BSD Hacks
――プロが使うテクニック & ツール 100選

[cover photo]
  • 2005年03月 発行
  • 512ページ
  • ISBN4-87311-218-4
  • フォーマット
  • 原書: BSD Hacks

この商品は品切れ再入荷未定です

長い歴史を持つBSD系Unixをさらに便利に使いこなすためのTipsを集めたのが本書です。Unixの初心者から中、上級者までレベルに応じて楽しむことができます。それぞれのHacksは「ユーザ環境のカスタマイズ」「ファイルとファイルシステム」「ブートとログイン環境」「バックアップ」「ネットワーク」「システムのセキュリティ」などのテーマ別にまとめられ、さらに高度な手法も紹介しています。FreeBSD、OpenBSD、NetBSD、Darwin(Mac OS X)などに対応。

関連書籍

UNIXシステム管理 第3版 VOLUME 1

監修者まえがき
クレジット
はじめに

1章 ユーザ環境のカスタマイズ
	1.	デフォルトのシェルを最大限に活用
	2.	tcshシェルの便利な設定ファイルオプション
	3.	シェルのバインディングを作成
	4.	ターミナルとXのバインディングを使用
	5.	ターミナルでマウスを使用
	6.	日替わりで雑学を表示
	7.	スクリーンをロック
	8.	ごみ箱ディレクトリを作成
	9.	ユーザの設定をカスタマイズ
	10.	複数のシステムの環境を保守
	11.	対話形式でシェルを使用
	12.	1つのターミナルで複数のスクリーンを使用

2章 ファイルとファイルシステム
	13.	ファイルを見つける
	14.	grepを最大限に活用
	15.	sedでファイルを処理
	16.	コマンドラインでテキストの形式を整形
	17.	区切り文字のジレンマ
	18.	DOSのフロッピーを使用
	19.	サーバなしでWindowsの共有ファイルにアクセス
	20.	ディスクの無駄づかいをなくす
	21.	一時的ファイルとスワップスペースを管理
	22.	mtreeでディレクトリ構造を再現
	23.	システムのゴーストを作成

3章 ブートとログイン環境
	24.	デフォルトのブートメニューをカスタマイズ
	25.	ブートプロセスを保護
	26.	ヘッドレスシステムを動作させる
	27.	ヘッドレスサーバのログをリモートに記録
	28.	ターミナルのログインバナーを取り去る
	29.	Blowfishハッシュでパスワードを保護
	30.	パスワードポリシーの準拠を監視
	31.	効果的で再利用できるパスワードポリシーを作成
	32.	覚えやすいパスワードを自動的に生成
	33.	ワンタイムパスワードを使用
	34.	ログインを制限

4章 バックアップ
	35.	SMBFSでFreeBSDをバックアップ
	36.	移植性の高いPOSIXアーカイブを作成
	37.	対話形式でコピー
	38.	ネットワークを越えて安全にバックアップ
	39.	リモートバックアップを自動化
	40.	PostgreSQLデータベースのデータのダンプを自動化
	41.	クロスプラットフォームのクライアントサーバのバックアップをBaculaで実行

5章 ネットワーク
	42.	リモートからログインしてコンソールメッセージを見る
	43.	別のMACアドレスを使用
	44.	多数の無線NICを設定
	45.	インターネットの破滅的な障害を乗り切る
	46.	tcpdumpを使いこなす
	47.	DNSレコードとツールを理解
	48.	メールクライアントなしで電子メールを送受信
	49.	なぜsendmailが必要なのか
	50.	電子メールを保留して後で配信
	51.	FTPを最大限に活用
	52.	コマンドを分散して実行
	53.	対話形式でリモート管理を実施

6章 システムのセキュリティ
	54.	カーネルから不要な機能を取り除く
	55.	FreeBSDのアクセス制御リスト
	56.	ファイルをフラグで保護
	57.	MACでセキュリティを強化
	58.	組み込みの変更監視ユーティリティとしてmtreeを使用
	59.	Snort、ACID、MySQL、FreeBSDで侵入検知
	60.	ハードディスクを暗号化
	61.	sudoの注意事項
	62.	sudoscript
	63.	sshサーバを制限
	64.	IPフィルタのルールセットをスクリプトで切り替え
	65.	PFを使用して無線ネットワークを保護
	66.	ファイアウォールのルールを自動的に生成
	67.	セキュリティパッチの適用を自動化
	68.	Windowsコンピュータのネットワークでウイルスをスキャン

7章 高度な手法
	69.	各種のアプリケーション向けにFreeBSDをチューニング
	70.	FreeBSDのトラフィックシェーピングで帯域を制御
	71.	応急修理キットを作成
	72.	FreeBSDの復旧手順を実施
	73.	GNUデバッガでバッファオーバフローを解析
	74.	Webサーバのログを統合
	75.	ユーザとの対話をスクリプトで処理
	76.	展示会のデモを作成

8章 最新バージョンに維持
	77.	インストールを自動化
	78.	FreeBSDを新たにインストール
	79.	/etcの変更を安全に統合
	80.	更新を自動化
	81.	パッケージリポジトリを作成
	82.	portsツリーなしでportsをビルド
	83.	CTMでportsを最新バージョンに維持
	84.	portsを追跡
	85.	portsを以前のバージョンに戻す
	86.	独自の起動スクリプトを作成
	87.	NetBSDパッケージのビルドを自動化
	88.	Unixアプリケーションを簡単にMac OS Xにインストール

9章 BSDを完全に理解
	89.	どうやって情報を探せばよいのか
	90.	独自のマニュアルページを作成
	91.	マニュアルページを最大限に活用
	92.	パッチの適用と理解と作成
	93.	ハードウェア情報を表示
	94.	ユーザの動作を調べる
	95.	スペルチェック
	96.	合図を出して予定どおりに行動
	97.	ネイティブのJavaアプリケーションを実行
	98.	電子メールの署名を自動的に入れ替え
	99.	便利なコマンドライン
	100.	Xの楽しみ方

索引

Feedback

皆さんのご意見をお聞かせください。ご購入いただいた書籍やオライリー・ジャパンへのご感想やご意見、ご提案などをお聞かせください。より良い書籍づくりやサービス改良のための参考にさせていただきます。
[feedbackページへ]