Perl Hacks
――プロが教えるテクニック & ツール101選

[cover photo]
  • 2007年01月 発行
  • 352ページ
  • ISBN978-4-87311-314-2
  • フォーマット
  • 原書: Perl Hacks

この商品は品切れ再入荷未定です

「Perlの達人になるには何が必要なのか。確かに知識も必要だが、もっと大切なのは、Perl言語で遊び、驚きを見つけ、自らもそのようなものを作り出すような好奇心だろう。(中略)ほとんどのハックには、2つの部分がある。今すぐ解決しなければならない目の前の問題と、他の状況にも応用できるより深くて精妙なテクニックだ。すべてのハックは、研究する価値を持っている。」(本書『はじめに』より) 世界でもっとも優れたPerlの達人たちが101種のヒント、トリック、テクニックを披露する。Perlプログラマの必読書。

関連書籍

Perlベストプラクティス
実用 Perlプログラミング 第2版

クレジット
はじめに

1章 効率よく仕事を進めるためのハック
	1 FirefoxにCPANショートカットを加えよう
	2 Perldoc活用法
	3 Perlドキュメントをオンラインでブラウズしよう
	4 シェルエリアス活用法
	5 VimのなかでPerl識別子にオートコンプリートをかけよう
	6 Perl用の最良のEmacsモードを使おう
	7 ローカルスタイルを貫こう
	8 動かないPerlコードをセーブしない
	9 チェックイン時に自動的にコードを整形しよう
	10 Vimのなかからテストを実行しよう
	11 EmacsからPerlを実行しよう

2章 ユーザーインターフェイス
	12 UIとして$EDITORを使おう
	13 コマンド行で対話的にやり取りしていることを確かめるには
	14 端末とのやり取りを単純化しよう
	15 Macからの警告
	16 対話的なグラフィカルアプリケーション
	17 設定情報を集めるために
	18 Webを書き直せ

3章 データ操作
	19 ファイルを配列として扱おう
	20 ファイルを逆に読もう
	21 データソースとしてスプレッドシートを使おう
	22 データベースコードを括り出そう
	23 SQLライブラリを作ろう
	24 SQLを使わずにダイナミックにデータベースにクエリーを発行しよう
	25 データベースカラムをバインドしよう
	26 コストの高いデータを反復生成しよう
	27 反復子から複数の値を引き出そう

4章 モジュールの操作
	28 長いクラス名を短くしよう
	29 モジュールパスを管理しよう
	30 書き換えたモジュールを再ロードしよう
	31 個人バンドルを作ろう
	32 モジュールのインストールを管理しよう
	33 モジュールパスをあらかじめ解決しておこう
	34 標準モジュールツールキットを作ろう
	35 チュートリアルからデモを書こう
	36 外から悪いコードを置き換えよう
	37 CPANに乾杯
	38 例外条件を磨こう
	39 CPANモジュールをローカルで探そう
	40 単体のPerlアプリケーションのパッケージを作ろう
	41 独自のレキシカルな警告を作ろう
	42 モジュールのバグを見つけてレポートしよう

5章 オブジェクトのハック
	43 オブジェクトを裏返そう
	44 (ほとんど)ただでオブジェクトをシリアライズしよう
	45 属性を使って情報を追加しよう
	46 メソッドを本当にプライベートなものにする
	47 メソッド引数の自動宣言
	48 リモートオブジェクトへのアクセスを制御しよう
	49 オブジェクトを本当にポリモーフィックなものにしよう
	50 アクセッサを自動生成しよう

6章 デバッグ
	51 コンパイルエラーを早く見つけよう
	52 見えない文字を見えるようにしよう
	53 テストケースを使ってデバッグしよう
	54 コメントでデバッグしよう
	55 エラーが起きたときにソースコードを表示しよう
	56 無名関数のソースコードを復元しよう
	57 無名サブルーチンに名前をつけよう
	58 サブルーチンのソースを見つけよう
	59 デバッガをカスタマイズしよう

7章 プログラマのトリック
	60 ディストリビューションを簡単に再構築できるようにしよう
	61 仕様書を使ってテストしよう
	62 開発者テストとユーザーテストを分離しよう
	63 自動的にテストを実行しよう
	64 テスト失敗の診断をカラーで見よう
	65 生きているコードをテストしよう
	66 ベンチマークを出し抜け
	67 自分用のPerlをビルドしよう
	68 テストスイートをメモリに常駐させて実行しよう
	69 厳しい環境をシミュレートしてテストしよう

8章 自分のコードを知れ
	70 いつ何が起きているのかを理解しよう
	71 データ構造を見てみよう
	72 関数を安全に見つけよう
	73 何がいつからコアモジュールなのかを把握しよう
	74 使われているすべてのモジュールをトレースしよう
	75 パッケージにふくまれるすべてのシンボルを見つけよう
	76 クロージャのなかを覗こう
	77 すべてのグローバル変数を見つけよう
	78 サブルーチンの中身を覗こう
	79 インポートされた関数を探そう
	80 プログラムサイズをプロファイリングしよう
	81 Perlプロセスの再利用
	82 オペコードをトレースしよう
	83 独自の警告を書こう

9章 Perlの達人になるために
	84 dualvarでデータを倍のサイズにしよう
	85 ソフトリファレンスを実リファレンスに書き換えよう
	86 悩ましい部分を最適化しよう
	87 ハッシュに鍵をかけよう
	88 スコープの末尾で終了処理をしよう
	89 関数の変わった呼び出し方
	90 シーケンスを自由自在に
	91 エラーチェックコードを減らそう
	92 もっと賢い値を返そう
	93 アクティブな値を返そう
	94 Perlに独自構文を追加しよう
	95 ソースフィルタでセマンティックスを変更する
	96 XSなしで共有ライブラリを使おう
	97 1つのTCPポートで2つのサービスを実行しよう
	98 ディスパッチテーブルを改良しよう
	99 近似値を追跡しよう
	100 演算子をオーバーロードしよう
	101 遊びから学ぼう

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]