Hacking:美しき策謀 第2版
――脆弱性攻撃の理論と実際

[cover photo]
オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価4,536円

Ebook Storeで電子版を購入:
価格3,629円

ハッカーの攻撃手法の詳細を知ることにより、防御の本質を説いたベストセラー待望の改訂版です。「ハッキング」とは、周囲を驚かせるような鮮やかな手法で問題を解決すること。本書では真のハッカーの思想、美学、ハッキングテクニックに迫ることにより、「ハッカー魂」とは何かを徹底的に追い求めています。システムの脆弱性やプログラム、ネットワークの盲点を利用したり、またシェルコードの挿入による攻撃方法などを詳しく紹介。脆弱性攻撃のテクニックがシンプルで美しいコードとともに解説されています。後半では暗号について、そのアルゴリズムからわかりやすく解説。さまざまな弱点を巧みに突くテクニックはまさに芸術。ハッキングの真実とともにセキュリティの重要性を説く究極のセキュリティガイドです。

関連書籍

アナライジング・マルウェア
セキュリティの神話
データ分析によるネットワークセキュリティ
デコンパイリングJava
ビューティフルセキュリティ
リバースエンジニアリング

謝辞
訳者まえがき
賞賛の声
はじめに
0x100 はじめに
0x200 プログラミング
    0x210 プログラミングとは何か?
    0x220 擬似コード
    0x230 制御構造
    0x231 if-then-else
    0x232 whileループとuntilループ
    0x233 forループ
    0x240 その他の基本コンセプト
    0x241 変数
    0x242 算術演算子
    0x243 比較演算子
    0x244 関数
    0x250 実際に使ってみる
    0x251 全体像を見る
    0x252 x86プロセッサ
    0x253 アセンブリ言語
    0x260 基本に立ち返る
    0x261 文字列
    0x262 符号付き、符号無し、長整数、短整数
    0x263 ポインタ
    0x264 フォーマット文字列
    0x265 キャスト
    0x266 コマンドライン引数
    0x267 変数のスコープ
    0x270 メモリのセグメント化
    0x271 C言語におけるメモリセグメント
    0x272 ヒープの使用
    0x273 エラー判定付きのmalloc()関数
    0x280 続・基本
    0x281 ファイルアクセス
    0x282 ファイルの権限
    0x283 ユーザID
    0x284 構造体
    0x285 関数ポインタ
    0x286 疑似乱数
    0x287 運試しゲーム
0x300 プログラムの脆弱性攻撃
    0x310 汎用的な脆弱性攻撃テクニック
    0x320 バッファオーバーフロー
    0x321 スタック上でのバッファオーバーフロー攻撃
    0x330 bashを用いた実験
    0x331 環境変数を使用する
    0x340 他のセグメントでのオーバーフロー
    0x341 ヒープセグメントでのオーバーフロー
    0x342 関数ポインタのオーバーフロー
    0x350 フォーマット文字列
    0x351 フォーマットパラメータ
    0x352 フォーマット文字列を利用した攻撃
    0x353 任意のメモリアドレスから読み込みを行う
    0x354 任意のメモリアドレスに書き込みを行う
    0x355 ダイレクトパラメータアクセス
    0x356 ショートライトを使用する
    0x357 .dtorsを狙った攻撃
    0x358 notesearchのさらなる脆弱性
    0x359 グローバルオフセットテーブル(GOT)の上書き
0x400 ネットワーク
    0x410 OSIの参照モデル
    0x420 ソケット
    0x421 ソケット関連の関数
    0x422 ソケットアドレス
    0x423 ネットワークのバイト順
    0x424 インターネットアドレスの変換
    0x425 簡単なサーバの例
    0x426 ウェブクライアントの例
    0x427 tinywebサーバ
    0x430 下位層に目を向ける
    0x431 データリンク層
    0x432 ネットワーク層
    0x433 トランスポート層
    0x440 ネットワークのスニッフィング
    0x441 生のソケットをスニッフィングする
    0x442 libpcapスニッファ
    0x443 階層を読み解いていく
    0x444 アクティブスニッフィング
    0x450 DoS攻撃
    0x451 SYN Flooding
    0x452 Ping of Death
    0x453 Teardrop
    0x454 Ping Flooding
    0x455 Amplification Attack
    0x456 分散DoS攻撃
    0x460 TCP/IPのハイジャック
    0x461 RSTを用いたハイジャック
    0x462 継続的ハイジャック
    0x470 ポートスキャン
    0x471 ステルス型のSYNスキャン
    0x472  FINスキャン、X-masスキャン、NULLスキャン
    0x473 デコイの使用
    0x474 アイドルスキャン
    0x475 積極的な防御策(シュラウド)
    0x480 ネットワーク経由でハッキングを行う
    0x481 GDBを用いた分析
    0x482 最後の詰め
    0x483 ポートバインド型シェルコード
0x500 シェルコード
    0x510 アセンブリ言語 VS. C言語
    0x511 アセンブリ言語によるLinuxのシステムコール
    0x520 シェルコードへの道
    0x521 スタックを用いたアセンブリ命令
    0x522 GDBを用いた調査
    0x523 nullバイトの除去
    0x530 シェルを起動するシェルコード
    0x531 優先順位の問題
    0x532 さらに小さく
    0x540 ポートバインド型シェルコード
    0x541 標準ファイル記述子を差し替える
    0x542 制御構造の実装
    0x550 コネクトバック型シェルコード
0x600 攻撃と防御の共進化
    0x610 攻撃を検知する
    0x620 システムデーモン
    0x621 シグナル超入門
    0x622 tinywebデーモン
    0x630 ハッカーの必需品
    0x631 tinywebdに対する脆弱性攻撃ツール
    0x640 ログファイル
    0x641 人ごみに紛れる
    0x650 見逃してはいけない明らかな兆候
    0x651 小分けにして考える
    0x652 すべてを元通りにする
    0x653 子プロセスでの作業
    0x660 高度なカムフラージュ
    0x661 ログに出力されるIPアドレスを詐称する
    0x662 ログレス攻撃
    0x670 全体インフラ
    0x671 ソケットの再利用
    0x680 ペイロードを隠密裏に搬入する
    0x681 文字列のコード化
    0x682 NOPスレッドの隠蔽
    0x690 バッファの制約
    0x691 ASCIIコードの印字可能文字だけで作られたポリモーフィックシェルコード
    0x6a0 さらなる対策
    0x6b0 実行不能スタック
    0x6b1 ret2libc
    0x6b2 system()へのリターン
    0x6c0 スタック領域のランダム化
    0x6c1 BASHとGDBを用いた調査
    0x6c2 linux-gateのバウンスオフ
    0x6c3 知識の応用
    0x6c4 最初の試み
    0x6c5 確率を味方にする
0x700 暗号学
    0x710 情報理論
    0x711 無条件安全性
    0x712 ワンタイムパッド
    0x713 量子鍵配布
    0x714 計算量的安全性
    0x720 アルゴリズムの実行時間
    0x721 漸近的計算量
    0x730 対称暗号
    0x731 Lov Groverの量子検索アルゴリズム
    0x740 非対称暗号
    0x741 RSA
    0x742 Peter Shorの量子因数分解アルゴリズム
    0x750 ハイブリッド暗号
    0x751 MitM攻撃
    0x752 SSHプロトコルによるホストのフィンガープリントの違い
    0x753 ファジーフィンガープリント
    0x760 パスワードクラッキング
    0x761 辞書攻撃
    0x762 総当たり攻撃
    0x763 ハッシュ検索テーブル
    0x764 パスワード確率マトリクス
    0x770 ワイヤレス802.11b暗号
    0x771 WEP(Wired Equivalent Privacy)
    0x772 RC4ストリーム暗号
    0x780 WEP攻撃
    0x781 オフライン総当たり攻撃
    0x782 キーストリームの再利用
    0x783 IVに基づく解読用辞書データベース
    0x784 IPリダイレクション
    0x785 FMS(Fluhrer、Mantin、Shamir)攻撃
0x800 まとめ
    0x810 参考文献
    0x820 リソース
索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]