Ajax & Java
――JavaプログラマのためのAjaxプライマー

[cover photo]
  • 2007年08月 発行
  • 240ページ
  • ISBN978-4-87311-333-3
  • フォーマット Print PDF
  • 原書: Ajax on Java

この商品は好評につき現在入荷待ちです
Ebook Storeで電子版を購入:
価格2,074円

AjaxとJSP、Ajaxとタグライブラリ、AjaxとStruts、AjaxとJSF、GWTなど、JavaによるWebアプリケーションをAjax化するための各種アプローチを、サーバサイドとクライアントサイドの両方の具体的なコードを示しながら丁寧に解説します。Prototype、script.aculo.us、Dojo、Rico、DWR、GWTなど、Java WebアプリケーションでAjaxな技術を使ううえで必要になる主要な要素を網羅しており、Java Webアプリケーション開発者は必携です。

関連書籍

Ant 第2版
Head Rush Ajax

訳者まえがき
はじめに

1章 セットアップ
	1.1 必要なもの
	1.2 Tomcatのインストール
		1.2.1 Tomcatの簡単セットアップ
		1.2.2 TOMCAT_HOMEを設定する
	1.3 Antのインストール

2章 AjaxとJavaScript
	2.1 はじめてのAjaxアプリケーション
		2.1.1 JavaScript関数が呼び出される仕組み
		2.1.2 押されたキーの値を取得するには
		2.1.3 ページの整形
	2.2 試してみよう

3章 はじめてのAjaxサーブレット
	3.1 アプリケーションのビルドとデプロイ
		3.1.1 ディレクトリ構造
	3.2 サンプルアプリケーションの実行
		3.2.1 XMLはどこへ?

4章 AjaxにおけるXMLとJSON
	4.1 XMLバージョンのキー変換アプリケーション
	4.2 XMLデータのセットアップ
		4.2.1 XMLデータをサーブレットで構築する
		4.2.2 XMLデータを構築するその他の方法
	4.3 クライアント側でのXMLの処理
		4.3.1 JavaScriptでのXMLパース処理
		4.3.2 IEのフォームにデータを設定する
		4.3.3 IE以外のフォームにデータを設定する
	4.4 アプリケーションのビルド
	4.5 Tomcatマネージャからアプリケーションにアクセスする
	4.6 データをJSONで渡す
		4.6.1 JavaScriptをJSON対応にする
	4.7 まとめ

5章 データベースとの連携
	5.1 Ajaxなフォーム入力
		5.1.1 ユーザ名をチェックする
		5.1.2 データベースを作る
		5.1.3 Ajaxリクエストをサーブレットで処理する
		5.1.4 郵便番号から市と州を求める
	5.2 サジェスチョンフィールドを作る
		5.2.1 ユーザ名を取得する
		5.2.2 divを作る
		5.2.3 イベントを処理する
		5.2.4 サーブレットを構成する

6章 Ajaxなライブラリとツールキット
	6.1 Dojoツールキット
	6.2 Ricoツールキット
		6.2.1 Ricoのオブジェクトレスポンス型
	6.3 DWR
	6.4 ScriptaculousとPrototypeによるドラッグアンドドロップ
		6.4.1 サインアップ機能
		6.4.2 Prototypeを使ってXMLHttpRequestをラップする
		6.4.3 ログイン機能
		6.4.4 ショッピング機能

7章 Ajaxなタグ
	7.1 タグライブラリの作成
		7.1.1 TLDを書く
		7.1.2 JSPページでタグを使う
		7.1.3 TagSupportクラスを作る
		7.1.4 サポートサーブレットを作る
		7.1.5 Antを使ってデプロイする
	7.2 サードパーティのタグライブラリ
		7.2.1 AjaxTags
		7.2.2 JavaWebParts
		7.2.3 AjaxAnywhere
		7.2.4 どのタグライブラリを使うべきか?

8章 StrutsとAjax
	8.1 Struts-Layout
		8.1.1 Struts-Layoutのインストール
		8.1.2 Struts-Layoutを使ったJSPページ
		8.1.3 Strutsアクションフォーム
		8.1.4 アクションとサーブレット
		8.1.5 Strutsの設定
		8.1.6 データの道程
		8.1.7 サジェスチョンフィールドを表示する
		8.1.8 Struts-Layoutがクールな理由
	8.2 DWRでStrutsにAjaxを追加する
		8.2.1 ファイルのアップロード
		8.2.2 JSPページを作る
		8.2.3 DWR設定ファイルを作る
		8.2.4 製品一覧を表示する
		8.2.5 DWRが生成するJavaScript
		8.2.6 クラスProductManager
		8.2.7 DWRがクールなわけ
	8.3 StrutsとAjax:この章で学んだこと

9章 JSFとAjax
	9.1 JSFのライフサイクル
	9.2 カスタムJSFコンポーネントの作成
		9.2.1 JSPページを作る
		9.2.2 web.xmlとfaces-config.xml
	9.3 カスタムJSFタグの作成
		9.3.1 TLDファイルを作る
		9.3.2 タグハンドラを作る
		9.3.3 レンダラとレンダーキットを作る
		9.3.4 JavaScriptサポートファイルを作る
	9.4 HtmlInputTextを拡張してJSF入力を処理する
	9.5 JSFによるAjaxのサポート
	9.6 まとめ

10章 Google Web Toolkit
	10.1 はじめの一歩
		10.1.1 HostedモードとWebモード
	10.2 アプリケーションのデバッグ
	10.3 アプリケーションを肉付けする:クライアント側
		10.3.1 クライアント側をカスタマイズする
	10.4 クライアントにサービスを提供する
		10.4.1 クライアントをサービスと接続する
		10.4.2 サービスをサーブレットURLと関連付ける
	10.5 サービスを実装してテストする
	10.6 GWTウィジェット

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]