ビッグデータとプライバシー

[cover photo]
  • 2013年08月 発行
  • ISBN978-4-87311-613-6
  • フォーマット ePub mobi
  • 原書: Privacy and Big Data

Ebook Storeで電子版を購入:
価格1,944円

インターネットが社会に登場した頃と同様に、オンライン上のプライバシーに関する議論が再び高まっています。
本書は、ビッグデータの一般化によってもたらされるプライバシーへのリスクを考えるべく、「プライバシーとはどのようなものか?」「プライバシー保護はどのように行われてきたか?」「ビッグデータによってプライバシーを侵す(侵される)のは誰か?」「我々はどのようにふるまうべきか?」といった内容を、世界の各地域における事例を多数紹介しながら概説する書籍です。
コンパクトな分量ながら豊富な実例、事例を紹介し、ビッグデータとプライバシーを考える上での良いリンク集にもなっています。なお本書はEbookのみの販売となります。

関連書籍

クラウド セキュリティ & プライバシー
ビッグデータの倫理
ビューティフルデータ

まえがき

1章 パーフェクト・ストーム
    鏡(Looking Glass)の国へ
    ビッグデータ時代へようこそ
    パズルのピースから全体像へ――未来とは今のことである
    広告は狼男か
    ビッグデータ時代とビッグブラザー
    クロスロードにて――「プライバシー」対「安全」
    参考文献

2章 デジタル時代のプライバシーの権利
    デジタル時代のプライバシーの定義
    米国のプライバシー:干渉されない権利
    ヨーロッパのプライバシー:名誉と尊厳
    プライバシーを見通すプリズム
    国境なきプライバシー
    価値の衝突
    ネットワーク化したプライバシー:「わたし」対「わたしたち」
    参考文献

3章 規制者
    デジタルプライバシー規制のこれまで
    規制のモデル――優遇と冷遇
    米国の規制モデル――ボトムアップ型アプローチ
    欧州連合のモデル――トップダウン型アプローチ
    その他各国のプライバシー法の概況
    プライバシーと安全・治安
    データは死なない
    無防備なままでいないために
    参考文献

4章 プレイヤー
    プレイヤーの種類
    オンライン広告短史
    知的財産権、トラステッドコンピューティング、プライバシー
    瀬戸際へ追いこまれるプライバシー
    かつてない情報入手と、かつてないプライバシーの侵害
    ランプからジーニーを出す――取り返しのつかない状況に陥る
    プライバシーの名の下の保護者
    プライバシー経済の高まり
    プレーし続けるプレイヤー、失われ続けるプライバシー
    参考文献

5章 まとめ――すべてを理解すること
    問題の中心:コモディティと権利
    誰もがつながっている
    安全・治安と引き替えに、どこまでを差し出すか
    データの真実:ひとたび外へ出せば管理は難しい
    一巡して元の場所へ
    参考文献

付録A おわりに
    Terenceの視点
    Maryの視点

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]