オープンソースソフトウェアの育て方

[cover photo]
  • Karl Fogel 著、高木正弘、高岡芳成 訳
  • 2009年07月 発行
  • 320ページ
  • ISBN978-4-87311-412-5
  • フォーマット Print PDF
  • 原書: Producing Open Source Software

この商品は好評につき現在入荷待ちです
Ebook Storeで電子版を購入:
価格2,419円


オープンソースソフトウェアの開発には、商業的なソフトウェアの開発には見られない固有の問題が数多く存在します。本書は、バージョン管理システムSubversion、CVSの開発の中心人物として知られるKarl Fogelがオープンソースソフトウェア開発プロジェクトの運営方法を解説する書籍です。プロジェクトの立ち上げ時に開発者やユーザをより多く集めるためのドキュメントの整備や広報の方法、メーリングリストを使った議論の方法、バージョン管理システムやバグ追跡システムの運用、ライセンスの選択、オープンソースプロジェクトと金銭(企業)との関わりなど、幅広い事柄について実体験に基づいた解説が行われます。

関連書籍

実用 CVS

目次
日本語版に寄せて
序文

1章	導入
    歴史
    現状

2章	さあ始めましょう
    まずは周りを見渡すことから
    手持ちのもので始めよう
    ライセンスの選択と適用
    うまく引っ張っていく
    広報

3章	技術的な問題
    プロジェクトに必要なもの
    メーリングリスト
    バージョン管理
    バグ追跡システム
    IRC――リアルタイムのチャットシステム
    RSSフィード
    Wiki
    ウェブサイト

4章	プロジェクトの政治構造と社会構造
    プロジェクトが分裂する可能性
    優しい独裁者
    合意に基づく民主主義
    すべてを記録しておく

5章	お金に関する問題
    プロジェクトへの関わり方
    開発者を長期に渡って雇用する
    企業の人間としてではなく、個人として振る舞う
    動機を隠し立てしない
    カネで愛は買えない
    契約する
    プログラミング以外の活動を支援する
    マーケティング

6章	コミュニケーション
    書いたことがすべて
    陥りがちな罠
    扱いにくい人たち
    巨大化への対応
    バグ追跡システムでは議論しない
    宣伝・広報

7章	パッケージの作成、リリース、日々の開発
    リリースに番号を付ける
    リリースブランチ
    リリースを安定させるプロセス
    パッケージング
    テストとリリース
    複数のリリースラインを管理する
    リリースと日々の開発

8章	ボランティアの管理
    ボランティアを最大限に活用する
    技術的な作業だけでなく管理作業もみんなで
    引き継ぎ
    コミッター
    クレジット
    プロジェクトの分裂

9章	ライセンス、著作権、特許
    使用する用語
    ライセンスの特徴
    GPLとライセンスの互換性
    ライセンスを選ぶ
    著作権の保有と譲渡
    デュアルライセンスの仕組み
    特許
    さらなる情報源

付録A	フリーなバージョン管理システム
付録B	フリーなバグ追跡システム
付録C	なんで自転車置場の色まで気にしなきゃならないの?
付録D	バグ報告のやり方を説明した例
付録E	著作権表示

訳者あとがき
索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]