入門 ClojureScript

[cover photo]
  • 2013年05月 発行
  • ISBN978-4-87311-612-9
  • フォーマット ePub mobi
  • 原書: ClojureScript: Up and Running

Ebook Storeで電子版を購入:
価格1,944円

本書は、ClojureScriptを使ったクライアントサイドプログラミングの基礎を概説する書籍です。プログラミング言語Clojureとほぼ同じ 文法から、Google Closure Libraryを用いて最適化されたJavaScriptへと変換できる、ClojureScriptの魅力を紹介します。開発環境のインストール、コンパイルの方法、基本的な文法、ライブラリの呼び出し方から、関数型プログラミングの手法など、限られた内容の中でClojureScriptの魅力をお伝えします。なお本書はEbookのみの販売となります。

関連書籍

Land of Lisp
プログラミングGauche
プログラミングScala

まえがき
1章 はじめに――ClojureScriptを使う理由
    ブラウザアプリケーションの隆盛
    JavaScriptの隆盛
    さらに良い言語を探して
    ClojureScriptの登場

2章 Hello, World
    Leiningen
    lein-cljsbuildを使う

3章 コンパイル
    設計
    コンパイルの仕方
    コンパイルについてさらに詳しく
    まとめ

4章 ClojureScriptの基本
    ClojureScriptとClojureの違い
    式と副作用
    構文とデータ構造
    特別な書式や定義
    関数
    ローカルなバインド
    クロージャ
    フロー制御
    JavaScriptとの相互運用性
    まとめ

5章 データと状態
    プリミティブ
    データ構造
    IDと状態

6章 シーケンス
    シーケンスの抽象化
    遅延シーケンス(Lazy Sequences)
    シーケンスAPI

7章 名前空間、ライブラリ、Google Closure
    名前空間
    Advanced Optimizationsモードでのコンパイル
    ライブラリの使用
    ライブラリの作成

8章 マクロ
    データとしてのコード
    マクロを書いてみよう
    auto-gensyms
    マクロを使う
    いつマクロを書くのか
    まとめ

9章 開発プロセスとワークフロー
    ClojureScriptをインストールする
    ビルトインされているツール
    ブラウザ内REPL
    lein-cljsbuildのそのほかの機能

10章 Clojureとの統合
    AJAX
    リーダとプリンタ
    クライアント/サーバー型アプリケーションの例
    リーダの拡張
    コードの共有
    まとめ

付録A ライブラリについて
    ClojureScriptの標準ライブラリ
    Google Closure Library
    Domina
    Enfocus
    Jayq
    C2
    core.logic

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]