Pythonプログラミング

[cover photo]
  • Mark Lutz 著、飯坂 剛一 監訳、村山 敏夫, 戸田 英子 訳
  • 1998年07月 発行
  • 562ページ
  • ISBN4-900900-67-2
  • フォーマット
  • 原書: Programming Python

この商品は絶版になりました


Python入門』の姉妹本です。『Python入門』の基礎知識を踏まえて、本書では、さらに高度なトピックを解説しながら、現実的なPytonプログラミングのテクニックを習得できる。実際のアプリケーション開発の現場で、Pythonを活用するためのノウハウが満載されています。

監訳者まえがき 
本書の発刊によせて 
はじめに

1章 グラフィックユーザインターフェース
	1.1 「さあ、この例をごらんなさい」
	1.2 GUI学習の第一歩
	1.3 GUI作成の自動化
	1.4 ケーススタディ:PackerによるGUI作成
	1.5 名前空間の衝突を回避する
	1.6 プログラムエラー処理
	1.7 完全なRAD言語
	1.8 その他Tkinterについて
	1.9 まとめ

2章 永続的情報
	2.1 「永続的情報をください。ピクルス抜きでね」
	2.2 ケーススタディ:テーブルブラウザGUI
	2.3 永続的システムに関するその他の話題
	2.4 まとめ

3章 オブジェクトの実装
	3.1 バラは赤く、すみれは青いように、リストは可変で、クラスFooもまたしかり
	3.2 スタックの実装
	3.3 集合の実装
	3.4 Pythonの従来のデータ構造

4章 Pythonの拡張
	4.1 「Cで途方に暮れている」
	4.2 すでに検証した例
	4.3 C拡張モジュールにスタックを移動する
	4.4 スタックをC拡張タイプに移動する

5章 Pythonの組み込み
	5.1 「Pythonを加え、よく混ぜ合わせ、それを繰り返そう」
	5.2 Pythonの組み込み呼び出しAPI
	5.3 基本的組み込み方法
	5.4 より高級の組み込み呼び出しAPI
	5.5 組み込み呼び出しAPIクライアント
	5.6 ケーススタディ:ユーザコード検認の組み込み
	5.7 その他のアプローチ:呼び出し可能なオブジェクトの登録
	5.8 その他の統合トピックス
	5.9 自動統合テクニック
	5.10 要約:Python/C統合テクニック

6章 言語とテキストの処理
	6.1 「おい、ジャックがハックするぞ!」
	6.2 Pythonでテキストを構文解析する方法
	6.3 ケーススタディ:電卓GUI
	6.4 フィナーレ:真の電卓GUI

付録A その他の便利なツール
付録B アプリケーション階層構造
付録C C++プログラマのためのPythonクラス

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]