IPv6アプリケーション適応ガイド
――IPv6へ対応するためのチェックポイント

[cover photo]
  • 2012年02月 発行
  • ISBN978-4-87311-519-1
  • フォーマット ePub mobi
  • 原書: Migrating Applications to IPv6

Ebook Storeで電子版を購入:
価格1,296円

現在IPv4の環境で使われているアプリケーションは、IPv6の環境でも正しく動作するのか? このような疑問に答えるために考えなければならないポイントを理解する助けとなる書籍です。IPv6プロトコルそのものではなく、UIの変更、DNSの設定、API、アドレスの格納などアプリケーションをIPv6に対応させるためのチェックポイントを解説します。なお本書はEbookのみの販売となります。

関連書籍

DNS & BIND on IPv6
DNS & BIND 第5版
IPv6 エッセンシャルズ 第2版

はじめに
    本書の趣旨
    本書の対象読者
    本書の内容
    本書で使用されている表記規則
    サンプルコードの使用について
    問い合わせ先
    著者との連絡方法
    謝辞
1. ユーザインタフェースの変更
    表示形式の変更
    可変長IPv6アドレス
    ポート番号コロン
    クラスレス(CIDR)表記法対サブネットマスク
    大文字と小文字の区別
    入力フィールドの有効性チェック
2. DNSの変更
    AAAAレコードの取り扱い
    AAAAレコードとAレコードの優先順位付け
    Happy Eyeballs
        Google Chromeの例
3. アプリケーションプログラミングインタフェース(API)
    APIトランスポートのチェック
    APIデータのチェック
        例:セッション開始プロコル(SIP)
    API接続の取り扱い
4. IPアドレスの格納
    メモリ配置
    データベース
    設定ファイル
    大文字と小文字の区別と先行ゼロの抑制
5. トランスポート層
    デュアルスタック対IPv6のみ
        オペレーティングシステムのサポート
        アプリケーションのデュアルスタックサポート
    複数のIPv6アドレス
    IPv6アドレスのプライバシ拡張
    パスMTU検出
    マルチキャストとブロードキャスト
    セキュリティ
    NATとIPv6
6. 文書、トレーニング、テスト
文書
    トレーニング
    テスト
7. リソースと次のステップ
    リソース
        Webサイト
        書籍
    IPv6アプリケーション移行のチェックリスト
おわりに

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]