレンスを返す 286 リファレンスを渡す 259 レキシカルスコープを持つ〜 883 サブルーチン⇒関数 サブルーチン呼び出し 〜をステップ実行しない 600 サブルーチン呼び出しスタック 815 左辺値 60,62,1204 〜を返すメソッド 399 サブルーチンのlvalue属性 267,269 修飾子と〜 152 代入演算子と〜 124 パターンマッチ演算子を〜に適用する 168 左辺値演算子 28 代入、戻り値 30 左辺値修飾子 1205 左辺値にできる 1205 三角関数 1072 三項演算子 27,101,1205 〜としての?: 122,146 オーバーロードはできない 407 算術演算 オーバーロードされたオブジェクトと〜 407 算術演算子 26,101,108,1205 オーバーロードする 411 二項算術演算子 27 評価する順序 27 算術ライブラリ(C言語) 634 参照→リファレンス 参照呼び 1205 詩 Perl〜 768 シーケンシャルマッチ 230 シード 乱数の〜 950 ジェネレータ Perlプログラムを生成する 729 シェバン(shebang)記法→#! シェル 1205 -|パイプ疑似コマンドによって〜をバイパス する 502 〜で環境変数を使用する 591 〜の使用を避ける 671 〜プログラミングとPerl 698 〜を起動する文字(デバッガ) 611 〜を使うことによる落とし穴を避ける 687 Bourneシェル(sh) 574 I/Oストリームを用意 24 WindowsシステムでPerlが使用する代替〜 593 環境変数がもたらすセキュリティの問題 669 クォートを渡す 582 シェルのメタキャラクタを含むパイプコマンド を〜に渡す 892 デバッガコマンドと〜 606 パイプコマンドを実行する 500 複数引数形式のパイプのopenで〜の起動を避 ける 500 時間 指定した〜だけスリープする 937 時間の計測 alarmによる〜 811 サブルーチンの実行時間の比較 619 スクリプト実行〜 116 式 1205 〜の値を文字列に埋め込む 299 EXPRとLIST 131 Perlの〜を置き換え文字列に指定する 240 ループで〜をコンマで区切る 135 ループで複数の〜を用いる 135 識別子 57,64,1205 〜中のシングルクォート( ' ) 71 PIDを推測する 678 UID 〜をpasswdファイルのエントリに変換 862 Unicodeの英数字を含む〜 475 下線(_)で始まる〜、バージョンによる扱いの 相違 700 行指向のクォート 77 共有メモリセグメントの〜 935 実効UID/GIDを実UID/GIDに戻す 670 実効ユーザID/グループIDが実ユーザID/グ ループIDと異なる 660 スレッドID 531 セマフォ 931 名前と〜 65 裸の〜、裸のワードと〜 76 パッケージ〜 338 パッケージシンボルテーブルの中の〜 339 ブレースで囲む 73 プロセスID(pid) 895 プロセスグループID 485 Perlモジュール 350 字句解析 626,1205 Perlコンパイラにおける〜 549 シグナル 481,482,1205 %SIGハッシュ 799 〜によってCライブラリ内でコアダンプが起 こる 484 〜の移植性 741 〜の発生源 483 〜をスレッドに届ける 527 〜をブロックする 489 sigtrapプラグマでトラップする 484 Thread::Signalモジュール 543 遅い操作をタイムアウトさせる 488 ゾンビプロセスの後始末 486 プロセスグループにシグナルを送る 485 プロセスを〜で殺す 873 シグナルハンドラ 1205 Perlスタックのトレースを表示させる 1015 PerlとCとの違い 698 sigtrapプラグマで〜を設定する 1015 文字列で定義する 339 時刻 969 〜の移植性 743 〜用のPerlモジュール 648 〜を扱う関数 808 UDPプログラムで他のマシンから〜を得る 520 グリニッジ標準時(GMT) 865 ファイルのアクセス/修正〜 951,979 ファイルの古さ 116 ローカルなタイムゾーンの〜 878,1083 時刻のベース($^T) 781 自己マッチ文字 233 指数記法 70 システム 実行中の〜のホスト名を得る 1079 システムV IPC 509 〜の移植性 741 〜を扱う関数 808 共有メモリ用の関数 934 セマフォ用の関数 930 プロセスグループを殺す 873 メッセージ用システムコール 881 システムコール 958,1206 〜の再スタート 488 ioctl関数とfcntl関数 870 PerlとCとの違い 698 シグナルによる〜の中断 488 性能と〜 709 自然言語 4 〜の扱いを制御する環境変数 592 実GID→$(変数 実UID→$<変数 実行 〜の順序 568 Perlプログラムの〜 21,547,571 コードを〜 555 条件によるコードの〜 32 デバッガの無人運転 614 他のプログラムをPerlから〜する 964 メソッドを〜する 362 実効GID(グループID) 782 実効GID→$)変数 実効UID→$>変数 実行可能イメージファイル 547 実行可能形式 989 実行可能ファイル 1206 実行時 1206 〜と実行フェーズ 549 実行時パターン 1206 実行速度 〜を計測する 1039 実行ビット 1206 実行フェーズ 547,1206 〜と実行時 549 実装 1207 実引数 1207 自動スプリット 1207 自動スプリットモード 578 自動生成 287,293,1207,1207 オーバーロードの〜 411 オートインクリメントとオートデクリメント 演算子 413 オーバーロードの〜を避ける 418 ソケットを〜する 937,937 自動生成(autovivification) 843 型グロブ 450 ファイルハンドルの〜 889 自動的 〜行末処理 584 自動分割 346 シフト演算子 111 シャドウパスワード 861,1085 種 乱数の〜 950 自由形式言語 57 集合 共通部分 259 修飾 名前を完全〜する 1078 修飾された 1207 修飾されていない 名前を探す 65 修飾子 1208 単純文 130 パターン〜 m//(マッチ)演算子 174 s///(置換)演算子に指定する 177 tr///(変換)演算子に指定できる〜 181 パターン〜を閉じ込める 216 パターンマッチ用〜 170 文〜 量指定子と〜 165 修正 ファイルの〜時刻 951,979 終了 Perlデバッガを〜させる 607 プログラムを〜する 3 プロセスを〜する 873 無限ループを〜する 136 終了ステータス 781,1208 ENDブロックで〜を変更する 567 主題化 15 出力 〜ファイル、openのモード 891 〜用ファイルハンドルをセレクトする 928 〜を扱う関数 807 3方向パイプ 505,1070 ioctl関数 869 XSUBの〜 633 双方向パイプ 504,1069 デバッガの設定 614 パイプ 499 STDOUTを別プログラムへの〜として使用 500 フィルタリングする 503 配列とハッシュの〜スタイルを変える(デバッ ガ) 613 ファイル記述子に対して〜可能かチェックする 929 フォーマット出力アキュムレータ 851 レコードセパレータ→$\変数 出力⇒STDOUTファイルハンドル 出力ファイルハンドル⇒STDOUT 出力フィールドセパレータ→$,変数 出力レコードフォーマット 〜を宣言する 271 首尾一貫性 806 順序 関数の優先順位 803 順序付けされていないリスト→ハッシュ 順番→優先順位 消去→削除 条件 1208 パターンへの〜付き展開 248 条件(?:)演算子 122,146 条件コンテキスト→ブール値コンテキスト 条件式 forループ 135 ブレースを使わずに〜を書く 132 条件によるコード実行 32 条件文⇒if文、unless文 条件変数 539 照合順序 1208 乗算 27 文字列、繰り返し演算子 28 小数点 〜を揃える 272 状態 クラスオブジェクトで共有される共通の〜 400 クラスデータのアクセサメソッドによる継承 404 冗長性 Perlにおける〜 33 小なり(<)演算子 117 小なりまたは等しい(<=)演算子 117 乗法演算子 27,110 剰余 1208 初期化 〜ファイルによるデバッガのカスタマイズ 610 オブジェクトの〜 372 サブルーチン呼び出しの前に変数を〜 258 配列とハッシュスライスの〜 110 ハッシュ変数 90 初期化式 forループ 135 除去する→削除 文字を〜する 818 除算→乗法演算子 初心者プログラマ よくある誤り 693 書法 プログラミングの〜 713 所有者 1208 ファイルの〜 820 処理 シェルコマンドを〜する 572 シリアライズ 1208 シリアルポート 〜用のPerlモジュール 648 真 1208 真偽値 if文とunless文 36 Perlにおける評価 34 シングルクォート 解釈を抑制 7 単語の短縮形と〜を区別する 236 パターンの再コンパイルと〜 171 パッケージデリミタとして 338 変数展開とエスケープ処理を行なわない 223 人工言語 4 心臓部 625 診断メッセージ 1002 診断メッセージ→エラーメッセージ、警告メッセージ 真値 8 伸長 CPANモジュールの〜 652 シンボリックデバッガ 1208 シンボリックデリファレンス use strictプラグマでチェックする 160,1019 シンボリックリファレンス 279,304,1208 シンボリックリンク 958,1209 〜からファイル名を得る 916 lstat関数と〜 879 Unixにおけるセキュリティリスク 674 シンボル 1209 〜を型グロブに変換する 1078 メタ〜 〜をエクスポートさせない 356 〜をカレントパッケージにインポートする 350 エクスポートリストに入れない、インポートリ ストから除く 354 ジェネリックなワイルドカード 190 モジュールから〜をエクスポートする 352 シンボルテーブル 63,65,340,1209 〜におけるフォーマット名の扱い 851 〜へのリファレンス 288 local演算子で一時的に変更する 158 カレントパッケージが〜を決める 337 完全修飾名の〜 65 シンボリックリファレンスは〜のエントリを表 わす 280 パッケージ 907 パッケージの〜 339 パッケージの〜を表示する 613 別の〜にエイリアスする 92 別の〜へのリファレンスを保持する 340 シンボルテーブルエントリ スイッチ 1209 -wスイッチ 804 スイッチ(コマンドライン) 572,578 -eスイッチ 572 デフォルトのスイッチ指定 593 スイッチクラスタ 1209 スイッチ文 1209 数学用のPerlモジュール 648 数学関数をオーバーロードする 414 数字 43 名前に使用 64 数字を名前に持つ変数($1、$2など) 778 数値 6 〜にコンマを挿入する 276 〜の真偽値 35 〜のビット幅 738 〜をintで切り捨てる 869 \dメタキャラクタ(数字) 43 16進数、文字を指定 70 16進数へ変換する 177 8進数 887 8進数、文字を指定 70 Perlにおける型 69 大きな〜と下線 70 コマンド→コマンドヒストリー デバッガの〜 596 小数点を揃える 272 数値でない変数を〜に変換する 410 名前に使用 64 配列に格納する 10 比較演算子 32 ビット演算子で〜を扱う 118 文字列を〜に変換 69 乱数 913,950 数値コンテキスト 82,1209 数値の幅 738 数値リテラル 70 スーパークラス 360,1211 スーパーユーザ 1211 スカラー 6,7,59,61,68,639,1209 〜の順序付けされていない集合→ハッシュ 〜のリスト→配列 〜を操作する関数 806 〜をタイするメソッド 427 C言語のSV(スカラー値)typedef 626 サブルーチンのパラメータと戻り値 253 真偽、〜コンテキストで評価 35 タイ変数 426 ローカル化しない$_の利用を禁止する 433 定義 343 ハードリファレンスと〜 280 パターンマッチ演算子を〜に適用する 168 複雑なデータ構造、〜として表現 15 魔法のカウンタ変数 432 文字列の長さ 875 リストへの変換 14 リファレンス 8 スカラーreverse関数 〜とUnicode 477 スカラーコンテキスト 81,1209 /gパターン修飾子を〜で使用する 175 〜でkeys関数を呼ぶ 447 〜で違った動作をする演算子 696 〜で評価される式→EXPR 〜におけるm//(マッチ)演算子 173 〜における関数 805 〜におけるコンマ演算子 126,702 〜における左辺値 152 〜におけるリスト代入 88,126 〜のサブタイプ 82 〜を強制的に適用する 925 サブルーチンを〜で呼び出して評価する 254 条件演算子を〜で評価する 122 デバッガ 598 ハッシュ変数を〜で評価 91 範囲(..)演算子を〜で使用する 120 ブール値と〜 83 無効コンテキスト 84 スカラー値 68,1210 〜用の演算子 103 数値リテラル 70 配列値を変数展開する 76 ヒアドキュメント 77 文字列リテラル 70 スカラー変数 1210 ダブルクォートコンテキスト 176 山カッコの間に置く 98 スカラーリテラル 1210 スクラッチパッド 1210 スクリプト 989,1210 〜言語をチェックする 199 〜の実行時間 116 〜の終了マーカー 80 〜の名前 〜をexecで終了する 840 〜を一旦停止する 937 〜を探す 587 〜を実行する 964 〜をデバッグする 579 -eスイッチで〜を指定する 581 →$0変数 Perl 初心者の誤り 693 性能 703 Perl〜、プログラミングの書法 713 Perl〜のCPANディレクトリ 646 Perl〜を探してコンパイルする 572 安全でない〜 681 イディオムを活用したPerl〜 718 汚染モードとCGIスクリプト 661 解釈、Perlとシェルプログラミングとの違い 699 コアファイルをダンプする 589 構文チェックを行なう 579 メッセージに埋め込まれた〜 591 スクリプト、Perl perlインタープリタとの関連付け 22 スクリプト小僧 1210 スケジュール スレッドの〜 527 スコープ 63,131,150,1210 〜を扱う関数 807 3パートのforループの変数 136 foreachのループ変数の〜 138 if文の中の変数の〜 133 my変数の〜 338 whileループの変数の〜 134 サブルーチン 257 シグナルハンドラの〜 484 スコープスタック 556 スタティック〜→スコープ、レキシカル スレッドにおける〜 542 ダイナミック〜 157 パターンマッチ演算子の〜 169 パッケージ宣言の〜 338 ファイル 153 プライベート変数→レキシカル変数 ブロック 131,153 変数 strictプラグマと〜 18 変数の〜 6 レキシカルスコープ 153 レキシカルスコープ変数 65 スコープ演算子 151 スコープ修飾子 151 スタック 11,311,1210 Perl〜をCから操作する 639 Perl仮想マシン 556 Tコマンドでバックトレースを表示 598 サブルーチン 815 式の評価 60 スタティック 1210 〜変数 257 スタティックスコープ 1211 スタティックスコープ→レキシカルスコープ スタティック変数 1211 スタティックメソッド 1211 スタティックリンク 629 ステータス 1211 終了したプロセスの〜 781 ステップ実行 コードを〜する 600 ストリーム 1211 スピード→効率 スペース 57 スペースシップ演算子(<=>) 118 スライス 1211 多次元配列の〜 315 配列やハッシュの〜 62 スレッド 523,525,879,1211 〜をロックする 879 locked属性とmethod属性を使用する 400 単一インタープリタでマルチ〜 558 プロセスモデル 524 スレッドモデル スレッド間で制御を受け渡しする 540 データのアクセス 533 正規化 文字の〜に関する情報 475 正規化された 1211 正規表現 41,248,1212 〜拡張 ルックアラウンドアサーション 235 〜コンパイラ 226 〜と汚染モード 1014 〜とコードアサーション 1014 〜における宣言的アプローチ 240 〜の使用を制御する 1014 〜のデバッグ 1015 〜をreプラグマで制御する 1014 〜を扱う関数 806 localeプラグマによって振る舞いを変える 1012 split関数と〜 167 拡張〜 215 後方参照 47 コードサブパターンと〜 243 セキュリティ 689 サービス妨害攻撃 689 バイトでなく文字にマッチする 475 マッチの優先順位 228 文字クラス 43 文字クラス、配列の添え字と粉らわしい 76 正規表現⇒パターン 正規表現修飾子 1212 制御構造 34 〜を扱う関数 807 真偽の定義 34 制御変数 137 制御文字 70 Macintoshにおける非ASCIIの〜 577 パターン中のメタシンボル 189 整数 869,1212 〜のフォーマット 949 〜をUTF-8文字に変換する 477 C言語のIV typedef 626 Math::BigIntモジュール 405,1071 コンピュータに格納する順序 738 フォーマット 903 べき乗 640 文字列を〜のベクタとして扱う 980 生成されたパターン 240 生成子 1212 性能 xiv 〜を測定する 970 Perlプログラムにおける効率 703 生物学用のPerlモジュール 651 セーブスタック 556 セキュリティ xiv,659,950 〜用のPerlモジュール 650 安全でないコードを扱う 681 安全コンパーメント 682 安全でないデータの扱い 汚染されたデータを検知して汚染を除去する 664 環境のクリーンアップ 668 弱い権限でコマンドやファイルにアクセスす る 670 安全でないデータを扱う 660 競合条件の扱い 675 タイミングに起因する〜の扱い 672 Unixカーネルのセキュリティバグ 673 タイミングに起因するトラブルを扱う 一時ファイル 678 データのふりをしているコード 687 絶対値 810 折衷主義 1212 perlインタープリタプログラム -eスイッチ 21 セパレータ 1212 split演算子、〜の定義 41 セマフォ 1212 〜用の関数 930 Thread::Semaphoreモジュール 542 スレッド対応と〜 526 セマフォファイル 共有メモリ 509 システムV IPC 509 ファイルのロックで使用 494 セレクト中の出力チャネル 1212 宣言 3,129,1212 use fieldsプラグマでフィールドを〜する 389 use宣言 17 グローバル〜 148 構文体の〜 392 サブルーチン 955 左辺値を返すメソッド 399 スコープ付き〜 150 パッケージ 16,150 パッケージ〜 337,906 フォーマットを〜する 271 変数 129,151 レキシカルスコープを持つグローバル変数 155 宣言的アプローチ 正規表現プログラミング 240 選択肢 164,184,1213 〜の範囲を限定する 215 パターンの〜 217 パターンマッチの優先順位 230 文字クラスと〜 193 センタリング 272,276 先頭 配列の〜に要素を追加する 976 文字列の先頭にマッチする 207 増加させる 変数を〜 30 総合Perlアーカイブネットワーク(Comprehensive Perl Archive Network)→CPAN 操作 コンテキストにおける評価 81 双方向通信 パイプ 504 双方向パイプ タイファイルハンドルでオープンする 458 添え字 703,1213 配列 11 負の〜 60 添え字セパレータ→$;変数 ソースコード 989 〜用のフィルタ 560 CPAN、Perl配布キット 646 外部の〜を実行する 659 ブレークポイントの回りのウィンドウを表示 597 ソースフィルタ 648,732,1213 ソート sort関数 938 オーバーロードと〜 414 配列の要素数で〜 321 ハッシュの〜 326 ハッシュのキーと値を〜する 871 リストを〜する 938 属性 267,372,1213 lockec属性とmethod属性をスレッドと共に 使用する 400 locked(サブルーチン) 538 lvalue属性(サブルーチン) 399 Unicode〜 191 Unicode〜データベース 477 Unicodeのケース〜 477 オブジェクト、〜のハッシュ 15 クラス 885 クラス〜の状態を格納する 401 サブクラス スーパークラスをオーバーライドする 389 サブルーチン〜の名前 268 サブルーチンの〜 267,994 ファイルの〜に対するテスト演算子 33 変数展開と〜 898 属性リスト 994 速度→性能 ソケット 1213 〜からメッセージを受信する 917 〜関数の扱い方 513 〜関連の定数 1077 〜にアドレスを付ける 812 〜にメッセージを送る 932 〜のオプションをセットする 933 〜用のlisten関数 875 〜用の関数 863 〜をクローズする 822 〜をコネクトする 823 socket関数でオープンする 937 TCPと〜 513 Unixドメインソケット 513 改行文字を〜を通して送る 737 クライアントからのコネクションを受け入れる 810 高レベルのアクセスを行なう 1068 コネクションをシャットダウンする 935 低レベルアクセス用関数 808 パックされたsockaddrアドレスを得る 858 プロセス間通信 513 ネットワーククライアント 515 ネットワークサーバ 516 メッセージ伝達 520 プロトコルと〜 481 片方をクローズする 936 その他の関数 807 ソフトリファレンス 1213 存在 プロセスの〜を確認する 486 ゾンビ 1213 ゾンビプロセス 〜の後始末 486 〜の後始末とサーバ 519
た行
ターミナル 〜の設定を変える 1081 デバッグ用に設定 614 ターミネータ 1214 タイ 1213 対数 879 タイトルケース \uとucfirst関数で〜に変換する 183 ucfirstによって〜に変換する 476 ダイナミックスコープ 150,151,153,1213 local演算子をグローバル変数に適用 157 パターン変数 169,176 ダイナミックリンク 629 PerlからCコードを〜する 627 大なり(>)演算子 117 大なりまたは等しい(>=)演算子 117 代入 1214 2次元配列の要素への〜 313 条件演算子への〜 122 タイ配列の要素への〜 437 タイ変数の〜 431 リストへの〜 88 代入演算子 28,60,124,1214 〜が返す値 29 〜をオーバーロードする 413 オーバーロード⇒コピーコンストラクタ 優先順位 バージョンによる違い 701 タイ配列をspliceする 440 タイ変数 307,423 untieする際の落とし穴 462 スカラーの〜 426 配列の〜 435 ハッシュの〜 441 ファイルハンドル 448 タイミング Unixカーネルのセキュリティバグ 673 〜に起因するトラブル 673 〜に起因するトラブルを扱う 一時ファイル 678 競合条件の扱い 675 タイムアウト 遅い操作を〜させる 488 タイモジュール CPANから入手できる〜 465 タグ(HTMLとXML)にマッチする 249 タグ付きのシンボルの集合、Exporter 356 多次元配列 14,312,1214 多次元ハッシュ 324 アクセスと表示 326 の〜生成 325 多重継承 375,1214 〜とSUPER疑似パッケージ 379 AUTOLOADサブルーチンと〜 384 オーバーライドされたベースクラスのメソッド を起動する 381 ダブルクォート(") 7 置き換え文字列で使用(s///演算子) 176 変換エスケープを処理する 223 文字列で使用される〜 9 ダブルクォートコンテキスト 84 スカラー変数を展開する 176 ダブルクォート文字列 定数を〜に埋め込む 1000 変数展開と連結 28 単一継承 375,1214 短気 1214 単語 \b(〜境界) 46 キャプチャする 175 単項演算子 26,101,1214 〜として振る舞う関数 103 記号の〜 107 クラスハンドラを起動する 406 算術〜 30 名前付き 〜の一覧 112 名前付き〜 100,104,111 ブール 34 プロトタイプの注意点 266 リスト演算子との区別 112 単語構成文字 43 単語の短縮形をシングルクォートと区別する 236 探索 grep関数で〜する 867 スクリプトを〜する 587 テキストの〜を行なうPerlモジュール 649 名前探索の規則 67 部分文字列の〜 176,868,924 リニア(線形)〜とハッシュ 703 タンジェント 811 単数形 7 継続行 141 端末の設定を変える 1081 短絡演算子 オーバロードと〜 412 短絡演算子→論理演算子 段落セパレータ文字 58 段落モード 578,789 チェック 汚染〜 661 チェックサム 975 置換 1214 Perlとシェルプログラミングとの違い 699 置換(s///)演算子 41,84,162,166,695 置換評価 242 致命的エラー 1215 チャートを作成する 271 中止シグナル用のハンドラ 483 抽象化 335 オブジェクト指向プログラミングにおける〜 362 追加 @INCの先頭にディレクトリを〜する 584,1010 既存のハッシュにメンバーを〜する 323 配列に要素を〜する 314,912,976 通常でないファイル 34 通常のファイルかどうかテストする 33 ツールボックスアプローチ 1215 定義 サブルーチン〜を別ファイルからロード 149 サブルーチンの〜をAUTOLOADでロードする 345 サブルーチンの宣言と〜 148 サブルーチンを〜する 253 クラス〜 オブジェクトモジュールによる〜 349 定義済み 1215 停止⇒終了 無限ループを〜する 136 ディシプリン 896 binmode関数でファイルハンドルの〜を設定 812 デフォルト〜をopenプラグマで設定する 1012 定数 343 〜をオーバーロードする 419 〜を宣言する 1000 〜をダブルクォート文字列に埋め込む 1000 定数関数のインライン化 264 ディスパッチ 1215 ディルデ(~) ホームディレクトリへの展開 864 ディレクティブ 1215 ディレクティブ(pod) 748 ディレクトリ 1215 @INCの先頭に追加する 584,1010 〜のエントリを読む 915 〜用のPerlモジュール 649 〜を扱う関数 807 〜をクローズする 823 〜を再帰的に訪問する 1056 〜を削除する 924,974 〜を作る 881 opendir関数 897 rewinddir関数 923 seekdir関数 927 作業〜を変える 816 ファイルテスト演算子 33 ルート〜を再定義する 821 ディレクトリハンドル 1215 データ 安全でない〜の扱い 汚染されたデータを検知して汚染を除去する 663 環境のクリーンアップ 668 弱い権限でコマンドやファイルにアクセス する 670 安全でない〜を扱う 660 データのふりをしているコード 687 固定長〜を扱う関数 807 バイト指向と文字指向 470 データ型 6,1216 CとPerlの間での変換 640 PerlとCの内部〜 626 TYPE宣言 884 型グロブ 92 組み込み〜 59 スカラー→スカラー データグラム 513,1216 データ構造 311,648,1216 〜へのリファレンス 282 〜を保存する 332,1047 〜を文字列化する 333,1047 オブジェクト→オブジェクト オブジェクト用の〜 369 関数のハッシュ 328 自己参照データ構造 387 多次元ハッシュ 324 パーシステントな〜 tieによって実現 465 配列のハッシュ 319 ハッシュの配列 322 複雑な〜、スカラーとして表現 14 フラットで線形な〜 279 より複雑なレコード 329 データのアクセス スレッド 533 サブルーチンをロックする 536 条件変数 539 デッドロック 536 メソッドをロックする 538 ロックする 535 ロックによる同期 533 データの構成 Perlにおける〜 319 データベース Perlで〜を操作する 161 操作用のPerlモジュール 649 ハッシュ変数を〜に結び付ける 424 データベース→DBI デーモン 〜用のPerlモジュール 650 汚染モードの重要性 661 テキスト 1215 〜の国際化の媒体としてのUnicodeを使う 469 〜用のPerlモジュール 649 〜を折り返す 278,1082 Perlの〜処理能力 161 レキシカルスコープと〜 63 テキストエディタ スクリプトを入力 22 テキストファイル -T(ファイルテスト)演算子 33 デクリメント 1216 デスクリプタ 1216 テスト if defined 827 汚染データの〜 663 モジュールの外部テスト 656 モジュールのテスト 655 モジュールの内部テスト 656 テスト演算子(ファイル) 33 デストラクタ 385,1216 〜とガベーシコレクション 387 共有メモリとセマフォを解放する 512 手続き 18,1216 手続き型プログラミングスタイル 239 デッドロック スレッドの〜 536 デバイス 1216 デバッガコマンド| 606 デバッグ 579,595 〜用のバックエンドモジュール 559 CGIのデバッグ 1043 Perl、Cコンパイラの-DDEBUGGINGオプショ ンを指定 376 Perlデバッガコマンド 599 Perlのデバッガサポート 615 Unixのセキュリティに関するバグ 673 オーバーロード 422 カスタマイズ オプション 611 クラスまたはインスタンスによって〜レベル を設定する 402 グローバルなオブジェクトやリファレンスの 破棄動作の制御 594 正規表現の〜 1015 タイファイルハンドルに対して〜をオンにする 457 デバッガコードをロードするコマンド 593 デバッガのカスタマイズ 609 デバッガの無人運転 614 バグの報告 xxvii プログラムから〜を制御する 598 デバッグ⇒汚染 デバッグフラグ 782 デフォルト 1216 デフォルトパッケージ 150 デリファレンス 281,289,290,292,1216 〜用の演算子→矢印演算子 型グロブを〜する 341 ハッシュの値を関数として〜する 328 要素配列を〜する 314 デリファレンス⇒リファレンス デリファレンス演算子をオーバーロードする 415 デリファレンス演算子*(C言語) 128 デリミタ 1217 パターンマッチ演算子と〜 168 展開 1217 CPANモジュールの〜 652 関数を〜する 441 ダブルクォート〜 166 パターンに対する変数〜 166 パターンへの条件付き〜 248 ファイル名を〜する 864 変数〜によってパターンマッチを制御する 221 マッチ時パターン展開 247 リスト 86 天候用のPerlモジュール 651 電子メール⇒メール テンプレート 〜文字列 900 pack/unpack用〜文字 902 テンポラリ値 60 天文学用のPerlモジュール 651 等価演算子(==) 117 〜と=(イコール記号) 28 同期 1217 スレッドでのデータのアクセス 533 統計用のPerlモジュール 648 動詞パッケージ 17 〜の扱い 17 等値演算子 117 動的スコープ→ダイナミックスコープ トークナ 1217 トークン 57,549,1217 曖昧な文字の問題 113 トークン化 1217 トークン化⇒字句解析 ドキュメント Cライブラリ関数 805 Perlに関する書籍 xxiii Perlプログラムに埋め込みの〜⇒podフォーマット Perlマニュアルページ xix デフォルトのビューア 608 バグの報告 xxvii 標準モジュール 349 特殊変数 777 〜にEnglishモジュールで英語名を付ける 1050 ファイルハンドル関連の〜に対するメソッド インターフェース 1063 トグル トレースモードの〜(デバッガ) 602 閉じる サーバコネクションを(半分だけ)〜 516 トップレベルパッケージ 67 トラップ シグナルを〜する 484 メモリ不足エラーを〜 793 例外を〜する 837 トラバース ディレクトリを再帰的に〜する 1056 トラブルシューティング Cコード 697 シェルコード 698 スクリプト 初心者の誤り 693 多次元配列 316 トラブルシューティング⇒デバッグ トリガー 1217 取り出す 部分文字列を〜 957 取り除く→削除 トレース スタックバックトレース 598 Carpモジュールで〜を表示する 1042 デバッガのTコマンド 602
な行
内部変数 Perl 64 長さ 配列の〜 89 マッチした文字列の〜 791 マッチの〜 206 文字列の〜 705 名前 63 〜の探索 65 〜を完全修飾する 1078 〜をネットワークアドレスに変換する 857 一時ファイルの〜を生成する 679 型グロブ 92 関数の〜 19 キャピタライズ 64 クラス名をサブルーチンと区別する 368 グループ名 854 コマンドの〜 18 コンストラクタの〜 373 サブルーチン属性の〜 268 サブルーチンの〜 252 サブルーチン名とキャピタライズ 253 識別子と〜 65 シグナルの〜 484 シンボルテーブル 340 スコープに限定する 152 ソケットに〜を付ける 812 ネットワークアドレスから〜を得る 854,857 配列 62 パッケージ名 339 ハッシュ 62 ハッシュに格納する 10 パラメータ名は不要 254 番号からポートの〜を得る 862 ファイル 80 ファイルの〜⇒ファイル名 ファイルハンドルに結びつけられたフォーマッ トの〜 271 フォーマットの〜→フォーマット名 プログラムの〜→$0変数 プロトコルの〜と番号を変換する 859 プロトコルの〜をポート番号から得る 862 変数の〜 6,61,716 ホスト名をネットワークアドレスに変換する 855 メソッド名 タイ変数が呼び出す〜 425 モジュール/パッケージの〜 716 ユーザの〜→ユーザ名 ラベルとファイルハンドル 64 ログイン→ログイン名 モジュールの〜 350 モジュール名の先頭を大文字にする 351 名前空間 63,987,1217 〜ベースのカプセル化 465 Safeモジュールによって〜へのアクセスを制限 する 682,1076 〜を汚染する 353 パッケージの〜 17 パッケージの〜をクリアする 1078 モジュールと〜 353 名前空間⇒パッケージ 名前付き単項演算子 100,111 〜の一覧 112 名前付きパイプ 507,1217 名前付き文字 71,998 〜を表わすメタシンボル 190 〜を挿入する 475 二項 繰り返し演算子(x) 27,110 結合(!~)演算子 109 結合(=~)演算子 108 コンマ演算子→演算子 ビットシフト演算子 111 二項演算子 27,101,1217 クラスハンドラを起動する 406 ビット演算子 118 べき乗(**)演算子 107 矢印(->)演算子 105 ニブル 1217 入手自由 1217 ニュースグループ xxvi 入力 〜ファイル、openのモード 890 〜ファイルの終了を知る 583 〜レコードセパレータ→$/変数 〜を扱う関数 807 1文字〜とバッファリング 852,1075 3方向パイプ 505,1070 ioctl関数 869 XSUBの〜 633 演算子 93 双方向パイプ 504,1069 デバッガの設定 614 パイプ 499 多段パイプライン 501 ファイル記述子に対して〜可能かチェックする 929 入力⇒STDINファイルハンドル 入力ファイルハンドル 24 認証 〜用のPerlモジュール 650 抜け出す 1回だけ実行されるブロックから〜 143 ifブロックやunlessブロックから〜 143 Perlデバッガから〜 607 デバッガから〜 612 無限ループから〜 136 ヌル値(""または0) 8 ヌルデバイス(Unix) 461 ヌル文字 1218 ネーティブマシンコード 989 ネスト 〜したサブルーチン 303 〜したデータ構造を表示する 602 〜した配列 312 〜したリスト 311 デストラクタの〜 386 ネストしたデータ構造 14 ネットニュース⇒Usenet ネットワーク 〜アドレスを名前に変換する 854,857 〜クライアント 515 〜サーバ 516 〜サービスとやり取りするためのPerlモジュー ル 651 〜情報を扱う関数 808 ネットワークプロトコルを実装するモジュール 648 ネットワークアドレス 1218 ネットワークモジュール 514
は行
パーシステント(永続的) 〜なPerlインタープリタ 635 パーシステントデータ構造 tieによって実現する 465 バージョン Perl リリース4と5の違い 699 Perlの〜 793 Perlの〜($^V) 796 Perlの〜を#!で指定する 573 モジュールの〜をチェックする 356 パース 166,626,1219 Perlコンパイラにおける〜 549 テキストの〜を行なうPerlモジュール 649 パース木 1219 パーセント記号(%)→% バーチャル 1219 バーチャルサーキット(TCPストリーム) 513 ハードウェアドライバ 〜とやり取りするためのPerlモジュール 648 ハードリファレンス 105,279,282,1221 %SIGハッシュ 483 〜の使い方 289 〜を利用したクロージャ 299 ハードリンク ファイル名 875 パーミッション 961,971 ファイルパーミッション演算子の解釈 115 ユーザに限定された〜を与える 660 パーミッションビット 1221 排他的OR演算子 118,127 排他ファイルロック 491 〜を取得する 493 バイト 56,1218 〜を読み込む 914,963 ビットシフト演算子 111 文字と〜 470,806 バイトコード 547,625,989,1218 バイナリ 1218 pack関数 900 ファイル 896 ファイルハンドルの〜モード 812 バイナリファイル B::Deparseモジュールによる逆コンパイル 564 通常のファイルとしての〜 34 パイプ 1218 〜をクローズする 822 open関数がもたらすセキテリティリスク 669 双方向〜をタイファイルハンドルにオープン する 458 プロセス間通信 499 自分自身との通信 502 名前付きパイプ 507 読み出し専用のファイルハンドルをオープン 891 配布キット 1218 ハイフネーション テキストの〜を行なうPerlモジュール 649 パイプライン 1218 出力用の多段〜 500 入力用の多段〜 501 配列 6,10,59,1218 @_の値をmyリストにコピーする 254 @_配列 254 〜内の汚染 661 〜に要素を追加する 912 〜の先頭に要素を追加する 976 〜の名前 62 〜のハッシュ 319 〜の要素を削除する 933,943 〜へのリファレンス 282 〜変数 76 〜要素に一時的な値を与える 877 〜を扱う関数 807 〜をあらかじめ拡張する 708 2次元配列の生成とアクセス 312 C言語のAV(配列値)typedef 626 exists関数と〜 842 pop関数と〜 908 s///(置換)演算子と〜 178 x演算子で初期化する 110 最後の要素 89 最初の要素 778 出力スタイルを変える(デバッガ) 613 性能と〜 708 タイ〜 435 便利な記法を実現する 441 タイ〜とdelete関数 702 タイ〜用のメソッド 436 多次元〜 14,312 長さ 89 ネストした 312 ハッシュの〜 322 負の添え字、配列の末尾から数える 702 無名〜によってオブジェクトを実装する 389 use fieldsプラグマを利用する 390 無名〜へのリファレンス 283 要素を置き換える/削除する 943 リスト値と〜 85 リストと〜 85 リファレンスによる関数への受け渡し 259 連想〜→ハッシュ 配列コンテキスト 1219 バインド 1219 破棄 オブジェクトとリファレンスの〜を制御する 594 スレッドを〜する detachメソッド 531 joinメソッド 529 破棄する 1219 バグ 1090 バグレポート xxvii バケット 1219 パス名 1219 パスワード 950 〜用のPerlモジュール 650 crypt関数と〜 824 passwdファイル 860,1085 パス名 〜を分解する 1054 Windowsシステムでインストールされている モジュールの〜 350 派生クラス 360,1219 〜のメソッドをベースクラスのメソッドのラッ パーにする 378 パターン 161,1219 〜に使用する文字 163 〜の再コンパイル /o修飾子によって〜を行なわない 171 〜の終了デリミタ 166 〜マッチ 演算子 165 〜マッチを行なう関数 806 〜を閉じ込める 216 -aスイッチで自動スプリットする 581 grep関数と〜 867 Perlコードを〜にはさみ込む 240 split関数と〜 944 study関数 953 Unicode属性に対するマッチ 476 アサーションの〜 164 英数字のメタシンボル 186 置き換え、バージョンによる違い 700 拡張構文 186 キャプチャとクラスタ化 211 クラスタ化 215 後方参照 211 再帰マッチ 247 最少マッチ 46 自分でアサーションを定義する 249 条件付き展開 248 正規表現とセキュリティ 689 生成された〜 240 置換評価 242 データの汚染を除去する〜 665 デバッガでコマンドをマッチさせる 604 マッチ時コード評価 243 マッチ時パターン展開 247 マッチの位置 207 メタキャラクタとメタシンボルを〜で使う 183 メタシンボル 189 文字クラス 191 欲ばりマッチ 45,232 量指定子 185,204,231 パターン⇒m//演算子; m??演算子 パターン結合演算子 42 パターンスペース 779 パターンマッチ 1219 $`、$&、$'変数と〜 169 〜のプログラミングスタイル 239 〜用修飾子 170 〜用の特殊変数 169,176 〜を制御する 226 Perlの制御フローによって〜の実行を制御する 219 クォートと〜 73 サブパターンに対応する部分文字列 169 上級者向け 235 選択肢 217 段落中の重複した単語を見つける 172 優先順位 228 を制御する 219 パターンマッチ演算子 41 裸の識別子 76 裸の名前 〜と定数 1001 裸のブロック 143 〜を使ってcase構文を実現 144 裸のワード 75,1219 〜を避ける理由 696 use strictプラグマでチェックする 160,1021 バージョンによる扱いの違い 699 ハッカー 1219 バックアップファイル 583 バックエンド コンパイラの〜 559 コンパイラの〜モジュール 559 コンパイラの〜モジュールを呼び出す 559 バックスペース 文字クラス内での\b 209 文字クラス中の\bアサーション 193 バックスペース文字 71 \b 233 バックトラック 228,1220 パターンマッチにおける〜 229 非〜サブパターン 237 パッケージ 16,63,65,335,987,1220 @ISA配列経由の継承 376 〜クォート 368 〜識別子 338 〜のシンボルテーブル 340 〜のデリミタ 338 〜の名前 76,716 〜の名前空間をクリアする 1078 bless関数の引数 369 インポートの動作 976 オブジェクトを〜にブレスする 814 既存の〜にメソッドを追加する 380 シンボルテーブルを表示する 613 名前付きの名前空間としての〜 987 変数を〜に結び付ける 967,976 メソッドとサブルーチンでの〜の解決 363 パッケージ⇒モジュール パッケージ宣言 150,337,906 パッケージ変数 65,66 〜にクラスデータを格納する 401 〜の宣言をブロックスコープで囲む 402 スレッドからは保護されない 533 宣言 898 パッケージ変数→グローバル変数 ハッシュ 6,10,11,59,90,1220 %(パーセント記号) 62 %INC、モジュールを管理する 350 %SIG(シグナルハンドラへのリファレンス) 482 〜から要素を削除する 829 〜内の汚染 661 〜内のキー/値のペア 12 〜によるデータの構成 319 〜の値を得る 979 〜のキー/値ペアを返す 835 〜のキーのリストを得る 871 〜の名前 62 〜の配列 322 〜の配列を生成する 322 〜へのハッシュ 282 〜要素に一時的な値を与える 877 〜を扱う関数 807 〜を逆向きにする 923 〜をタイするメソッド 442 〜をデータベースに結び付ける 424,441 C言語のHV(ハッシュ値)typedef 626 DBMファイルを〜に結びつける 826 exists関数と〜 842 x演算子で初期化する 110 キー/値のペア m//g演算子によって文字列から〜を取得する 175 キー/値ペア 60,90 キー/値ペアの優先順位 91 機能制限された実装 399 出力スタイルを変える(デバッガ) 613 条件演算子をつなげる代わりに〜を使う 146 シンボルテーブル〜 340 シンボルテーブル〜内の〜型グロブ 340 シンボルテーブル〜内のキー/値ペア 341 添え字セパレータ→$;変数 ソートして表示する 137 多次元〜 324 多次元〜のアクセスと表示 326 多次元〜の生成 325 配列の〜 319 配列の〜をアクセス/表示する 321 複雑なレコードの〜 330,331 フラットな表を引く 311 無名〜 オブジェクト用のデータ構造 387 無名〜へのリファレンス 284 要素の個数を得る 91 リニア(線形)サーチの代わりに使う 703 リファレンスによる関数への受け渡し 260 リファレンスをキーとして使用 306 ハッシュ表 1221 パッチ 1221 パッド 63,1221 バッファ 1221 〜を自動的にフラッシュする 794 バッファリング 1文字入力と〜 852,1075 Perlのバージョンによっては〜がフラッシュさ れない 849 双方向パイプにおける〜の問題 505,1069,1070 幅 文字表現 471 幅0 1221 幅0のアサーション 164,184,207 量指定子と〜 165 パブリックドメイン 1221 パラメータ 1221 サブルーチンの〜の扱い 254 サブルーチンのパラメータを直接変更する 255 スカラーコンテキストを〜に提供 8 パラメータ→引数 範囲 文字セットの〜を指定する 181 文字の〜 192 範囲(..)演算子 120 番号 〜を扱う関数 806 行→_ _LINE_ _トークン プロトコル〜 860 ページ〜 787 ポート〜に対する名前を得る 862 ポート番をプロトコル名から得る 862 ハンドラ 1221 オーバーロードする as_stringハンドラ 410 オーバーロードの〜 406,407 オーバロード〜 〜がない場合 418 シグナル〜 483 ハンドル 6 〜へのリファレンス 287 バンドル 647,1221 パンプキン 1221 パンプキング 1221 反復演算子をオーバーロードする 414 反復子 1222 ヒアドキュメント 77,1222 〜をインデントする 78 末尾のセミコロンの付け忘れ 694 比較 スレッドオブジェクト 532 文字列 117,694 比較演算子 32,33,117 〜をオーバーロードする 414 sort関数と〜 938 引き算 文字集合からの〜 201 引数 1222 ピクチャー行 272,850 非決定性有限状態オートマトン(NFA) 228 ヒストリー コマンド〜 596 非対話モード デバッガを〜にする 615 左シフト 1222 左シフト(<<)演算子 111 左寄せ 272,276 ビッグエンディアン 738,1222 日付 〜の移植性 743 〜用のPerlモジュール 648 ビット 1222 演算子 118,127 否定(~)演算子 108 ビット演算子をオーバーロードする 412 ビットシフト 1222 ビットシフト演算子 111 ビットストリング 1222 ビット幅 数値の〜 738 ビットベクタ 〜に配列インターフェースを提供する 465 ビットマスク 929 否定 POSIX文字クラス 203 算術(-)演算子 108 ビット(~)演算子 108 文字クラスの〜 45,192,194 論理(!)演算子 107 否定(!)演算子 107 〜をオーバーロードする 412 否定の先読みアサーション 236 ビデオ 〜用のPerlモジュール 651 非同期 1222 等しい(=)演算子 117 等しくない(!=)演算子 117 等しくない→等値演算子,関係演算子 非バックトラックサブパターン 237 表⇒多次元配列 表示 型グロブを〜する 613 多次元配列を〜する 314,319,324 多次元ハッシュの〜 326,329 ネストしたデータ構造を〜する 602 配列のハッシュを〜する 321 ハッシュの配列を表示する 323 標準I/O 1222 標準Perlライブラリ 987 標準Unicode属性 196 標準エラー 1223 標準出力 1223 標準入力 1223 スクリプトを〜経由で渡す 572 標準モジュール 987 ピリオド .(ドット) 44 ビルド CPANモジュールの〜 653 ヒント コンパイラ〜 787 ファイハンドル 〜をタイする 450 ファイル 1223 〜全体を読み込む 578 〜によるプロセス間通信 490 〜のアクセス/修正時刻 951,979 〜の終わり 835 〜の情報を取得する 951 〜の名前を変える 919 〜の古さ 116 〜用のPerlモジュール 649,651 〜を扱う関数 807 〜を切り詰める 970 〜をクローズする 822 〜をコピーする 1055 〜を削除する 973 〜をリネームする 1055 〜をリネームするプログラム 838 do FILE演算子 832 open関数 887 Perlモジュールを1個の〜に入れる 336 移植性のあるopen 740 現在のポジションを返す 966 コア〜 589 所有者とグループを変える 820 シンボリックリンク 958 スコープ 154 低レベルシステムコールで〜に書き込む 965 低レベルシステムコールで〜をオープンする 960 低レベルシステムコールで〜を読む 963 テキスト〜とバイナリ〜の区別 896 テスト演算子 33 パーミッション 961,971 バイナリモードで読む 812 パスコンポーネントのセパレータ 739 プロセス間通信 ファイルハンドルを渡す 495 ロック機構 490 モジュール〜をオートロードする 346 弱い権限で〜にアクセスする 670 レキシカルスコープ変数と〜 67 ファイル記述子 846,929,1223 〜によってファイルハンドルを渡す 496 環境変数やコマンドラインオプションを通して 〜を渡す 498 タイファイルハンドルに対する〜を返す 455 ファイルグロブ 1223 ファイルグロブ演算子 98 ファイルシステム 1223 〜の移植性 739 ファイルテスト演算子 113,1224 〜における競合条件 676 filetestプラグマで振る舞いを変える 1007 ファイルハンドル 24,1224 _TOPで終わる〜 273,787 〜からバイトを読み込む 914 〜関連の特殊変数に対するメソッドインター フェース 1063 〜における暗黙のリファレンス 281 〜に対するファイルロック 492 〜の汚染を取り除く 1066 〜へのリファレンス 287 〜を扱う関数 807 〜を生成する 24 〜をタイするメソッド 450 〜を複製する理由 894 IPCにおいて〜を渡す 495 標準ファイルハンドル経由で 496 open関数 887 サブルーチンが〜を受け取る 262 出力用の〜をセレクトする 928 出力をsyslogに結び付ける 465 タイ〜 448 タイ〜の応用 458 デフォルトのフォーマット名 271 名前 64 パイプになった〜を明示的にクローズする 892 ファイルハンドルを扱う 92 ファイルポインタを設定する 926 ファイル名の代わりに〜を使うセキュリティ上 のメリット 677 無名〜 287 山カッコ演算子と〜 95 ローカル化する 92 ローカルな〜を作成 877 ファイル変換 〜用のPerlモジュール 650 ファイル名 80,1224 〜グロブ 741 〜の中の&(アンパーサンド) 894 〜を入れる%INCハッシュ 787 〜を変える 919 〜をシンボリックから得る 916 〜を展開する 864 〜を分解する 1054 外部データを〜に使うことによるセキュリティ リスク 669 シンボリックリンク 958 ハードリンクする 875 別のプログラムやeval文を見る 604 モードを〜から分離 889 ファイル名グロブ 〜の移植性 741 File::Globモジュールを使った〜 1057 ファイル名グロブ演算子→グロブ演算子 ファニー文字 423,1224 フィールド 1224 use fieldsプラグマで〜を宣言する 389 フィールドセパレータ 〜を指定する 579 フィルタ 1224 ソース〜 732 ソースコード 49 フィルタリング フォークopenの出力を〜する 503 ブートストラップ モジュールを〜する 631 ブール 演算子 34 真偽の定義 34 ブール値コンテキスト 83 ブール値 8,1226 ブール値コンテキスト 1226 〜におけるm//(マッチ)演算子 173 bool変換演算子 410 フォーク 895,1224 forkオープン 893 open関数(2引数形式) 892 Windowsではインタープリタをクローンする 524 パイプのオープンでシェルの使用を避ける 671 フォーマット 271,787,1224 〜におけるレキシカル変数 274 〜の内部機能にアクセスする 278 〜用引数リストはリストコンテキストで評価さ れる 701 〜中の文字 902 B::Xrefモジュールによるクロスリファレンス 562 fmt(Unixユーティリティ) 277 pack/unpack用 900 整数 903 宣言 271 フッタ 277 ページ先頭の処理 273 変数 275 文字列の〜 947 フォームフィード 786 フォント 〜用のPerlモジュール 649 復号化→暗号化 複雑なデータ構造 〜をPerlで生成する 311 スカラーとして表現 15 副作用 1224 複数形 10 複素数 1071 符号なし整数のリストを格納する 980 無精 1225 普通ファイル 1225 フッタ 277 浮動小数点数 69,903,1225 rand関数が返す〜 913 コンピュータに格納する順序 738 負の添え字 60 負の配列添え字 配列の末尾から数える 702 部分名前空間 変数の〜 63 部分文字列 1225 s///によって〜を探して置き換える 176 プライバシー 361 Perlモジュールと〜 353 プライベートオブジェクト クロージャを使って〜を実現 396 プライベート変数→ローカル変数 プライベートメソッド 継承を無視する 384 フラグ 1225 フラグ→修飾子 フラグ→スイッチ(コマンドライン) プラグマ 18,149,158,336,585,976,989,1225 use charnames 71 名前、先頭を大文字にする 64 モジュールと〜 351 レキシカルスコープ 159 ブラケット [ ] 配列の添え字を囲む 11 無名配列生成子 283 フラッシュ 1225 バッファを自動的に〜する 794 プラットホーム 1225 ぶら下がり文 1225 フリーウェア 1226 プリインクリメント(プリデクリメント) 30 プリエンプション スレッドの〜 527 プリプロセッサ Perl 731 ブレークポイント 1226 〜を削除する 601 〜をすべて表示する 602 ウォッチ式による〜 602 デバッガで〜を設定する 595 デバッガのコマンドで設定する 600 ロード時に〜をセット 599 ブレース→{ } ブレス 1226 プレフィクス 1226 ブロードキャスト 1227 プログラミング Perl 効率 703 Perl〜 693 Perl〜の書法 713 初心者がPerlで犯す誤り 693 初心者の誤り 以前のバージョンのPerl 699 プログラムジェネレータ Perlで他の言語のコードを生成する 729 ソースフィルタ 732 プログラムの生成 729 他の言語でPerlのコードを生成する 730 プログラミング言語 〜とのインターフェース、エミュレーション用 のPerlモジュール 649 プログラミングスタイル パターン 239 プログラム 989 〜からデバッガを制御する 598 〜のコアダンプ 834 〜を実行する 964 〜を終了する 3,844 学生の平均点を求めて表示 20 デバッガによるステップ実行 599 プログラムジェネレータ 729,1226 Perlで他の言語のコードを生成する 729 ソースフィルタ 732 他の言語でPerlのコードを生成する 730 プログラム引数 Perlとシェルプログラミングとの違い 699 プログラム名 perl実行可能形式の〜 784 Perlスクリプトの〜 798 プログレシブマッチ 210,1226 プロシージャ 1226 プロジェクト 大きな〜におけるstrictプラグマの利点 18 プロセス 1226 〜グループをセットする 932 〜のumask値 971 〜の存在を確認する 486 〜の標準入力、標準出力、標準エラー 24 〜の優先順位を返す 859 〜の優先順位を設定する 933 〜用の変数 784 〜を扱う関数 807 〜をウェイトする 982 〜を殺す 873 fork関数 849 ID(pid) 895 ゾンビ〜 486 プロセス間通信 481 インターネットにおける〜 481 同じマシンのプロセス間の〜 482 システムV IPC 509 ソケット 513 ファイルによる〜 490 プロセスグループにシグナルを送る 485 プロセスモデル 524 マルチタスク環境におけるCPUの割り当て 673 プロセスID(PID) 〜からプロセスグループを得る 858 〜を返す 859 fork関数から返される〜 849 waitpid関数 982 プロセス間通信 双方向通信 504 パイプ 499 プロセスグループ 485,858,932 プロセッサ→CPU ブロック 36,58,59,130,131,291,1227 continueブロック 134 package宣言と〜 338 共有ロックによる〜 491 シグナルを〜する 489 裸の〜 143 ループ→ループ ループと〜 874 ブロック⇒文 ブロックする呼び出し ロック(スレッド) 534 ブロック属性 Unicode 199 ブロックバッファリング 1227 プロトコル 1227 名前と番号の変換 859 プロトタイプ 261,696,912,995,1227 &(アンパーサンド)をサブルーチン時に付けな い 261 暗黙のリファレンス渡し 281 組み込み関数をエミュレートする 261 クロージャに〜を指定 302 注意点 266 定数関数のインライン化 264 プロファイラ Perlの〜 619 文 129,1227 if文とunless文 133 Perlの〜をCから評価する 638 グローバル宣言と〜 148 単純〜 130 複合〜 131 ループ〜→ループ ループ制御演算子と〜 142 分解 文字を単純な文字に〜する 197 文修飾子 1227 文法構造 1227 ページ 787 ページ先頭の処理 273,787,928,985 ページ番号 787 ベースクラス 360,996,1228 〜のメソッドをオーバーライドする 378 オーバーライドされた〜のメソッドを起動 381 コンストラクタと〜 374 べき乗 整数の〜 640 ベき乗(**)演算子 107 ベクタ 1227 文字列を〜として扱う 949,980 ヘッダ フォーマット名 277 ヘッダファイル 1228 変換 970,986,1228 8進数を10進数に〜する 887 10数進を2進数や8進数に〜する 947 10進数を8進数や16進数に〜する 947 16進数を10進に〜する 868 ASCIIコードを文字に〜 821 CとPerlの間でデータ型を〜する 640 Unicodeを文字に〜 821 言語間の〜 732 時刻の〜 865,878 数値を16進数に変換する 177 整数とUTF-8文字の間の相互変換 477 文字列をリスト値に〜する 944,974 文字をASCII値に変換する 898 リスト値を文字列に〜 871,900 変換エスケープ Perl正規表現コンパイラが処理する 223 変換演算子 数値化(数値でない変数を数値に変換する) 410 ブール値コンテキスト、〜でオブジェクトを解 釈する 410 文字列化 410 変数 61,103,290,1228 〜展開 7 〜に対して置換を繰り返し適用する 179 〜の値をリセットする 921 〜の名前 6,716 〜をパッケージに結び付ける 976 〜を結び付ける 423,967 〜をモジュールからプログラムにエクスポート する 353 〜名、PerlとCとの違い 698 B::Xrefモジュールによるクロスリファレンス 562 foreachループの制御変数 137 localの代わりにmyで宣言する 697 my〜→my関数 my→my宣言 our〜→our宣言 Perlとシェルプログラミングとの違い 698 tr///演算子で〜を使う 182 値と〜 6 ウォッチポイントを設定する 465 汚染と〜 661 環境〜 783 完全修飾してパッケージ外部からアクセスする 683 既存の変数をローカル化する 876 クラス〜 400 グローバル〜の宣言 155 サブルーチン呼び出しの前に〜を初期化 258 条件変数 539 スカラーのタイ変数 426 スコープ strictプラグマの使用 18 宣言 129,151 タイ〜 untieする際の落とし穴 462 代入と〜の値 29 タイ配列 435 タイハッシュ 441 タイファイルハンドル 448 デバッガのVコマンドでダンプする 341 デバッガのカスタマイズ 611 特殊〜 777 ネストしたシンボルテーブル内の名前 65 配列 76 パターンに対する〜展開 166 パッケージ〜のメモリの使用状況 613 パッケージ〜を表示する 603 パッケージとの関係 337 パッケージ変数 65 ハッシュ 91 フォーマット 275 プライベート〜→ローカル変数 未初期化 8 無名〜 283 文字〜を既知の文字列に対してマッチする 221 レキシカルスコープ〜 153 レキシカルスコープを持つ〜 883 ローカル〜によくある誤り 695 変数⇒データ型 変数⇒リファレンス 変数展開 7,72,1228 〜をともなうコードアサーションを有効にする 1014 グロブ演算子で〜を行なう 100 後方参照変数 48 スカラー値 70 ダブルクォート文字列に文字を〜する 71 ダブルクォートによる〜 166 ダブルクォート文字列 28 配列変数 76 パターンマッチを〜によって制御する 221 変数をダブルクォート文字列に〜 72 変数展開コンテキスト 84 変数の型 サブタイプ間の変換 69 スカラー 68 ベンダー 〜特有のシンボル 794 ベンチマークテスト 1039 便利な記法 タイ配列による〜 441 母音 音節文字を〜で分類する 199 ポインタ 59,1228 文字列への〜 902 リファレンスへの変換は不可 69 ポインタ(C言語) 279 棒→| 訪問 ディレクトリを再帰的に〜する 1056 ポーター 1228 ポート 1228 〜に関する情報 482 〜の名前と番号を変換する 862 オペレーティングシステムへのPerlの〜 646 ホームディレクトリ 816,1229 ホームページ Perl〜 xxvi 星印→*(アスタリスク) ホスト 1228 ポストインクリメント(ポストデクリメント) 30 ポストインクリメント演算子とポストデクリメン ト演算子 101 ポストフィクス 1228 ホスト名 〜をアドレスに変換する 855,857 実行中のシステムの〜を得る 1079 ネットワークアドレスから〜を得る 854 保存 データ構造を〜する 332,1047 ポリモルフィズム 360,1229 本物の値 defined関数で〜かテストする 827 翻訳 言語間の〜 732
ま行
マークスタック 557 マイナス(-)演算子 108 前置 1213 前置演算子 27,101 〜として働くメタキャラクタ 183 前処理 1229 前処理→プリプロセッサ 前宣言 サブルーチンを〜する 384 マジック 1229 マジックインクリメント 107,1229 マジックオートインクリメント演算子 121 マジックオートデクリメント 〜とオートインリメント 413 マジック変数 1229 魔術 1229 待ち行列 311 Thread::Queueモジュール 541 マッチ 1229 〜の開始位置 791 パターン〜 161 ⇒パターン マッチ(??)演算子 reset関数と〜 921 マッチ→パターンマッチ マッチ演算子(m//) 695,880 pos関数と〜 909 マッチ演算子→m//演算子 マッチ時パターン展開 247 末尾のスペース 文字列比較における〜の扱い 117 マップ 疑似ハッシュのキーを〜する 390 マニュアルページ xix,1229 CPAN docサブディレクトリに入っている 646 魔法 1230 魔法のカウンタ変数 432 マルチスレッド 523 マルチプロセス スレッドモデル 525 右シフト 1230 右シフト(>>)演算子 111 右寄せ 272,276 短くする 配列を〜 89 未初期化 変数 8 未定義スカラー 68 未定義のサブルーチン 〜をAUTOLOADで呼び出す 345 ミニマリズム 1230 ミューテータ コピーと〜 417 無限多倍長整数 1071 無限ループ 136 無効コンテキスト 31,84,88,983,1230 デバッガ 598 無名 1230 〜2次元配列のスライス 316 〜サブルーチン生成子 285 〜サブルーチンに実行時に名前を付ける 343 〜配列生成子 283 〜配列のハッシュを生成する 319 〜ハッシュ オブジェクト用のデータ構造 369 〜ハッシュ生成子 284 〜ハッシュの配列を生成する 322 〜ハッシュを多次元ハッシュに追加する 324 サブルーチン 251 パイプ 500 リファレント 280 名詞 5 パッケージ、〜の扱い 17 明示的にメソッドを起動する 363 命令型プログラミングスタイル 239 メール 〜送信の移植性 741 〜用のPerlモジュール 650 メソッド 294,359,1230 〜探索 クラス継承 375 〜の名前 716 〜へのリファレンス 301 〜をオートロードする 383 〜を起動する 362,363 Threadクラス 527 UNIVERSALクラスに〜を追加する 382 UNIVERSALクラスの〜 380 オーバーライドする 378 オブジェクトメソッド 〜をロックする 538 既存のクラスに〜を追加する 380 クラスデータ〜をアクセサのように働かせる 402 クラスの継承 387 サブルーチンと〜 251,363 サブルーチン呼び出しと〜 371 サブルーチンを〜として使う 362 左辺値を返す〜 399 スカラーをタイする〜 427 タイ配列用の〜 436 タイ配列を実装するクラスの〜 435 タイハッシュを実装するクラスの〜 441 タイファイルハンドルを実装する〜 448 タイ変数が呼び出す 425 探索 @ISA配列経由の継承 376 ハッシュをタイする〜 442 プライベート〜 継承を無視する 384 矢印演算子で起動する 364 メタキャラクタ 163,709,1230 〜をquotemetaでエスケープする 913 exec引数に含まれる〜 840 逆スラッシュでエスケープする 183 構造的〜 164 パイプコマンドに含まれるシェルの〜 892 パターンで使う 183 メタシンボル 1230 英数字の〜 186 拡張構文 185 パターンで使う 183,189 メッセージ 612 〜に埋め込まれたスクリプト 591 〜を扱う関数 881 UDPによって伝達する 520 システムV IPC 509 ソケットから〜を受信する 917 ソケットに〜を送る 932 メッセージダイジェスト〜用のPerlモジュール 650 メッセージの詳細度 デバッガの〜を設定 611 メモリ 1230 〜の効率 710 ガベージコレクション 308 共有〜(システムV IPC) 509 〜へのアクセスを制御する 509 共有メモリセグメントID 935 統計情報を表示 593 メモリエラー 793 メモリ管理 デストラクタと〜 385 メモリ不足エラー 793 メンバデータ 372,1231 モータル 1231 モード 1231 ファイルのオープン時の〜指定 889 文字 56,1231 $[変数 778 〜属性 〜を自分で定義する 201 〜に対するワイルドカードマッチ 190 〜のASCII値を得る 898 〜のケース→キャピタライズ 〜の分解 197 〜を表わすエイリアス 189 〜を削除する 818 1文字入力 852,1075 8進数による指定 70 16進数による指定 70 ASCIIコードで〜を指定 821 Unicodeで〜を指定 821 固定8ビット表現と可変長UTF-8の間の変換 471 属性→Unicode バイトと〜 470,806 パターンに使用する〜 163 フォーマット中の〜 902 プロトタイプ〜 262 メタキャラクタ 163 文字列中の〜を置き換える 180 文字⇒パターンマッチ 文字クラス 43,191,233,1231 〜でメタシンボルを使う 187 Perlのクラシックな〜 202 Perlのショートカット 194 POSIXスタイルの〜 202 Unicode属性 194 Unicodeに対して定義済みの〜 475 Unicodeの文字属性にマッチする 475 カスタム〜 192 配列の添え字と紛らわしい 76 ワイルドカードメタシンボルと〜 190 文字セット 〜の移植性 743 Unicode 469 文字の順序と範囲 181 文字属性 1231 文字ベースの解釈の効果 473 文字メタシンボル 文字クラス中の〜 193 モジュール xiii,16,336,349,987,988,1231 〜にシンボルをエクスポートさせない 356 〜の名前 716 〜のバージョンをチェックする 356 〜のプライバシーとExporterモジュール 353 組み込み関数をオーバーライドする〜 357 〜用のCPANディレクトリ 646 〜を扱う関数 807 〜を個々のファイルに分割する 346 〜を作成する 352 〜をテストする 630,633,655 CPAN 647 カテゴリ 648 CPAN、〜の集合地 17 CPAN〜 〜の移植性 742 〜を作成する 654 Perlライブラリにインストールする 653 伸長と展開 652 ビルド 653 プログラムから利用できるようにする 651 メールの送信 741 CPANにあるタイモジュール 465 CPANに格納する 336 クラスシステムと〜 377 クラスと〜 337 スレッド対応と〜 526 スレッドモジュール 541 バックエンド 559 〜を呼び出す 559 他のモジュールに名前をエクスポートする 868 ユーザ定義、名前の先頭を大文字にする 64 モジュール⇒パッケージ 文字列 6,1231 〜演算子 694 〜に先頭にマッチする 207 〜の真偽値 35 〜の長さ 875 〜の比較 117 〜のフォーマット 947 〜の連結 111 〜を探して部分文字列で置き換える(s///演算子) 176 〜を表示する 910 〜を分割する 944 〜をリスト値に変換する 974 〜を連結する 708,871 2進数を表す〜→2進数 8進数を表す〜→8進数 16進数を表す〜→16進数 eval関数と文字列 704 index関数 868 rindex関数 924 study関数と〜 953 vec関数と〜 980 大文字化→キャピタライズ オブジェクトを〜に変換する 298 折り返し→$:変数 改行文字を含む〜に対するマッチ 171 境界言明 46,207 クォートされた〜 9 更新する 178 コンパイル単位としての〜 66 式の値を〜に埋め込む 299 数値への変換 プレフィクス0x, 0b, 0の扱い 70 数値を〜に変換 69 先頭の文字 778 ダブルクォート 〜に文字を変数展開する 71 ダブルクォート文字列 バージョンによる扱いの違い 701 範囲演算子で〜を扱う 121 比較演算子 32 ビット演算子で〜を扱う 118 表示スタイルを変える(デバッガ) 613 部分文字列を取り出す 957 リストを〜に変換する 900 リファレンスと〜 306 リファレンスを〜に変換する 298,307,314, 316 文字列化 410,1231 データ構造を〜する 333,1047 文字列化演算子 オーバーロードの例 456 文字列コンテキスト 82,1231 文字列の終わり 〜にマッチ 208 文字列リテラル 70 〜内の改行文字 72 持ち主 1231 モデム 〜用のPerlモジュール 648 戻り値 1232 関数の〜 254 現在実行しているサブーチンの〜をデバッガで 表示 600 モンガー 1232
や行
矢印(->)演算子 105,292,364 山カッコ→<> 山カッコ演算子 95,582 タイファイルハンドルに対する実装 451 ユーザ 〜CPU時間 970 〜情報を扱う関数 808 〜に限定された特権を与える 660 〜の効率 712 ユーザID→UID ユーザ定義関数→サブルーチン ユーザ定義サブルーチン 19 ユーザ定義サブルーチン⇒サブルーチン ユーザ名 passwdファイルのエントリを〜で指定 861 優先順位 31,127,366,803,1232 演算子の〜 101 キー/値ペア(ハッシュ) 91 修飾子とコンマの〜 152 診断メッセージの〜 1089 正規表現マッチ 228 単項演算子の〜は二項演算子より高い 112 バージョンによる違い 700 プロセスの〜 859,933 輸出 1232 輸入 1232 要素 1232 配列の〜 11 欲ばり 1232 欲ばりマッチ 45,206,207,232 トークン 58 呼び出し サブルーチンの間接〜 252 読み出し可 ファイルテスト演算子 33 読み出し可能 1232 読み出す ファイルから〜、openのモード 891 読む 先有メモリセグメントから〜 935 低レベルシステムコールでファイルを〜 963 予約語 64,1232 裸のワードと〜との衝突の可能性 75 弱いリファレンス 308
ら行
ライフサイクル Perlプログラム 546 構文木再構成フェーズ 547 コード生成フェーズ 547 コンパイルフェーズ 546 実行フェーズ 547 ライブラリ 988,1232 Perl〜にモジュールをインストールする 653 Perlライブラリファイルの探索 592 算術〜(C言語) 634 標準Perl〜 987 ライブラリサーチパス 1009 %INC 788 〜からディレクトリを削除する 1010 〜とカレントディレクトリ 1010 ラッパー 1232 set-idスクリプトに対するC〜 674 ラベル 131,140,1233 forループ 716 goto演算子用の〜 146 goto文で使う〜 866 名前 64 パッケージと〜 338 ループの〜 134,139 乱数 913,950 ファイルハンドルやスカラーとして生成する 461 リスト 10,85,1233 〜の要素を逆順にする 923 〜への代入 88 〜を扱う関数 807 〜をソートする 938 LIST 82,85 map関数と〜 880 syscall関数と〜 958 x演算子で複製する 110 空の〜 86 関数の引数 803 切り捨てる 819 コードを〜する 604 サブルーチンのパラメータと戻り値 253 順序付き〜のレコードを配列に入れる 319 スカラーへの変換 14 展開 86 ネストした〜 311 リスト演算子 101,103,126,1233 単項演算子との区別 112 リストコンテキスト 48,81,1233 〜で違った動作をする演算子 696 〜で評価される式→LIST 〜におけるm//(マッチ)演算子 174 〜における関数 805 〜におけるコンマ演算子 126 〜における左辺値 152 〜におけるハッシュ 13 〜におけるリスト代入 126 〜の代わりにスカラーコンテキストを適用する 925 foreach文が提供する〜 39 m//g、すべてのマッチをリストで返す 174 逆スラッシュ演算子が提供する〜 298 サブルーチンを〜で呼び出して評価する 254 式を〜で評価する(デバッガ) 603 条件演算子を〜で評価する 122 デバッガ 598 ハッシュ変数を〜で使用 91 範囲(..)演算子を〜で使用する 120 山カッコ演算子を〜で評価する 96 リスト値 1233 配列と〜 85 リターンスタック 557 リテラル 163,1233 〜の中でUTF-8を使えるようにする 474 疑似リテラル→入力演算子 数値→数値リテラル 文字列→文字列リテラル リトルエンディアン 738,1233 リビジョン→バージョン リファレンス 8,279,1233 〜かどうかチェックする 918 〜におけるブレース、ブラケット、クォート 305 〜の真偽値 35 〜の定義 279 〜の破棄を制御する 594 〜渡し 254 〜をオブジェクトとして使う 361 〜を文字列に変換する 298,307,314,316 〜をロックする 534 〜を渡す 259 CのポインタとPerlの〜の比較 128 オブジェクト 369 オブジェクトへの〜 286,294 オーバーロードと〜 405 環状〜 オーバーロードにおける〜 416 環状〜とメモリ 308 間接参照 68,279 サブルーチンへの〜 252 サブルーチンへの〜を取得/渡す 342 シグナルハンドラへの〜(ユーザ定義) 482 シンボリック〜 304 シンボルテーブルエントリへの〜 343 シンボルテーブルへの〜 288,340 スカラーのタイ変数への〜 428 生成する 282 タイ配列への〜 436 タイ変数オブジェクトへの〜を壊す 464 多次元配列における〜 312 データ構造に対する〜 282 ハード〜 105 ハッシュへの〜 319 ファイルハンドルへの〜 287,889 ブレス 369 他のポインタ型への型変換 69 他の無名データへの〜 283 弱い〜 308 弱くする、切り離す 387 リファレンスカウント 280 リファレンス渡し 254 関数呼び出しを〜と宣言するプロトタイプ 281 リファレント 280,1233 オブジェクトとしての〜 361 粒度 1233 量指定子 43,44,705,1233 アトムと〜 231 最短〜と最長〜 205 最短マッチと最長マッチ 185 正規表現の〜 165,185 ドット( . )メタキャラクに対して使用する 191 マッチにおける〜 204 文字クラスと〜 193 欲ばりな〜 207 両方向レンダリング Unicode属性 198 両面接辞演算子 1233 リレーショナルデータベース ハッシュを〜に結び付ける 465 リンク 1234 HTTP、〜を探す 42 リンク⇒シンボリックリンク ルーチン→サブルーチン ルート 1234 ルートディレクトリ 〜を再定義する 821 ループ 37,134,695,715,1234 〜内のeval関数 704 〜のラベル 139 \Gアサーションを〜で使用する 210 foreach文 39 for文 38 forループ 135 last演算子 136,874 next演算子 886 next演算子とlast演算子 39 redo演算子と〜 918 reset関数と〜 921 s///(置換)演算子を配列に適用する 178 untilループ 134 whileループ 37,134 繰り返し 135 グローバルな置換で使用する 179 コメントと空行を処理の前に捨てる 220 多次元配列のスライスを得る 315 文と〜制御演算子 142 無限 136 ルックアラウンドアサーション 234 例外 〜をトラップする 837 〜を発生させてエラーを示す 256 〜を発生させる関数 809 〜を横取りする 800 detachされた子スレッドの〜 531 die関数と〜 831 安全でないデータ 663 スレッドの〜をキャッチする 530 歴史 Perlの〜 765 レキシカルスコープ 63,153 〜に所属する変数 65 名前なしの名前空間としての〜 987 パッケージ変数を扱す 66 プラグマと〜 159 レキシカルスコープ宣言 150 レキシカルな警告 ${^WARNING_BITS} 802 レキシカル変数 274,883 関数からのアクセス 257 関数呼び出し間で持続する 258 再帰レキシカルパッドスタック 557 シンボリックリファレンスと〜 305 スレッドからのアクセス 533 ファイルスコープの〜 無名サブルーチンを格納する 384 レキシカル変数⇒レキシカルスコープ レクサ 1234 レクサ⇒字句解析 レコード 1234 〜を扱う関数 807 可変長〜 273 出力〜セパレータ→$\変数 データ構造の〜 329 入力〜セパレータ→$/変数 レコードデリミタ→$/変数 レコードモード 789 レジストリ(Microsoft Windows) 〜を操作する 465 レポート 〜を作成する 271 連結 1234 文字列を〜 27 連結(.)演算子 111,708 文字列化ハンドラによって自動生成する 412 文字列定数のオーバーロード 420 連結演算子(.) 27 連想配列 1234 連想配列→ハッシュ ローカル 1234 〜なファイルハンドル 92 〜変数 151,876 my宣言で〜変数を宣言する 697 シグナルハンドラの代入 484 ローカル化 〜された値を保存する 556 ローカル化⇒ロケール ロード データ構造を〜する 330,331 ローン返済 〜用のPerlモジュール 651 ログイン名 〜を扱う関数 808 getgrent関数 853 getgrgid関数 854 getgrnam関数が返す〜 854 getlogin関数で〜を得る 857 ログファイル 〜用のPerlモジュール 651,1080 ロケール 1012 〜用のPerlモジュール 650 Perl文字クラスのショートカットと〜 194 Uniocodeと〜 874 use localeプラグマと共にPOSIX文字クラス を使う 203 フォーマット内の小数点 272 文字列比較と〜宣言 117 ロック 879 サブルーチンを〜する 536 メソッドを〜する 538 ロックファイル 490 DBMファイル 494,827 flock関数 847 共有ロックと排他ロック 491 ファイルをクローズすることによって解除す る 492 論理 演算子 127 親プロセスと子プロセスの〜的な分離 524 否定(!)演算子 107 論理演算子 31,1234 〜をオーバーロードする 412 or演算子 リスト演算子と共に使う 149 Perlの〜でパターンマッチの選択肢を実現する 219 優先順位 ANDとand、ORと| 366
わ行
ワード 1234 ワードリスト 87 ワイド文字 システムコールで〜APIを使用する 802 ワイド文字API 〜を使ったシステムコール 472 ターゲットシステムの〜をPerlから使用する 579 ワイルドカードメタシンボル 190 文字クラスと〜 192,193 渡す リファレンスを〜 259 割り込みシグナル 〜用のハンドラ 483 ワンライナー 21,1234
VOLUME 1 書籍紹介ページへ戻る
VOLUME 2 書籍紹介ページへ戻る


書籍についてのお問い合わせは以下までお願いします。

株式会社オライリー・ジャパン

〒160-0003 東京都新宿区本塩町7番地6 四谷ワイズビル
phone:03-3356-5227 fax:03-3356-5261 e-mail:japan@oreilly.com


書籍の購入方法トップページへ戻る