Hadoop Hacks
――プロフェッショナルが使う実践テクニック

[cover photo]
  • 2012年04月 発行
  • 434ページ
  • ISBN978-4-87311-546-7
  • フォーマット Print PDF

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価3,888円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格3,110円

本書は、Hadoopの概要を理解した読者を対象に、Hadoopを実際に使いこなすためのテクニックとTipsをまとめた書籍です。システム構築/運用、アプリケーション開発など、Hadoopならではの特徴を使いこなすための方法から、HBase、Hive、Pig、Mahout、ZooKeeperなどサブプロジェクトについてのHackまで、幅広い内容をカバーしています。Hadoopの力を引き出すのに必要なツールとその使い方、また内部の動きを知るための方法、さらに先進的なテクニックなど、開発の現場で必要とされる74のテクニックを掲載しています。早くからHadoopに注目し、実際に活用してきた技術者によって執筆された本書は、Hadoopを自在に使いたいエンジニア必携の一冊です。

関連書籍

Cassandra
Hadoop MapReduce デザインパターン

目次

クレジット
はじめに

1章 システム構築/運用Hacks
    1. Hadoop動作に必要なパラメータ
    2. Hadoop用ノードのLinux OS設定
    3. マスターノードのHA化
    4. Hadoopに関する統計情報
    5. HDFSのアップグレード
    6. Sqoopの構造と動作
    7. PostgreSQLでの動作
    8. Azkaban入門
    9. Azkabanの利用

2章 アプリケーション開発Hacks
    10. クラスタ外部からHadoopの操作
    11. InMapperCombiner
    12. カスタムWritable型の作り方
    13. カスタムPartitionerの作り方
    14. DistributedCacheの使い方
    15. CombineFileInputFormat
    16. MapReduceジョブをテストする
    17. セカンダリソート
    18. Mapサイドジョイン
    19. Reduceサイドジョイン
    20. 多段MapReduce
    21. InputFormat/OutputFormatの使用方法
    22. Cassandraとの連携
    23. APIでのHDFS操作
    24. MapReduceタスクの分析
    25. Hadoopで圧縮ファイルを扱う

3章 HBase Hacks 
    26. Bulkロードツール
    27. MySQLからのインポート
    28. HFileへ直接アクセスをするMapReduce
    29. pre-splitテーブルの作成
    30. Coprocessorの作り方
    31. カスタムFilterの作り方
    32. export/importツール
    33. クラスタレプリケーション

4章 Hive Hacks
    34. SQLとHiveQLの違い
    35. Hiveの実運用でケアすべきこと
    36. クエリの高速化(入門編)
    37. クエリの高速化(応用編)
    38. ユーザ定義関数
    39. 他システムと連携する
    40. 独自処理を組み込む
    41. マルチユーザでの利用
    42. インデックスを使う
    43. Hiveのログ
    44. Sqoopでのデータロード
    45. 差分データでのやり取り

5章 Pig Hacks
    46. custom storageの作り方
    47. PigLatinとSQLの違い
    48. ユーザ定義関数
    49. Embedded Pig
    50. MapReduceへの変換の見方
    51. Pigですぐ利用できる関数

6章 Mahout Hacks
    52. Mahout入門
    53. インストールと実行方法
    54. 基礎用語を学ぶ
    55. レコメンドを行う
    56. アソシエーション分析
    57. 予測モデルを作る
    58. 機械学習とMapReduce
    59. 独自ドライバを作る
    60. Mahoutを利用したクラスタリング

7章 ZooKeeper Hacks
    61. ZooKeeperのAPI
    62. ZooKeeperのアクセス制御
    63. Eclipseを使った開発
    64. ZooInspectorを使う
    65. RESTでZooKeeperを使う
    66. FUSEからZooKeeperを使う
    67. tickTimeの仕組みを理解する
    68. ZABの仕組みを理解する
    69. リーダー選択の仕組みを理解する
    70. ステータスと役割を理解する
    71. グループ・重み付けを利用する
    72. 分散アプリケーションの構築
    73. ZooKeeperを核としたシステム(BookKeeper)
    74. BookKeeperを使ったシステム

コラム
    Cloudera's Distribution including Apache Hadoop(CDH)について
    MapRについて

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]