レボリューション・イン・ザ・バレー
――開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏

[cover photo]
  • 2005年09月 発行
  • 352ページ
  • ISBN4-87311-245-1
  • フォーマット Print
  • 原書: Revolution in The Valley

この商品は好評につき現在入荷待ちです

オリジナルMacintoshの主要な開発者として知られる著者が、開発現場のありのままの姿を振り返るドキュメント。小規模の研究活動だったプロジェクトの様子から始まり、スティーブ・ジョブズによる乗っ取り、開発中の試行錯誤、Lisaチームとの軋轢、ビル・ゲイツの容赦ないビジネス、出荷直前の緊迫した空気、発表イベントの高揚、そして出荷後目的を見失う中心スタッフと、スティーブ・ジョブズがMacintoshチームから追放されるまでの5年間を描きます。当事者だから書ける生々しい人間関係と、開発者だから書ける正確なディテールはすべての読者を魅了することでしょう。Apple秘蔵の写真を含む、貴重な図版資料を多数掲載しました。本文オールカラー。

序文(Steve Wozniak)
日本語版まえがき
はじめに
主な登場人物

Part One
	最高の友達になるよ
	そのうち分かるさ
	私がBurrellを発明した
	Scrooge McDuck
	口ひげがポイントだ
	Good Earth
	ブラックウェンズデイ

Part Two
	現実歪曲空間
	Texaco Towers
	ニブル
	むしろポルシェのように
	正方ドット
	初期のデモ
	Bicycle
	Adam へのメッセージ
	プリント基板の美学
	パイナップルピザ
	角丸長方形だらけ!
	Apple II マウスカード
	診断ポート
	黙れ!
	のろまなドンキー
	デスクオーナメント
	コンピュータを持っていないんだ!
	ハンガリアン
	電卓組み立てセット
	マイナス2000行のコード
	ミスターマッキントッシュ
	サインパーティ
	それからもう一つ……
	Rosing のならずもの
	ゴブ、ゴブ、ゴブ
	ソフトウェアウィザード
	USフェスティバル
	でもループもカウントしたんだろう!
	産みの苦しみ
	まだリージョンのことは覚えているよ
	Bruceをクビになんかできません!
	アリス
	ドゥイット(Do It)
	Inside Macintosh
	創造的思考
	リソースマネージャのカウントダウン
	おまえら、とんでもないことをしでかしたもんだ
	5種類のMacintosh
	起動ビープ
	月曜までに音を出せ
	小さな王国
	メガフロップって何でしたっけ?
	認めるべき人を認めるべきだ
	出しゃばり過ぎ
	Steveのアイコン
	跳ね返るPepsi
	Rmaker
	スウェーデンのキャンプ場
	産みの苦しみパート2
	早く、このクローゼットに隠れて!
	命を救う
	Apple から盗用
	世界的な都市
	海賊旗
	めちゃめちゃにしてから片付けろ!
	MacPaintの進化
	
Part Four
	Steve Wozniak 大学
	“伝説の一人”年
	1984
	Monkey Lives(サル活動中)
	パズル
	僕らはハッカーじゃない!
	カット、ペースト、そしてクラッシュ
	Xeroxという名の金持ちの隣人
	価格論争
	週90時間労働、大好き
	MacPaintギャラリー
	Steve Cappsの日
	MickにMacを
	本物の芸術家は出荷する
	ディスクスワッパーひじ
	バッグから出られて本当にいい気分です!
	時代は変わる

Part Five
	大空の安全は維持できるのか?
	休職
	甘やかされている?
	THUNDER SCAN
	Switcher
	帰ってきたフォントマネージャ
	障害者
	おまえやる気なのか?
	MacBASIC
	懺悔
	今が最高潮
	一つの時代の終わり
	Macintosh の父
	エピローグ:Macintosh のスピリット

レボリューション・イン・ザ・バレー
謝辞
訳者あとがき

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]