『CSSシークレット』刊行のお知らせ

editor
2016/07/07 15:25

CSS組版による書籍『CSSシークレット』刊行のお知らせ
~Vivliostyle(ビブリオスタイル)とオライリー・ジャパンのCSS組版プロジェクト

株式会社オライリー・ジャパンは、株式会社ビブリオスタイル(Vivliostyle)と共同制作した書籍『CSSシークレット 47のテクニックでCSSを自在に操る』(本体価格3,400円+税)を2016年7月23日より全国書店・Web書籍取扱いサイト他にて発売いたします。

本書は数千行のCSSと1万行あまりのHTMLで作成された「CSS Secrets」(O'Reilly Media, Inc.)の翻訳書です。

原書のコンセプトにもとづき、Vivliostyle社の全面協力のもと、原書のデータをもとに日本語用のCSSを作成しました。原書で使用されたソースを日本語版でも再現するため、Vivliostyle社が制作システム「Heracles(仮称)」を開発し、CSS組版・PDF生成エンジン「Vivliostyle Formatter」により、原書で使われた膨大なCSSに対応させることに成功しました。

本書では、デザインに焦点を当てるのではなく、「いかに問題を解決するか」がコードで示されます。視覚効果、ページ構造、ユーザーエクスペリエンスといった8つのカテゴリーから47の項目を挙げ、日々直面する現実的な問題――同じことを繰り返さず(DRY)、保守性、柔軟性に富み、軽量かつ標準に準拠したCSSスタイル設計を実現する――をコーディングで解決していくテクニックを学ぶことができます。解決策を発見するまでのプロセスを理解することが課題解決までの近道であるという考えのもと、背景にある考え方までひもといて解説。すでにCSSを使っている中・上級のCSS開発者を対象とした本書は、CSSで実現できることを広げてくれる一冊です。

Webサンプル版を公開!

Webブラウザから読める本書のサンプルページをご用意しました。書籍版同様のページレイアウト、目次や索引の相互参照、ページ番号参照、日本語組版に対応した文字組みなどをWebブラウザ上でご確認いただくことが可能です。

株式会社ビブリオスタイル

株式会社ビブリオスタイル(Vivliostyle Inc.)は2014 年創業の電子出版システム開発企業。ブラウザで紙の本のようにページをめくって読書ができ、かつ画面に表示されている本をそのまま印刷できる「Vivliostyle」を開発し、Webと紙の本の垣根を取り除くことを目指すしている。W3C メンバー企業としてCSSワーキンググループでも活動中。社名の「Vivliostyle」はギリシャ語で「本」を表すvivlioとstyleの組み合わせたもので、本書の著者リア・ヴェルーが名付け親。
URL:http://vivliostyle.com/

株式会社オライリー・ジャパン

株式会社オライリー・ジャパン(O'Reilly Japan, Inc.)は、アメリカに本社を置くオライリー・メディア(O'Reilly Media, Inc.)の100%出資子会社として、1995年12月12日に設立されました。主要なテクノロジーに関するコンピュータ技術書籍、モノづくり・DIY系の「Make」関連書籍の翻訳・企画出版と、世界最大のDIYの祭典であるMaker Faire(Maker Faire Tokyo)の開催を行っています(http://makezine.jp/event/mft2016/)。
URL:http://www.oreilly.co.jp/

O'Reilly Media, Inc.とは?

「書籍、Web、雑誌、調査、カンファレンスを通してイノベーターの知識を広げ、世界を変える」ことを使命とし、1978年の創立以来、ITの発展とともに歩み、その成長を支え続けてきました。先見性を持ってITの可能性と未来を探り、先進的技術の情報を発信してITの世界に刺激を与え続け、その発展に貢献してきたと自負しています。また、技術コミュニティーの活動にも積極的に取り組んでおり、活動の支援と啓蒙、価値ある情報の創出と提供を行っています。O'Reilly Mediaは出版社の枠を越えた新しいメディア企業として、常に時代の一歩先を読み、信頼性の高い情報を発信して世界を牽引しています。
URL:http://www.oreilly.com/

プロフィール

著者:Lea Verou(リア・ヴェルー)

W3CのCSS作業グループで、Invited Expertとして標準化に携わる(W3CはWebに関する主要な標準化団体で、CSS作業グループはCSSという言語の設計を受け持っている)。以前にはW3CのDeveloper Advocate も務めていた。マサチューセッツ工科大学(MIT)で人間とコンピューターのインタラクションについて研究を行う。ブログの執筆や国際会議での講演、著名なオープンソースプロジェクトへのコードの提供などを通じ、開発者たちの手助けになることをめざす。

訳者:牧野 聡(まきの さとし)

ソフトウェアエンジニア。日本アイ・ビー・エム ソフトウェア開発研究所勤務。主な訳書に『 Go言語によるWebアプリケーション開発』『実践JUnit ―達人プログラマーのユニットテスト技法』『CSS3開発者ガイド 第2版 ―モダンWebデザインのスタイル設計』(おもにオライリー・ジャパン)。

書誌情報

Bookfair

O'Reilly Japanのセレクションフェア、全国の書店さんで開催
[ブックフェアのページへ]

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]