言語設計者たちが考えること

[cover photo]
  • 2010年09月 発行
  • 536ページ
  • ISBN978-4-87311-471-2
  • フォーマット Print PDF
  • 原書: Masterminds of Programming

この商品は好評につき現在入荷待ちです
Ebook Storeで電子版を購入:
価格3,110円

C++、Python、APL、FORTH、BASIC、AWK、Lua、Haskell、ML、SQL、Objective-C、Java、C#、UML、Perl、PostScript、Eiffel、そしてRuby。世界に多くの影響を与え、またソフトウェアの基盤を支えているさまざまなプログラム言語の設計者たちへのインタビュー集です。彼らが何を考え、どんな考えに基づいて言語を設計したのか。伝説的かつ著名な言語設計者たちが登場し、背景、動機、哲学、信念、秘話、教訓、課題を語ります。対話を通してパイオニアたちの飽くなき探究心と思考プロセス、情熱、そして底知れぬエネルギーが見えてくるはずです。
日本語版には、Rubyのまつもとゆきひろ氏へのインタビューを追加収録しています。

関連書籍

ビューティフルコード
ビューティフルセキュリティ

目次
本書推薦の言葉
まえがき

1章 C++(ビャーネ・ストラウストラップ)
    設計上の意思決定
    C++の使用
    オブジェクト指向プログラミングと並行処理
    未来
    教育

2章 Python(グイド・ヴァンロッサム)
    Python流のやり方
    優れたプログラマ
    さまざまなPython
    手段と経験

3章 APL(アディン・D・フォークオフ)
    紙と鉛筆
    基本的な原則
    並列性
    APLの遺したもの

4章 Forth(チャールズ・H・ムーア)
    Forthとその言語設計
    ハードウェア
    アプリケーション設計

5章 BASIC(トーマス・E・カーツ)
    BASICの背後にある目標
    コンパイラの設計
    言語とプログラミングのプラクティス
    言語の設計
    目標

6章 AWK(アルフレッド・エイホ、ピーター・ワインバーガー、ブライアン・カーニハン)
      
    アルゴリズムの寿命
    言語設計
    Unixとその文化
    ドキュメントの役割
    コンピュータ科学
    小さな言語の創造
    新しい言語の設計
    レガシー文化
    変革をもたらすテクノロジ
    世界を変えた小さなものごと
    理論と実践
    ブレークスルーを待つ
    例示プログラミング

7章 Lua(ルイス・エンリケ・デ・フィゲイレード、ロベルト・イエルサリムスキー)
    スクリプティングの威力
    経験
    言語設計

8章 Haskell(サイモン・ペイトン・ジョーンズ、ポール・ヒューダック、フィリップ・ワドラー、
      ジョン・ヒューズ)
    機能する(Functional)チーム
    関数型プログラミングの軌跡
    Haskellという言語
    (関数型)教育の普及
    形式化と進化

9章 ML(ロビン・ミルナー)
    定理の健全性
    意味の理論
    情報学を越えて

10章 SQL(ドン・チェンバレン)
    絶大な影響力を持つ論文
    言語
    フィードバックと進化
    XQueryとXML

11章 Objective-C(ブラッド・コックス、トム・ラブ)
    Objective-Cとエンジニアリング
    言語を育てる
    教育と訓練
    プロジェクトマネジメントとレガシーソフト
    Objective-Cと他の言語
    コンポーネント、砂、レンガ
    経済現象としての品質
    教育

12章 Java(ジェームズ・ゴスリン)
    強力さか、簡潔さか
    センスの問題
    並行処理
    言語を設計するには
    フィードバックを循環させる

13章 C#(アンダース・ヘルスバーグ)
    言語と設計
    言語の発展
    C#
    コンピュータ科学の将来

14章 UML(イヴァー・ヤコブソン、ジェームズ・ランボー、グラディ・ブーチ)
    学習と教育
    人々の役割
    UML
    知識
    変化に備える
    UMLの利用
    レイヤーと言語
    ちょっとした再利用性
    対称関係
    UML
    言語の設計
    開発者の訓練
    創造性、洗練、パターン

15章 Perl(ラリー・ウォール)
    革命の言語
    言語として
    コミュニティ
    進化は革命

16章 PostScript(チャールズ・ゲシキ、ジョン・ワーノック)
    長持ちする設計
    研究と教育
    長寿のためのインタフェース
    標準に対する願い

17章 Eiffel(バートランド・メイヤー)
    昼下がりに生まれた発想
    再利用性とジェネリック性
    間違い探しをする言語
    成長と革命を管理する

18章 Ruby(まつもとゆきひろ)
    誕生
    未来
    Rubyらしさ

あとがき
貢献者
索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]