Make: Technology on Your Time Volume 03

[cover photo]
  • 2007年09月 発行
  • 184ページ
  • ISBN978-4-87311-338-8
  • フォーマット Print
  • 原書: Make: Technology on Your Time

オライリー・ジャパンで書籍を購入:
定価1,620円


実際に作って試せる、ユニークなテクノロジーの本が『Make』です。Vol.3では2本の特集を掲載します。特集1は「FRINGE ― テクノロジーとサイエンスの辺境」。非主流派の技術に可能性を見出す米国特許局職員のインタビューや、SF雑誌の名物編集長との交流からPSI現象を研究する羽目になった少年時代を振り返るエッセイ、デジタルカメラでキルリアン写真を撮影する方法など、さまざまな角度から「辺境の持つ意味」を探ります。特集2「HOME ELECTRONICS ― 電子で遊ぶ・作る」では、555タイマICを使ったシンプルな工作や、新しいマイクロコントローラの開発にかける開発者のインタビューなどを通じて、電子工作の魅力の一端を紹介します。
プロジェクト(制作記事)は、「音と光で脳波をチューンするブレインマシン」、「音速を突破し、衝撃波を発するブルウィップ(牛追ムチ)」、「バルサで作るシンプルな羽ばたき飛行機」の3本。今号でもユニークで魅力的なモノの製作方法を解説します。
巻頭インタビューはサバイバル・リサーチ・ラボラトリー(SRL)のマーク・ポーリン。危険なマシンを作ってパフォーマンスを行う理由、そしてそのパフォーマンスを支える地道な日常について話を聞きます。


関連書籍

Mad Science
Make: Electronics
Make: Technology on Your Time Volume 01
Make: Technology on Your Time Volume 02
Make: Technology on Your Time Volume 04
Make: Technology on Your Time Volume 05
Make: Technology on Your Time Volume 06
Make: Technology on Your Time Volume 07
Make: Technology on Your Time Volume 08
Make: Technology on Your Time Volume 09
Make: Technology on Your Time Volume 10
Make: Technology on Your Time Volume 11
Making Things Talk

Features
	特集1「FRINGE ― テクノロジーとサイエンスの辺境」
		辺境を知る意味
		非正統派の科学に光を
		PSI現象を探して
		偶然の音楽
		デジタルキルリアン写真
		四角い車輪の再発明
		フリーメーソンの復活
		時間の本質的な神秘性

	特集2「HOME ELECTRONICS ― 電子で遊ぶ・作る」
		電子工作のツールボックス
		史上最も成功した小さなチップ
		Roomba Hacks
		ナイス・ダイス
		ロボハウス
		Propellerチップの誕生
		Propellerチップの可能性

Columns
	CRAFTERのマニフェスト
	News From The Future(ティム・オライリー)
	Make Free:同意します(コリィ・ドクトロウ)
	Heirloom Technology:イヤーマフヘッドフォンを作る
	Hands on:テクノロジストとしてのマークトウェイン(ブルース・スターリング)
	MAKERの権利章典
	異常な愛情(ジョージ・ダイソン)

Make: Projects
	ブレインマシン
	ブルウィップ(牛追ムチ)
	羽ばたき飛行機を作る
	マイクロコントローラ(PIC)のプログラミング

Maker
	Made on Earth
	マーク・ポーリンの機械が作る暴力と混乱の空間
	失敗せよ! 早いうちに! もっとたくさん!
	Arduinoフィーバー
	P.O.K.E.Rパーティー
	1+2+3:折り紙フライングディスク
	1+2+3:Vibrobot
	Workshop:試作せよ
	TOOLBOX
	Homebrew:31年前に作った発光ダイオードの古時計

DIY
	タイムスライスカム
	工作用紙で作るピンホールカメラ
	トイレンズを作る
	狭くても機能的な作業台
	エレガントな合板のコーヒーテーブル
	ネジ式自動車
	完全武装

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]