プログラミングAndroid

[cover photo]
  • 2012年02月 発行
  • 532ページ
  • ISBN978-4-87311-535-1
  • フォーマット Print PDF
  • 原書: Programming Android

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価3,672円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格2,938円

本書は、Android開発者やモバイルアプリケーションなどの開発経験がある開発者を対象としたAndroidアプリケーション開発の解説書です。本書の目的は、小さなアプリケーションにとどまらず、適切に設計されたAndroidアプリケーションを開発できるようになることにあります。本格的な開発に進むために必要なWebサービスを活用するアプリケーションのほか、マルチメディアや位置情報、センサー、コミュニケーションといったアプリケーション分野のプログラミングの知識やノウハウを解説。また、AndroidのツールやJava言語の機能、モバイルアプリケーション開発の基礎を提供することで、読者が持っている既存の知識をAndroid開発に活かすことができるよう配慮しています。本格的なAndroidアプリケーション開発にステップアップするための解説書。

関連書籍

Android Hacks
Android KitKat Hacks
Androidアプリケーション開発ガイド
初めてのAndroid 第4版
初めてのOpenGL ES

目次


はじめに

1部 ツールと基本

1章 ツールキット
    1.1 Android SDKとそれに必要なソフトウェアのインストール
    1.2 テストドライブ:インストール後の動作確認
    1.3 SDKのコンポーネント(構成要素)
    1.4 最新の状態に保つ
    1.5 サンプルコード
    1.6 コードを読むこと

2章 Java for Android
    2.1 AndroidはクライアントサイドJavaの新しい形
    2.2 Javaの型システム
    2.3 スコープ
    2.4 Javaプログラミングのイディオム

3章 Androidアプリケーションの構成要素
    3.1 Androidと従来のプログラミングモデルとの比較
    3.2 アクティビティ、インテント、タスク
    3.3 そのほかのAndroidコンポーネント
    3.4 静的なアプリケーションリソースとコンテキスト
    3.5 リソース
    3.6 Androidアプリケーション実行環境
    3.7 コンポーネントのライフサイクル
    3.8 Androidアプリケーションのパッケージ化:.apkファイル
    3.9 ソフトウェアのAndroidへの移植

4章 アプリケーションをユーザーの元に
    4.1 アプリケーション署名
    4.2 配布用アプリケーションのAndroid Marketへの提出
    4.3 Google Maps APIキー
    4.4 APIレベルの互換性の指定
    4.5 さまざまな画面サイズとの互換性

5章 Androidソフトウェア開発用Eclipse
    5.1 Eclipseの概念と用語
    5.2 Eclipseのビューとパースペクティブ
    5.3 EclipseによるJavaコードの記述
    5.4 EclipseとAndroid
    5.5 バグを避けコードをきれいに保つ
    5.6 Eclipseの特異性とそれに代わるもの

6章 Effective Java for Android
    6.1 Android Framework
    6.2 Javaソースの構造化
    6.3 Androidの並行処理
    6.4 直列化

2部 Android Frameworkについて

7章 ビューの構築
    7.1 Android GUIアーキテクチャ
    7.2 グラフィカルインターフェイスの組み立て
    7.3 コントローラとのワイヤリング
    7.4 メニュー

8章 フラグメントとマルチプラットフォームのサポート
    8.1 フラグメントの作成
    8.2 フラグメントのライフサイクル
    8.3 フラグメントマネージャ
    8.4 フラグメントのトランザクション
    8.5 互換パッケージ

9章 2Dと3Dグラフィックの描画
    9.1 ウィジェットの自作
    9.2 点滅

10章 データの処理と永続化
    10.1 リレーショナルデータベースの概略
    10.2 SQLite
    10.3 SQL言語
    10.4 SQLとデータベースを中心としたAndroidアプリケーション向けデータモデル
 
    10.5 Androidデータベースクラス
    10.6 Androidアプリケーション向けのデータベース設計
    10.7 データベースAPIの使用:MJAndroid

3部 Androidのスケルトンアプリケーション

11章 振る舞いのよいアプリケーションのためのフレームワーク
    11.1 ライフサイクルの視覚化
    11.2 フラグメントのライフサイクルの視覚化
    11.3 Activityクラスと振る舞いのよいアプリケーション
    11.4 Applicationクラスのライフサイクルメソッド
    11.5 複数のアクティビティ間の流れと直観的なユーザーインターフェイス

12章 コンテンツプロバイダの使用
    12.1 コンテンツプロバイダの理解
    12.2 プロバイダのpublic APIの定義
    12.3 コンテンツプロバイダの記述と統合
    12.4 ファイル管理とバイナリデータ
    12.5 Android MVCとコンテンツの観察
    12.6 コンテンツプロバイダの完成:SimpleFinchVideoContentProviderのコード
    12.7 コンテンツプロバイダの宣言

13章 コンテンツプロバイダを探る
    13.1 RESTful Androidアプリケーションの開発
    13.2 Network MVC
    13.3 メリットのまとめ
    13.4 コードサンプル:動的なリスト表示とYouTubeビデオコンテンツの
 キャッシング
    13.5 Finch YouTubeビデオサンプルソースコードの構造
    13.6 検索アプリの動作段階
    13.7 段階1:UIでユーザー入力を得る
    13.8 段階2:コントローラがイベントを監視する
    13.9 段階3:コントローラがコンテンツプロバイダ/モデルに対しmanagedQueryでクエリを送る
    13.10 段階4:RESTful要求の実装

4部 高度なトピック

14章 マルチメディア
    14.1 オーディオとビデオ
    14.2 オーディオとビデオの再生
    14.3 オーディオの録音とビデオの録画
    14.4 メディアコンテンツの使用

15章 位置とマップ
    15.1 位置にもとづくサービス
    15.2 マップ
    15.3 Google Mapsアクティビティ
    15.4 MapViewとMapActivity
    15.5 MapViewの使用
    15.6 MapViewとMyLocationOverlayの初期化
    15.7 MapActivityの一時停止と再開
    15.8 メニューボタンによるマップの制御
    15.9 キーパッドを使ったマップの制御
    15.10 MapViewを使わないで位置を取得する

16章 センサー、NFC、スピーチ、ジェスチャ、アクセシビリティ
    16.1 センサー
    16.2 Near Field Communication(NFC、近距離無線通信規格)
    16.3 ジェスチャ入力
    16.4 アクセシビリティ

17章 コミュニケーション、識別、同期、ソーシャルメディア
    17.1 アカウントのコンタクト
    17.2 認証と同期
    17.3 Bluetooth

18章 Android Native Development Kit(NDK)
    18.1 ネイティブメソッドとJNIの呼び出し
    18.2 Android NDK
    18.3 Androidで提供されるネイティブライブラリ
    18.4 自作ライブラリモジュールのビルド
    18.5 ネイティブアクティビティ(NativeActivity)

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]