Ajax Hacks
――プロが教えるWebアプリケーション構築テクニック

[cover photo]
  • 2006年10月 発行
  • 328ページ
  • ISBN4-87311-304-0
  • フォーマット
  • 原書: Ajax Hacks

この商品は品切れ再入荷未定です

Ajaxを徹底活用するための実践的なテクニック集。Hackごとにある特定のタスクを取り上げて、そのタスクを処理するためのクールな手法を紹介します。多くの技術者が興味を持つであろうDWRの使いこなしや、Ruby on RailsとAjaxがどう絡むかなどについては、それぞれ章を設けて詳しく説明します。Ajaxアプリケーションのテストやパフォーマンスチューニングなど、現場ですぐに応用できるテクニックが満載。次世代Webアプリケーション開発に携わるすべての人にお勧めです。

推薦の言葉
クレジット
はじめに

1章 Ajaxの基本
	1 ブラウザに応じてXMLHttpRequestオブジェクトを使い分ける
	2 XMLHttpRequestを呼び出す
	3 XMLHttpRequest用のライブラリを作成する
	4 XML形式のデータを受信して解釈する
	5 通常の文字列を受信して解釈する
	6 受信したデータを数値として解釈する
	7 JSON形式のデータを受信して解釈する
	8 エラーに対処するためのコードを追加する
	9 レスポンスのデータをより詳しく調べる
	10 CSSファイルを使ってスタイルを指定する
	11 CSSファイルを使わずにスタイルを指定する

2章 Webフォーム
	12 文字列を送信する
	13 受信した文字列を表示する
	14 メニューで選択された項目を送信する
	15 メニューを生成する
	16 メニューに項目を追加する
	17 チェックボックスの状態を送信する
	18 チェックボックスのグループを生成する
	19 チェックボックスのグループに項目を追加する
	20 箇条書きに項目を追加する
	21 hiddenフィールドの値を送信する

3章 Web開発の便利なツール
	22 Google Maps APIの基礎
	23 Google Maps APIのXMLHttpRequestオブジェクトを呼び出す
	24 Google MapsとYahoo! Mapsをマッシュアップする
	25 XML形式の気象情報を解釈して表示する
	26 Webサイトの位置をYahoo! Maps上に表示する
	27 Ajaxを使って生成されたタグをFirefox上でデバッグする
	28 郵便番号検索を行う
	29 サイズ制限のないブックマークレットを作成する
	30 データをクライアント側に保存する
	31 iframeとブラウザの履歴との関係を理解する
	32 cookieを生成する
	33 Webページの中から特定のデータだけを取り出す
	34 ブラウザのロケールに関する情報を調べる

4章 DWRによるJavaプログラムとの連携
	35 DWRの基礎を理解する
	36 Javaの配列からメニューを生成する
	37 JavaのMapオブジェクトからメニューを生成する
	38 ユーザーが定義したJavaオブジェクトにアクセスする
	39 Java実行環境に組み込みのオブジェクトにアクセスする

5章 PrototypeやRicoライブラリ
	40 PrototypeライブラリのAjaxツールを呼び出す
	41 ページの内容を簡単に更新する
	42 フィールドの値を監視する
	43 ページ中の複数の部分を一度に更新する
	44 ドラッグ&ドロップ可能なユーザーインタフェースを作成する

6章 Ruby on RailsとAjax
	45 Ruby on Railsをインストールする
	46 XMLHttpRequestの内部状態を表示する
	47 JavaScriptのコードをRailsアプリケーションから呼び出す
	48 Railsテンプレートの中でメニューを生成する
	49 Ajaxによるリクエストかどうかを判定する
	50 データベース上の値を元にページを更新する
	51 定期的にリクエストを実行する
	52 リクエストに関する詳細な情報を表示する

7章 script.aculo.usライブラリ
	53 script.aculo.usをインストールする
	54 不正なデータが入力されると揺れ動くログイン画面を作成する
	55 テキストフィールドへの入力を補完する
	56 ページ上の文字列をその場で編集する
	57 送信が終了すると消滅するフォームを作成する

8章 その他のテクニック
	58 iframeを使って[戻る]ボタンの問題に対処する
	59 RSHライブラリを使って[戻る]ボタンやブックマークの問題に対処する
	60 HTTPリクエストに時間制限を設ける
	61 スクリプトの中でscriptタグを生成して実行する
	62 他ドメインへのアクセスに対する制約を回避する
	63 XFormsを使ってデータの意味に即したタグ付けを行う
	64 クライアント側にアプリケーション用のキャッシュを作成する
	65 DOMの処理を高速化するヒント

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]